【発音矯正】練習内容と、言葉の教室のノート公開

発音が上手くできなかった次女が、療育センターの言葉の教室に通い、発音できるようになりました。子どもの発音に悩む方の参考になるよう、教室に通うまでの経緯と、教室内容、発音ができるようになるまでをお知らせします。

か行とさ行が発音できない

次女が初めてママと言ったのは0歳でした。単語を連なって話すようになったのは2歳頃からでしょうか。早くもなく、特別遅くもありませんでした。

しかし幼稚園年長になる5歳になっても、かきくけこ、さしすせそが発音できませんでした。
か行はたちつてとの発音、さしすせそは、しゃしぃしゅしぇしょになってしまいます。

早生まれだからなのかとのんびり観察していましたが、発音が不明瞭なために伝えたいことがうまく伝わらず、怒り出すことがありました。

本人はきちんと発音しているつもりなのに、なんでわかってくれないの!? といった具合です。

上手く発音できない自覚がある次女は、小学校に上がったら気にするかもしれないと想像しました。

発音について幼稚園に相談

年長になって少しした4月下旬ころに、幼稚園の先生に相談しました。
次女程度の発音であれば、そのまま小学校に上がる子はいるようです。
気になるようであれば、市の療育センターで言葉の教室が開かれているので相談してみてはと教えてもらいました。

☟先生にもらった療育センターの資料はこちらです。

これによると、次女の症状は100人に2~4人、そして相談時期は年中後半とあります。

まずい、出遅れた! と焦り、即電話をしました。

言葉の教室・療育センターに電話

電話口で紹介元の幼稚園の名前や、次女の症状や生活状況を細かく聞かれました。

言葉の教室は大きく2つに分かれると説明されました。
一つは発達に障がいがある場合や耳などの身体的機能に問題がある場合、もう一つは発達や身体的機能に問題がなく、舌使いの癖の問題の場合に合わせた方法のようでした。

電話での聞き取りの結果、次女は恐らく舌使いの癖の可能性があると言われましたが、詳しくは初日に発達、聴覚、内科の検査をして確かめるとのことでした。

いざ初回の予約を! と前のめりでお願いしたところ、初回診察に2か月から3か月待ちと言われました。
発達障がいの疑いで受診の予約をしたママ友が、やはり数ヶ月待ったと話していたことを思い出しました。言葉の教室も同じなようです。
私にできることは待つだけでした。

初回診察までにしたこと

次女は自分の発音が他の子と違うことを自覚していました。そして発音できないことに苛立ちを覚えていました。
診察を待つ間に発音の練習をしてみました。かきくけこは口を開けて発音するため、舌の使い方を見て真似してもらおうと、私がゆっくり発音をして見せてみました。
すると、「か」「き」と少しずつ発音ができるようになりました。

上手く発音できた時には、思い切り褒めました。次女は喜び、幼稚園の先生にも逐一報告するようになりました。
先生も思い切り褒めてくれました。次女はますますやる気になり、家に帰ると練習をしたがりました。

か行を一文字ずつ発音することはできるようになりましたが、他の言葉と連続して発音しようとすると、タ行の発音になってしまうことが多くありました。
今ちょっと違ったから、もう一度言ってみようと話し、根気よく練習していきました。

これは言葉の教室は必要ないか? と思ったこともありましたが、次女は言葉の教室に通い、話せるようになりたいと意欲的でした。

そしてさ行は口を閉じて発音するため、舌使いを見せることが難しく、上手く練習が進みませんでした。
よくわからないまま歯の隙間から「し」や「す」に近い発音で空気を出す練習だけしていました。言葉の教室ではどう教えるのだろうと私も興味がありました。

言葉の教室・診察内容

まずは聴覚のテストをしました。
遮音性のある部屋に入り、ヘッドフォンを着けてテストをしました。
親は同席してもしなくてもよいとのことでしたが、次女が一緒に来てほしいと言いましたので、三女も連れて部屋に入りました。三女は当時二歳になったばかりでしたので、静かにさせるのに苦労しました。

続けて発達の検査をしました。言葉の理解度などについての質問が多数あり、「当てずっぽうに答えているな。」と思う回答が多く、発達の問題なのかな? と思いました。

しかし聴覚発達共に問題がないとの結論でした。当てずっぽうで外しまくっていましたが、年齢相応だったようです。
続けて内科(耳鼻科?)の診察を受けました。診察は驚くほどあっさり終わりましたが、聴覚と発達の検査を含めて一時間半程度かかったように記憶しています。

やはり舌使いの癖の問題だとのことで、一週間に一度(幼稚園を休んだり教室後に遅刻して行くなどして)、言葉の教室に通うことになりました。

幼稚園卒業までに治らなかった場合は、小学校に上がったあとにも授業時間内に周辺の小学校の生徒で集まり、集団で言葉の教室を開催すると説明されました。(参加を断ることも可能です。)
授業時間内ですが、出席扱いになるのだそうです。
違う小学校に移動するときには親が付き添うことになるのかの確認はしませんでしたが、そうなったら大変そうだと思いました。

