不倫後の夫婦再構築成功のために必要な向き合い方・シタ夫の恐怖心と失敗例

不倫をしたにも関わらず、結婚生活の継続を望む夫が多くいます。

大抵は妻バレするまで不倫相手との刺激的な付き合いを楽しみ、バレてからは一転して妻を引き留めに焦るのです。

妻が離婚を拒否する場合は、夫が「失うものがない」と安心して不倫相手との関係を継続したり、別れても妻より優位に立つために、或いは罪悪感から目をそらすために不倫を妻のせいにして強気に出ることがあります。

しかし妻が離婚を辞さない場合、様子は大きく変わります。

夫は怒り狂う妻と向き合ったら“離婚を了承しなければならない”と受け取り、妻の追求から逃げるケースがあるのです。

シタ夫は「逃げる他できなかった」と語りますが、これは大きな間違いです。
再構築を望むならこそ、決して逃げてはいけません。

妻は夫が向き合わないことに失望して、ついに離婚の決意を固めてしまうからです。

厄介な「逃げ」について例を元にお知らせします。

夫婦再構築を望む、シタ夫の実例

あるシタ夫の例です。

名前を仮に叶谷さんとします。
不倫開始当時は30代中盤で、現在は40代前半。妻と未就園児のお子さんが一人いる、関東の安定企業に勤めるサラリーマンです。

叶谷さんは同じ職場の女性と4年に渡る酷い不倫をしました。

詳しい内容はこちらの記事に書いています。

関連記事

・夫の不倫が発覚して、酷い苦しみを味わっている・離婚か再構築か迷っている・夫を信じられない・不倫中の夫の言動、不倫相手とのやり取りを見た記憶が思い出されて辛くて仕方ない過去の記憶に苦しみ続けるサレ妻に、伝えたいことがあります[…]

上記の記事では伏せていましたが、叶谷さんが不倫をしていた当時、妻は不妊治療中でした。
流産も経験して意気消沈の中、叶谷さんは不倫相手と愛をささやき合っていました。

不倫相手の親と会い、親族の墓参りもしていました。

一発離婚案件と言っても過言ではない内容でした。

妻は探偵を雇って掴んだ証拠を元に、叶谷さんを追求しました。

叶谷さんは不倫相手にかなり入れ込んでいましたが、妻にバレた途端に不倫相手への執着を一切失いました。
妻だけが失いたくないものと気が付いたからです。

叶谷さんは荒れ狂う妻を前にどうしたらいいのかわからず、自ら不倫相手に別れのメッセージを送ることも、妻と向き合って話をすることもしませんでした。

いえ、叶谷さんとしては向き合っているつもりでした。

荒れ狂う妻の暴言や暴力を前に謝りました。
それでも続く暴言に耐え切れず「これ以上どうしたらいいのか」と聞いたり、子どもの世話を口実に子どもとばかり話をして妻の話を耳に入れなかったり、一人で別部屋に移ったり、気分転換のためにコンビニに行くと言って家を出るなどしました。

また荒れ狂う妻の様子が「おかしい」と、他者に相談するなどしました。

いつか妻の気持ちがおさまるだろうと思っていました。
実際、発覚して数ヶ月経った頃に、少し落ち着いたように感じた時期もありました。しかしその後、以前にも増して激しく責め立てられるようになります。

叶谷さんはこんな調子で、一年半もの間妻に責められ続ける生活を送ってきました。

困った叶谷さんは、ネットで検索をして行きついた私に相談を持ち掛けました。

「俺は妻に悪いことをした。だから妻の暴言や暴力に耐えているが、妻の怒りが一向に治まらない」
「妻がおかしいのではないか」
「どうしたら妻が以前のように戻ってくれるのか」

と聞いてきました。

※叶谷さんは体裁を取り繕う癖があり「妻をおかしいとは思っていない」と否認されていましたが、私には何度もそう言っているように感じられたため、記しています。

私が相談を受けた時点で、発覚から一年半もの時間が経っていました。

私は叶谷さんと直接の面識はなく、妻がどんな方なのかも知りません。話を聞く中で想像するにとどまりますが、それでも叶谷さんの妻がどれだけ辛いかは容易く想像ができました。

