お台場肉フェス2022のレポートと来場の注意点・牧草牛ステーキが美味い!!

2022年のお台場の肉フェスの様子と、来場の注意点をお知らせします。

お台場肉フェス復活祭に行ってきた!

2022年5月3日。GW真っ只中に、お台場の肉フェスに行ってきました。

天候は薄雲がかかる程度の、ほぼ晴れ。
早朝は冷たい風が吹きましたが、昼には過ごしやすい気温まで上がりました。

肉フェスはダイバーシティ東京のすぐ横の広場で開催しています。
すぐ近くでは、オクトーバーフェストや韓国スイーツのイベントが行われています。イベントだらけ!

わが家はダイバーシティにオープンしたばかりのキラキラドンキで買い物をしてから、肉フェス会場に向かいました。

肉フェス会場に着いたのは10時半を少し過ぎた頃です。

朝9時半頃の肉フェス会場
朝9時半頃の肉フェス会場

上の写真は朝9時半頃に撮った、ほぼ無人の肉フェス会場です。

10時半頃には、以下のようになっていました。

ダイバーシティ2階にあるフードコートの出口から外に出ると、韓国スイーツのキッチンカーが並んだ広場に出ました。
肉フェス会場方面に向かうと、手前にはオクトーバーフェストの会場があります。

オクトーバーフェストに人が並んでいたので、肉フェスもさぞ混んでるだろうと覚悟しましたが、肉フェスゲート前は列があるものの進んでいる感じ。

近づくと、肉フェスゲート前に建てられたテントの前で、「入場には『COCOA』のアプリの掲示が必要です」とスタッフの方が広報されていました。

肉フェス入場にはCOCOAが必要

COCOAとは、厚生労働省が作成し広めている感染症接触通知アプリです。
決して怪しいアプリではありません。

COCOAアプリは、家族に一つ登録がされていればよいとのこと。わが家は私と夫と子ども3人の計5人でしたが、私のスマホでCOCOAを提示して、5人家族ですと伝えたら入れました。

友人同士で入場する場合には、各々がアプリがインストールされた画面を提示して、入場することになります。

スタッフが広報する近くにQRコードが掲示されていますので、それを読取ってダウンロードするか、自らのスマホで検索をしてアプリをダウンロードします。

すでにダウンロード済の方は、アプリ画面を表示するだけでOKです。

スマホを持たない人は書面で個人情報を記載して、入ることができるようです。(それらしきテントがあり、直筆されている方を見ました)

因みにCOCOAをインストールする際は、アプリに個人情報を入力する必要はありません。あくまでインストールのみをして、位置情報をオンにするだけですので、時間はかかりませんでした。

予めダウンロードしておくと、よりスムーズに入場できるのでお勧めです。

肉フェスチケット購入の注意点

アプリを掲示して消毒すると、いよいよ肉フェスゲートをすぐ目の前で見ることができます。

このゲートを前にして右後方を振り返ると、チケットブースがあります。

一枚¥700のチケットを必要な枚数購入します。

チケットは現金かクレジットカード(iD不可)で支払います。
肉フェスアプリからチケットに交換する場合も、ここで行います。

優先レーンを利用して、手早く受け取れるファストチケット一回¥500もここで購入できます。
テーマパークみたいですよね。すごい。

チケットを購入しない場合は、各店舗に直接ならび、商品を受け取る際に電子マネーで支払います。(利用可能な電子マネーの種類は、肉フェスHPか、後に載せているパンフレットデータ内で確認できます)

わが家は下調べなしに行きましたので、どの店舗も1品¥700で統一されているのかと思いましたが、そうではありませんでした。

1品¥700〜¥1400となっています。

出展店舗が販売するビール等のお酒も原則チケットで購入しますが、ペットボトル等のソフトドリンクやレモンサワー等は、該当テントにて現金で購入できます。

チケットを購入した時点ではその事情を知らなかったので、わが家は家族5人分と考えて、5枚のチケットを購入しました。

肉フェスゲートの横には、各店舗のメニューがプリントされた掲示がされています。

この掲示には金額が出ていません。

詳しくは肉フェスのパンフレットに書かれていますが、チケット購入時には貰えませんでした。

チケット購入後に、「パンフレットはどこでもらえますか」とスタッフに訊ねたら、このメニュー掲示の裏にある、案内所でもらうことができると教えてもらえました。

チケットを購入する際は、パンフレットを見て目ぼしい食品の金額を確認してから購入するのがおすすめです。

現地でもらったパンフレットの内容は、以下の通りです。
参考にしてください。

肉フェス2022パンフレット

チケットは一枚から購入できますが、10枚つづりの物を購入するとファミリーチケット(確かこんな名前でした)がついてきます。

ファミリーチケットがあると、ファミリー席という屋根付きのテーブル席があるエリアに入ることができます。(数に限りがあるので、必ず席が取れるわけではありません)

