不倫して妻バレしたけど離婚したくない男に告ぐ・妻の取り扱い方法

不倫して妻バレし、それでも離婚したくない男に告ぐ。

バカなことしたな。
しくじったな。

私は妻側の人間だ。
不倫ではなかったが、夫が家族をないがしろにしていた時期があった。風俗やキャバクラに通って嬢と連絡を取り合っているのが発覚して(ついでにパチンコ中毒も)、大荒れに荒れて離婚を宣言して実行に移したことがある。

しかし5年以上が経つ今、夫とは結婚当初よりラブラブだ。

私の周囲には、夫の不倫で苦しんだ経験者が何人もいる。
離婚したり、仮面夫婦になったりしているが、不倫でラブラブに戻った夫婦は一組も知らない。

不倫の傷があまりに深く、その後の話し合いやコミュニケーションが圧倒的に足りていないために修復に到らない。

また一人、夫の不倫が発覚して精神を病んでいる友人がいる。
意味が分からないのは、夫が離婚したくないとほざいていることだ。

あなたが不倫をした夫だとする。どの口が離婚したくないというのか甚だ疑問だ。
疑問ではあるが事実を言うなら、妻がどれだけ離婚を求めたとしても、あなたの努力次第で思いとどまる可能性はある。

ここでは不倫された妻が何を求めているか。
今後どのような夫婦生活が待っているか、地雷などを実例を元に知らせるから、離婚したくなければ参考にしてほしい。

離婚をしたがる妻の心

不倫が発覚し、離婚を求める妻の心について説明しよう。

心の中の割合はこんな感じ☟

「こんな奴の子どもを産んでしまった」って言うのは、子どもを愛していないわけじゃない。
女性は体を削って腹の中で子どもを育て、文字通り命がけで出産する。

産後は削られた体のまま生きなければならない。
妊娠前の体力には戻ることはないし、精神も削られていく。
それもこれも、愛する夫との子どもだから、欲しいと思った結果だ。

でもその夫が裏切ったとなると、「ああ、なんでこんな男の遺伝子を命がけで産んでしまったか。私を真っ直ぐに愛してくれる人の子どもを産むべきだった」と後悔する。夫にムカついているだけで、子どもを愛していることには変わらないから、勘違いしないように。

見ての通りほとんど付け入る隙がないくらい、全力で夫を否定する気持ちばかり。

修復の可能性は「??4%」にある。これについては後述する。

離婚に積極的ではないが、夫を全力拒否する妻の心

離婚は求めて来ないけど、全身で拒絶してくる妻の心はこちら☟

「愛情1%」はない場合もあるので注意するように。

子どものために離婚を選ばなかった妻の気持ちはほぼこんな感じ。
すぐに離婚しないだけで将来的な離婚を100%考えているから、心して欲しい。

断言・不倫が許される夫は愛されていない

不倫が発覚して狂ったように暴れる妻を見て、「お前はおかしい」と発言する夫がいる。

ここで断言する。

狂ったように暴れるのは、夫を愛していたからだ。
夫を信用していたからだ。
夫と一生生きていくのだと信じて疑わなかったからだ。

愛していない夫の不倫が発覚しても、それほどショックはない。

暴れられたのなら、愛されていた証拠だと思ってほしい。

不倫が許されることはない

再構築を決めると「許された」と勘違いする奴がいる。
先に言っておくと、妻が不倫を許すことは一生ない。

許せるわけねーだろ!! と声を大にして言いたい。

再構築してやり直したとしても、それは許したのではない。
事実として受け入れたに過ぎない。

不倫をしておきながら離婚したくないのなら、一生許されないことを覚悟していただきたい。

夫婦が元通りになることはない

「努力すれば発覚前の家族に戻れる」と寝ぼけた幻想を抱いてはならない。

発覚前には二度と戻れない。
妻が夫を心の底から信用することは一生不可能だ。

それが裏切った代償だ。

ただ、「もう大丈夫かも。信用していいのかな?」と思わせることはできるかも知れない。それはこの記事に書いていることを一つ残らず何年も続けることで実現する。

発覚前の夫を信用しきった妻には戻らないが、新たな関係を築くことができるだろう。夫の努力ありきで。

一生責め続けられるのか?