叶谷さんが妻と向き合ったことは「一度もない」ように感じられました。
しかし叶谷さん自身は「妻の話を聞いているつもり」「妻を受け止めているつもり」が全面に出ているように見られ、非常に厄介だと感じました。

叶谷さんからは「自分は頑張っている」「何とか耐えている」「離婚しないで済むように誰かにどうにかしてもらいたい」という思惑が見えました。

離婚を先延ばしにすることが再構築なのではありません。
二人で新たに信頼を築いていこうと、同じ方向に向かって歩むことが夫婦再構築の第一歩です。

この夫婦は実に一年半もの間、再構築に向かうでもなく、ずっと不倫発覚直後の混乱のまま時を過ごしているようでした。

離婚するか否かの瀬戸際で数年間彷徨う夫婦

叶谷さんが私に相談を持ち掛けた時、妻に期限を設けられ、それまでに家を出て行くよう求められていました。

私は「時すでに遅し」かと思いましたが、実は期限が設けられたのは二度目でした。

発覚から一年の時点で一度期限を設けられ「離婚する」と言われていましたが、拒否をしたらそのまま結婚生活が継続していたのです。

そのため次の期限も延ばせるかもしれないという期待を、叶谷さんは持っていました。

さらに妻は「離婚するなら慰謝料と養育費として五千万円を一括で用意しろ」と叶谷さんに求めていました。

叶谷さんは普通のサラリーマンで資産家ではありませんので、そのような金額を用意できないと言うと、「借金してでも用意しろ」と言います。妻には既に慰謝料として、親から借りた50万円を支払っていました。

要求されている五千万円があまりに巨額なため、妻が本当に離婚を希望しているとは思えませんでした。

そこで「俺は離婚をしたくない。もしどうしても離婚したいのなら調停を申し立てるなどしてほしい」と話すと、「金額を抑えようとしている。お前は金が大切なのだ」と責められました。

※叶谷さんは不倫中に家計を使い込んでいたため、妻は金銭的な不満が多くあるものと思われます。

私は、叶谷さんと妻と子どもで度々外出をしたり、たまにではありますが妻が性行為を受け入れていたこと(不倫中は叶谷さんが原因のセックスレスでした)、本当に離婚を望んでいるのなら事実上支払えない額を執拗に求めることはないのではないかという予測から、妻は「離婚を望んでいるけど、離婚したくない」状況であると想像しました。

離婚を思いとどまらせる、シタ夫の行動とは

「離婚したいけれど、したくない」サレ妻の感情の根底にあるのは、「離婚したくない」という思いです。

不倫発覚前に戻り、疑うことを忘れ、一点の曇りもなく夫の愛情を感じていた(もちろんシタ夫が不倫をすることがない)世界で結婚生活を続けたい、と願う中での「離婚したくない」です。

しかし現実は違います。

生涯愛し合い共に過ごすと言っていたのに、実際は他の女性に入れ込み追いかけ金をかけ、妻と子どもを袖にして不倫相手との結婚生活まで夢見ていたシタ夫。

出会った時も結婚を決めた時も子どもが産まれた時も家族で過ごした幸せも、全て嘘に感じる絶望感に襲われます。

・こんな男と一緒に居たら人生が無駄になる。
・裏切られたのに結婚生活を続けるなんて、自分の価値が落ちたような気になる。
・シタに一泡吹かせたい。一生後悔させたい。

裏切りの事実が屈辱的で耐えがたく、本心から「離婚したい」「離婚してやる」と思うのです。

そしてまた幸せだったころの家庭を思い出し、経済的や体裁の問題を思い出しては心を揺らします。

「離婚したい」
「以前のように戻りたい」

サレは心が揺さぶられて、自分の思考に傷つき、疲れていきます。

「本当は離婚したくない」でも離婚を強行するサレがいるのは、シタの言動に望みが持てないからです。

「この人は自分の罪を理解していない」「きっと繰り返す」そんな絶望感で離婚に踏み切ったり、利用価値がある場合は形式上結婚生活を続けることもありますが、ゴミクズ程度にしかとらえなくなるわけです。

