宝くじ高額当選者のその後

宝くじに当たりたい!
そう思う方は多いと思います。

望みを託して購入するものの、落選ばかりの我が家の側で、5億円の当選者が出ました。

羨ましい! と思ったものの、詳しく聞いてみるといいことばかりではないようです。
その様子についてお知らせします。

1等5億円宝くじが当選


ある職場で送別会が開かれていました。

中年の独身男性が長く勤めた会社を退職することになったのです。

仕事辞めた後はどうするんですか?

実家の手伝いをすることになったんだよ。

実家ってどこでしたっけ?

……というのは建前で。


男性は後輩だけに、こっそりと言いました。

実は宝くじが当たったんだ。誰にも言うなよ。

ええ!!? い、いつですか? いくら!? 誰にも言わないんで教えてください!

数か月前のハロウィンジャンボで5億円。

マジですか!? マジで!? すげー!!!!

※また聞きした内容のため、こんな話が発端らしいと聞いたことを書いています。

後輩はテンションが上がりまくりました。

話してはいけないとわかっていましたが、話があまりにビッグニュースだったため、一人の胸に留めておくのは難しかったのです。

離職率の低い職場で退職者が出たこともあり、職場では度々「あの人はなんで退職したんだろう?」という会話が持ち上がりました。


そして「ついに」というか、本人に聞いてから日も経たないうちに、

誰にも言うなよ。あの人実は宝くじが当たったらしい。しかも5億も。

えー!?!? マジで!?


そして「誰にも言うなよ、実は……。」の連鎖が起きました。


あっという間に職場に知れ渡り、大ぴらに「羨ましい!」という話しで盛り上がるようになります。

これは本当の話なのか!? と疑問に持つ人が出てくれば、後輩以外に男性から直接話を聞いていた同僚が、「本当だよ。」と詳細を語り始めます。

それまで何とか口外せず胸の内にとどめていたはずの同僚も、我慢ならなくなったようです。

「誰にも言うなよ。」は5億円の前では無力でした。

宝くじが当たった直後から退職まで


男性は宝くじの当選を知り、銀行で手続きをしました。
銀行からは寄付を積極的に勧められたといいます。


大金を手にした彼は今後どうするか考えました。


彼はギャンブルが趣味でした。
独身のため、少なくない給料を好きなように使える生活で、財産を食いつぶすほどの賭け方はしていなかったといいます。

これからは思う存分パチンコに打ち込みたいと思いました。

そして、離職率が低い職場とはいえ、ストレスのかかる仕事を退職したいと考えます。

仕事を辞めて、5億の当選金で一生を自適に暮らせるのだろうか。


ギャンブルが趣味の割りに堅実な考えを持っている彼は、ファイナンシャルプランナーに相談をしました。

すると、一定の額を残し老後を迎えられれば、仕事を辞めても問題がないことを知らされます。

よし。仕事を辞めよう。


そうして冒頭の送別会が開かれることになりました。

当選者の金運


男性が宝くじ売り場で宝くじを買った時も、職場の仲間と飲み会に向かう途中でした。


事前に宝くじを購入していたと話していたのに、その売り場を見て、

宝くじを買わなきゃ。

と思い、購入したといいます。

宝くじ買ったって言ってたじゃないですか。また買うんですかー!?

後輩にそう言われながら、仲間が見ている前で購入しました。


後に男性はこう言っています。

絶対に買わないといけないと思った。


当たった宝くじは、そこで購入したものでした。

特にあたりが多く出ている売り場ではなく、路上によくある売り場でした。


男性の実家は裕福で、ここまでの高額ではないものの、当たることが珍しくないのだといいます。

スピリチュアルが好きな同僚は、

男性はそういう運を持っているんじゃないかな。導かれてる気がする。


その話を聞いた私はゲッターズ飯田さんがテレビで話していた言葉を思い出しました。

金運を持っている人は多くない。
お金持ちだからと言って、金運があるわけではない。
宝くじが当たる人は、金運を持っているか、凄く悪い波が来ている中で偶然当たることがある。


男性は金運の持ち主なのかもしれない。


私は生い立ちを考えても、金運はありません。多分、全くないと思われます。

ということは、宝くじをいくら買っても当たらないということ!?

欲を丸出しで宝くじを買っても当たらないって聞くよ。
無欲じゃないと当たらないんだよ、きっと。

無欲なら、そもそも宝くじ買わないでしょ!!


退職後


すっかり宝くじ当選者として有名になってしまった男性は、その後も元職場の同僚たちと度々飲み会を開いていました。


彼は退職後、親族に5000万の家を2軒プレゼントしたといいます。

自分の生活は大きくは変わっておらず、趣味のパチンコに通う毎日だといいます。

パチンコで負けると悔しいんだよ。これまでと変わらない。


しかし大きく変わったことがありました。

パチンコが当たっても嬉しくないんだよ。
この程度の額か、って思っちゃう。


それでもパチンコには通うのだといいます。

色んな奴に、今は残額いくらあるのかって聞かれる。
飲みに行けば、奢ってくれって言われる。
冗談で金貸してくれって言われる。

金の話しばかりなのが辛い。
もう金の話しはしたくない。



現在は彼が当選してから数年が経過しています。
今は吹っ切れたのか、普段一人で生活をしているせいか、元同僚と食事に行くと積極的に奢るのだといいます。

お金だけあっても、何だか寂しいね。

一気に大金が入ると人生が狂うと言うし、そこそこ生活できるのがきっと幸せなんだよ。

宝くじ当たりたいけどね!! そしたら住宅ローン返して、子どもの教育費も確保できるもん。1億くらいの当選額なら、仕事を辞めるほどの額じゃないけどちょっと余裕ができて、ちょうどいいんじゃない?

欲丸出しだな。

目指せ1億当選!


そう言って我が家は宝くじを買い続け、順調に外れています。




以上、5億円当たった男性のその後でした。

最新情報をチェックしよう!