チケットを購入して肉フェスゲートを潜っても、その先に規制ゲートがあり、11時のオープン時間までは立席テーブルかファミリー席にしか、つくことができません。

ファミリーチケットがなければ、基本的には規制ゲート前で立ってオープンを待つことになりますので、ご注意ください。

11時オープン後のおすすめ行動

11時に肉フェスエリア内に設けられた規制ゲートがオープンするまでは、各店舗に並ぶことはできません。

11時の少し前に規制ゲートがオープンするので、直ぐに椅子付きのテーブル席を確保した上で、各店舗に並ぶことをおすすめします。

各店舗前に並んでも、11時にならないと食品の受け渡しは始まりません。続々とお客さんが会場に入ってくる中、席も取らずに店舗に並び、受け取った頃には満席になっているなんてこともありえます。

わが家は中程度の人気の店舗に並びました。席を確保してから並びましたが、それでも11時前でしたので、20人程度の列に並ぶことができました。(店舗により行列の長さが異なります)

食品を受け取るまでは大体10分程度だったと思います。オープンしたての時間でしたので、ストックが用意されていたからか、思ったより早く受け取れました。(店舗により異なると思われます)

来場が遅くなればなるほど、食品を受け取るまでの時間もかかりますので、ご注意ください。

牧草牛ステーキトリュフソースが美味かった!

個人的な好みの問題かも知れませんが、私は肉塊UNOさんの「牧草牛ステーキトリュフソース」がたまらなく美味しく感じました。

子どもたちも美味しいと言って、食いつきまくっていました。

肉は何gなんでしょうかね。

100gとか、それくらいなのでしょうか?(全くわからず)

量は多いとは言えませんし、¥1400するのですが、とても、とっても美味しかったです!
これはいい! と思い、肉塊UNOや牧草牛についてつい調べてしまうほどでした。

是非いつか実店舗に食べに行ってみたいものです。

肉フェスをあなどるな

屋外イベントですので、干からびた肉や焼きすぎて固い肉が出てくるんじゃないかと悪い想像もしていましたが、全くそんなことはなく、柔らかくジューシーで満足度が高いものでした。

子どもたちはスイーツも食べて、大満足していました。

会場をあとにしたのは11時半ころです。

気がつくと席は満席。
会場にはどんどんと人が入っていて、肉フェス会場の外は入場待ちの列が数百メートルできていました。

当然、席を探す方が多くいましたし、各店舗の列も長蛇に。

肉フェスを訪れる際は、早めの来場がおすすめです。
できれば10時半くらいに行けると、何をするにも困らずに行動できそうです。

因みに肉フェス入口付近で、ヴィーガンの方が動物解体の写真パネルを広げて「ヴィーガンになろう」と強く抗議されています。

尊い命のためにも、大事に、美味しくしっかりいただきたいですね。

関連記事

2022年5月3日に、横浜から車でお台場に遊びに行きました。ちょっと理解不能の渋滞にハマりましたので、備忘録をかねて記します。2022年GW横浜~お台場朝の渋滞わが家のお出かけは大抵車です。子どもが3人いて下の子は未[…]

関連記事

2022年5月3日。お台場のダイバーシティ東京に、キラキラドンキがオープンしました。オープン初日の今日、行ってきた様子をお知らせします。ダイバーシティ東京にキラキラドンキオープンキラキラドンキが何なのかわからないまま、た[…]

関連記事

☆ 庭でBBQをやりたいけど、ご近所に迷惑にならないか気になる☆ BBQをやりたいけど、BBQコンロは手入れが面倒だから億劫になっている☆ 災害対策として暖房とコンロ代わりになるものを探している☝こんな方に七輪をおススメする記事[…]

 

 

最新情報をチェックしよう!