離婚するかしないかの判断に何よりも大きなウエイトを占めているのが、「シタがどれほどサレの痛みを感じ、後悔し、改めようとしているか」を「感じられるか」です。

表情、態度、行動、言葉、視線全てを総合的に見て判断します。
言葉だけで反省を示したところで、信用はできません。これまで何度も嘘を言い、妻を欺いてきたシタ夫の言葉は、チリよりも軽く邪魔にしかなりません。

サレの痛みを感じるには、荒れ狂う妻の姿を見続け、言葉を聞き続け、妻をそうさせてしまった自分を恥じる姿勢が必要です。

「荒れ狂う妻を見るのが辛いから別室に移る。外出する。厳しい言葉を言われると辛いから、聞かないようにする」こんな態度は論外です。

叶谷さんは妻と向き合っているつもりでしたが、私にはどうしてこれが向き合っていることになるのか不思議でした。

不倫をしておきながら「離婚したくない」と言い、妻の怒りを受け止めることもせず逃げる行為に、妻が怒りを募らせるのも自然だと感じました。

サレ妻の叫びはシタ夫へのSOS

信じていた人に裏切られた衝撃や悲しみ憎しみは、経験がない人には想像がつかないでしょう。

私は不倫ではありませんでしたが、不貞を含む数々の裏切りをされたことがあり、一挙に発覚したことで精神が壊れるかと思うほど苦しんだことがありました。

自分が普通ではない自覚もあり、メンタルクリニックにかかるべきではと悩みました。
実際は子どもが小さくて預け先がなければ移動手段もなくて、また外に出る気力もなくて何とかやり過ごしてしまったのですが……。

数年後に友人夫婦の夫が不倫したことが発覚し、サレ妻となった友人から、息も絶え絶えな苦しい胸の内を聞いた時期がありました。

感情の波や、衝動的に破滅的な思考に流れるさまは、私の経験ととても似ていました。しかし大きく違ったのは、相手女性への憎しみや苦しみが、自身の存在意義や自尊心を根っこから傷つけていることでした。

私が味わった苦しみとは、レベルが違うと感じました。

チェーンソーで根元を切られ、あと一押しで倒れる幹と同じ不安定さがありました。
感情のままにシタ夫を責める妻は、「痛いよ痛いよ。助けてよ」と叫んでいるのと同等なのです。

サレ妻の痛みを軽くできるのは、シタ夫が妻の言葉を聞き続け、妻のために何ができるかを考え、サレ妻と共に悩んで苦しんでボロボロになる行動そのものです。

それなのに夫が「謝ってるんだから許して」と妻の横で声をかけるだけだとしたら。足元にはチェーンソーで削られた妻の心の破片が木くずとなって散乱しているのに、存在に気付くこともなく踏みにじり、「痛い」と言っている妻の声に耳を塞いだとしたら。

妻は夫に失望して、声を出すことを諦めます。
そして、夫と心を寄り添わせて共に生きることを諦めてしまいます。

いきつく先が離婚、或いは仮面夫婦です。

夫婦再構築成功のために必要な向き合い方・シタ夫の恐怖心と失敗例

離婚したくないと言いつつ、妻から逃げるシタ夫の気持ちを叶谷さんに聞きました。

※叶谷さんは当初「逃げていない」と言っていましたが、数ヶ月の間何度もやり取りをする中で、また妻から二度目の期限を設けられた焦りから徐々に認識を改めて行き、「無意識に逃げていたと気づいた」と後に認めています。

「妻に毎日責められている=妻の話を聞いている」という認識を持っていました。

離婚をしたくない→妻の怒りがいつまで経っても収まらない→どうしたらいいかわからない→自分にはどうしようもない。後は妻が俺を受け入れてくれるまで待つしかない→中々妻が受け入れてくれず辛い→逃げ場を求める。

叶谷さんは「妻とやり直せる」という確約を欲しがっていました。

しかしその希望が見えると、努力をしなくなる人であるように見えました。それを妻もわかっているから、叶谷さんを責め続けているように見えましたが、それでも響かないために、妻の苛立ちがエスカレートしているようにも見えました。