因みに下の使い方の癖が問題の場合は、教室に通わなくても徐々に改善するそうです。しかし教室に通うほうが早く改善するのだとか。

言葉の教室・発音の確認

か行とさ行以外も含め、全ての発音の確認から始まりました。

そしてか行はある程度できるようになっているけれど、他の言葉の続きだと舌が釣られてしまうので、はっきりと言えるようにすること。
さ行はか行より発音が難しい行だけれど「し」の発音がある程度できているので、練習あるのみだと先生が言いました。

なんでも、「し」はさ行の中でも発音の仕方が違うので、さ行を習得する際に「し」が発音できているかそうでないかで難易度が変わるのだそうです。

そして次女が「他の子と発音が違う」と自覚し、「正しく発音できるようになりたい」と思っていることは、大きくプラスに働くと言いました。
自覚していると、間違った時に「違う」と自分で気づけるので、そういう子は習得が早いのだと言いました。

か行の練習内容

言葉の教室はマンツーマンで行われました。保険適応になり、横浜市の小児医療証があれば無料となりました。
言葉の教室中は親は待合室で待つこともできるのですが、やはり次女が希望したため、毎回同じ部屋に入り、次女の後ろで待つことになりました。その際に厄介なのが三女です。
一時間弱の教室の時間中、ずっと静かにしているわけがなく、先生がジグソーパズルを貸してくれたり、家からパズルやおもちゃを持っていき時間を潰していました。

濁音の発音ができているかを気にしたことがなかったのですが、か行を練習する際にはガ行もセットで練習しました。

ノートを一冊持ってくるように言われました。その日練習する文字を書き、それに合わせて何度も繰り返し発音をします。
初回は「か」「が」でした。

色々なことができるようになる度に、先生が用意したハンコを押すことができます。
それが染みているため見にくいですが、☝は実際に使用したノートです。

練習はまず一番上の四角で囲まれた「か」と、両脇に線でつながれている「あいうえお」を連続して発音することから始まりました。
「あ、か、あ」「い、か、い」「う、か、う」「え、か、え」「お、か、お」と続けて発音します。

発音が不明瞭な部分は数回繰り返します。
そして次女が思いついた「か」のつく単語を書き出し、そこに先生も単語を足して連ねます。
単語の中の「か」の部分に赤丸をつけ、文字を見ながら意識して発音をさせていきます。左ページの「が」も同様に進められました。

次女はか行は粗方言えるようになっていましたので、難なくクリアしていきました。
一通り練習したあとは、先生とゲームをして、進捗状況の説明があり、お疲れ様です。終わりになります。
一週間後の教室まで毎日同じことを繰り返す宿題があります。

「か」と「が」の次は「き」と「ぎ」かと思っていましたが、次は「こ」と「ご」でした。それもクリアすると、次は前の週にやった「か」のつく文を読む練習をしました。

発音がしやすい音から練習を進めるのだそうです。

翌週は「こ」のつく文と「く」「ぐ」の練習でした。「く」と「ぐ」は発音しやすいのでしょうか? それとも発音ができていたからなのか、例文が少なかったです。

次女は言葉の教室に通い、より発音がはっきりしてきました。どの音から練習すると習得しやすいのかは、プロならではの知識だと思いました。
遊びを入れて、楽しませるのも重要なのだと思います。さ行に入り、発音が難しい音もありましたが、何度か繰り返し練習させるものの、できるまでやらせるとか、無理強いするようなことは全くありませんでした。

さ行の練習内容

さ行は「せ」から始まりました。

そしてここでか行に戻って、「け」「げ」の練習が入ります。

その次は「さ」

「そ」「す」「ぜ」

「せ」の文

☝100点をもらっていますね。次女は、少し休んだら? と声をかけるほど、家で練習をしまくっていました。
次は「ざ」「ぞ」「ず」です。

通い始めて二か月半程度で、ほぼ習得を終えました。
先生は、やっぱり自覚がある子は早いと言っていました。

丸三ヶ月で教室は終了となりました。

次女の場合は年長に上がり割とすぐに療育センターに問い合わせ、初心が7月でした。教室が始まったのは9月です。
先生の話しでは、小学校入学前の言葉の教室に通うには、ぎりぎりのタイミングだったそうです。それより遅れると、小学校に入学してから言葉の教室に通うことになっていたのだとか。
小学校に上がると療育センターの言葉の教室の管轄ではなくなるため、教育できる期間を考え、受付に期限があるのだそうです。

滑り込みセーフの割りに順調に習得し、卒業することができました。


言葉の教室に通うか迷っている、家庭で教えられそうだけど、ちょっとわからないことがある場合などの参考になれば幸いです。

最新情報をチェックしよう!