どうしたら妻の気持ちが取り戻せるかわからなかった叶谷さんは、妻にプレゼントをしようと小遣いでブランド物を購入しました。自分なりに無理をして購入したプレゼントが妻への愛の証明となると思ったからです。

私が叶谷さんから「プレゼントを買った。これから渡す」と聞かされた時、「私なら物で許しを請われる、安い存在に見られているようで嫌」と思いましたが、既に購入していましたし、人によっては喜ぶことがあるのだろうかと思い見守りました。

結果的に妻は受け取ったものの「不倫相手にもこうやってプレゼントしたのか」と責め出し、一度も使われなかったと聞きました。

プレゼントは安易と言わざるを得ません。

私は叶谷さんに、別室などに逃げずに妻の話をとことん聞くように話しました。

妻が不満や疑問を溜め込むと、どんどんと膨れ上がります。
いずれ膨らんだ感情の風船は破裂して、離婚に至るか、夫に無関心になってしまうからです。

発覚からかなりの時間が経っているため厳しい状況ではありましたが、妻がまだ離婚の決意を固めきっていないと判断してそう伝えました。

叶谷さんは別室に逃げることなどが減りましたが、今度はポイント稼ぎをするようになりました。

妻が怒っているときの隠し撮りの音声を何度か送って来られたことがあります。
録音には叶谷さんが妻の発言を否定して、妻が逆上するケースが多々含まれていました。

※録音は叶谷さんが自発的に送って来られました。

「否定せずに、妻が話し終えるまでまず聞いてほしい」と何度もお願いしましたが、繰り返されました。

例えば妻に「私より不倫相手が好きなのだろう」と言われた時に黙っていると、認めたとみなされるのが怖くて否定したり、「結婚しなければよかった」と言われたら「俺は結婚してよかったと思ってる」と返してしまうのです。

どこまで黙って聞いているべきかは確かに難しいところです。

「私より不倫相手が好きなのだろう」と言われたら、「それは違う」と短くはっきりと否定して欲しいところではあります。

しかし「結婚しなければよかった」に「俺は結婚してよかったと思ってる」と返されたら、「お前(シタ夫)の話はしていない。私(サレ妻)がそう思っているんだ! 結婚を後悔させているのはお前だ!」と妻が怒りを増幅させるのは当たり前です。

叶谷さんが妻の発言を否定し続ける理由がわからず、行きついたのが「ポイント稼ぎをしている」という事実でした。

私が叶谷さんに「妻の感情を否定して、自分に都合いい言葉を押し付けている。自分の発言に酔い、ポイント稼ぎをしているよう」と指摘すると、「ポイント稼ぎが必要だと思っていた」と答えられて驚きました。

妻の中のマイナスイメージをプラスにしなければ、妻の気持ちを取り戻せないと思っていたと言います。

前述した例では、妻がネガティブに捉えてしまった「結婚」を「結婚はよいものだ」と認識を改めてもらいたくて、「俺は結婚してよかったと思ってる」と否定する発言をしていました。
高価なプレゼントも、プラスになるだろう要素の一つでした。

妻自身の気持ちを、全く理解していないのだと感じました。

 

本来であれば日々の行動の積み重ねで「私は愛されている」と実感させなければならなかったのに、叶谷さんは安易で楽な「言葉」を使って妻の認識を無理やり変えさせようとしていました。

妻は「私を裏切っておきながらまた私の気持ちを全否定する」「この人は私の気持ちを踏みにじり続ける人」と捉えたでしょう。

まずは妻の声を黙って聞き入れ、妻が一頻り話し切ってから、自分の思いを伝えた方がよいと話しました。
しかしその後も中々改善しませんでした。(もともと意見を否定する癖がある方のようです)

また、叶谷さんは体裁が傷つくことを避けているように見えました。

例えば妻との共通の知り合いや、不倫相手を知る同じ職場の同僚や上司に「妻が大切だと言ってほしい」と妻が求めても、「できない」と頑なに行動に移しませんでした。

騒動を知る妻の両親に謝罪をしろと妻に求められても、やっと電話で謝罪を伝える程度にとどまりました。
自分の親に話をしろと言われても、中々行動に移しません。

叶谷さんは求められることをして妻の心に寄り添うより、自分の身を守ることに終始していました。

そんな態度が妻の怒りを募らせ、膨らませていっているように見え、二度目の期限は設けられるべくして設けられたように思えました。

 

サレ妻からしたら最低とも思える行動ですが、叶谷さんなりの努力の結果だったようです。

シタとサレの間には、こんなにも大きな溝があるものかと思いました。

それともサレ妻の方の中には、叶谷さんのやり方が響く方もいるのでしょうか?

叶谷さんには「妻の話を聞きいれてしまったら、離婚の話が具体的に進んでしまう」という恐怖もあったようです。

耐えている、努力している「つもり」でした。
それが自分にできる最善の方法であり、耐えた結果の行動だから、「妻と向き合っているつもり」になっていたのです。

トコトンサレ妻の声を聞くことが、夫婦再構築への唯一の道

サレ妻が求めているのは、自分と一緒にボロボロになって一緒に悩み、一緒に苦しんでくれることです。

激しく責め立てる妻の声を聞いて、延々と後悔をし続け、どうしたら妻の愛情を取り戻せるか、信用を得られるか、妻の笑顔が見られるか悩んで試し続け、自分の過去の行動を悔やんで改め、示してもらう事です。

愛情を伝えることは大切ですが、ポイント稼ぎは必要ありません。

それら全てが「向き合う」ことです。

傷が深ければ深いほど夫婦が向き合う時間は長くなりますし、シタの努力が足りなければ足りないほど期間は長引き、妻の怒りが盛り上がっていくでしょう。

サレ妻の心を取り戻せる手段があるとしたら、妻の傷ついた声に耳を傾けることに尽きます。

どれだけ耐えがたい時間だとしてもその場に居続けることです。
妻が荒れ狂ったとしてもおかしいのは妻ではありません。シタ夫が耐えがたい苦しみを与えた証拠であり、自分に返ってきているだけなのです。

夫婦再構築できない、ある夫婦の結末

叶谷さんから聞く話は一部の録音を除いて、叶谷さんの言葉によって伝えられていました。

叶谷さんの話を聞く限りは、妻は叶谷さんに依存しているように感じられました。

夫を散々責めながらも、自分への愛を示してくれることを期待しているように見えたのです。

しかし叶谷さんが的外れなことをして、妻の声を聞くことも望む言葉をかけることもせず、神経を逆なでして、失望感と、しかし期待したい気持ちの摩擦で疲れ切っているように感じました。

叶谷さんは妻が設けた二度目の離婚の期日間際になってやっと、やっとのことで「このままでは離婚されてしまう」と焦り、妻の話をあまり否定せずに聞くようになりました。
また、自分の体裁よりも妻が求めることをしようと思えるようになっていました。

家族が出かけた人が多い観光名所で、周囲の目も気にせずに膝まづいてプロポーズをしました。
妻には拒絶されましたが、これほどの真摯な姿勢が発覚当初からできていればと悔やまれました。

妻が二度目に設定した期日の日。

抵抗しましたが妻が激しく逆上したため、叶谷さんは家を出ることになりました。

今後どうなるかはわかりませんが、見通しがかなり厳しいのは確かでしょう。

叶谷さんには申し訳ないのですが、叶谷さんの妻とお子さんにとってより良い結果になることを願っています。

関連記事

再構築7年目を迎えた私の実体験です。再構築の締めくくりのような体験でしたので、記します。離婚危機と夫婦再構築に到るまで結婚12年が過ぎました。結婚5年目に夫の裏切りがありました。家族を蔑ろにして、妻である私への関[…]

関連記事

家族が増えた報告や、引っ越し先を知らせる手段として、年賀状を利用する方が少なくありません。それは離婚の報告も同様です。私は友人の離婚報告を年賀状で受け取りました。とてもいい案だと思いましたので、お知らせします。年賀状[…]

関連記事

不倫して妻バレし、それでも離婚したくない男に告ぐ。バカなことしたな。しくじったな。私は妻側の人間だ。不倫ではなかったが、夫が家族をないがしろにしていた時期があった。風俗やキャバクラに通って嬢と連絡を取り合っているのが[…]

最新情報をチェックしよう!