一生責め続けられるのは耐えられない?
現段階でそう思うなら、さっさと妻の望む通りに離婚してあげて欲しい。

一つ言えるのは、一生責め続けられてでも妻と一緒にいたいと思える人しか、妻の愛情を取り戻せないということだ。

再構築はウォーターベッドのようにゆるゆるの地盤に立っている状態から始まる。
時間と共に地盤が固まったりはしない。
固めるのは有責者である夫の仕事だ。

妻は少し動くたびにバランスを崩して倒れそうになるだろう。
その度に夫は精神的なサンドバッグになり支えなければならない。
妻を支えながら、同時にウォーターベッドの中に凝固剤や石や砂利を詰めて固めて行かなければならない。

これは大変な作業である。

凝固剤は途方もない膨大な量が必要だし、凝固剤がきちんと混ざるようにウォーターベッドを自分で揺らす必要がある。そのたびに妻はバランスを崩す。

地盤を固めずに支え続けることはできない。
いつか妻の足腰が疲れて、立ち上がれなくなるからだ。そうなったら家族は終わる。

凝固剤とは、夫の「愛情を示す行動」である。

それは花をプレゼントするとか、小手先の愛情表現ではない。

例えばこのようなことだ☟

☆ スマートフォンを妻に開示(妻が自由にみられるよう)し、GPSアプリを受け入れる。
☆ スケジュールをオープンにする。
☆ 逐一連絡を入れる。
☆ 当然不倫相手とは一切連絡を取らない。連絡先を消去し、メモにも残さない。思い出のものを捨てる。
☆ 犬の散歩やトイレ、風呂にスマホをもっていかない。
☆ 妻が不安定になったら謝り続け、愛情を伝える。聞かれたことには素直に答える。
☆ 再度不倫をしたらどれだけの慰謝料と養育費を払うか、公正証書に残す。
☆ 愛情や、一緒にいたい気持ちを伝え続ける。
☆ 性生活は妻の気持ちを尊重する。
☆ 一見普段の生活に戻っても、妻を労わり家事や子どもの世話を積極的に行う。

激しいフラッシュバックは1年半~2年続く

妻は精神的なバランスを崩している。夫を激しく責め立てる行為が、大体1年半から2年は続くから覚悟してほしい。

発覚当初は毎日続くだろう。
3、4ヶ月続いたころ、少しずつ間隔が空いてくる。

笑ってしまうのだが、この3、4ヶ月で音を上げる夫が多い。
妻の暴れっぷりは夫の自業自得なのに、「許さない妻がおかしい」と甘えまくったアホな発言をする。

責められるのが辛いと言うが、妻の辛さはその比ではない。

その程度の覚悟なら、十分な慰謝料と養育費の支払いを公正証書に残して去るべきだ。

責め立てられる間隔が一週間、10日、二週間と空いてくる間ももちろん、地盤を固めるための努力をし続けて欲しい。これは一生続く。努力が見られなくなると、あっという間に悪夢が蘇り妻が苦しむことになる。

妻の観察眼

不倫が発覚後は夫を疑いの目でしか見られない。

女性は子育てをするために元来観察眼が養われている。また、生活を脅かす障害を避けるため、想像力が豊かである。

夫の不倫というショッキングなことを知ったあとは、夫をものすごく観察している。
隠し事は何もできないと思ってもらいたい。少しでも疑わしいことがあると、しこりになって再構築はできない。

そして想像力が豊かなために、過剰に悪い想像をしてしまうだろう。
それが当たっていることもあれば、的外れなこともある。

身に覚えのないことは、懇切丁寧に説明して愛情を示し落ち着かせるほかない。

努力を数ヶ月で終わらせるな

夫が態度を改めて愛情を示しても、妻は「どうせ数ヶ月で終わる」と冷ややかに見るだろう。
実際、数ヶ月で逆ギレをする夫が多い。「こんなに努力をしているのに、理解しない妻がおかしい」と言わんばかりの逆ギレに、妻は心底失望するだろう。原因を作ったのは夫なのに、私の傷はそんな短期間で癒えるものではない、と。

そうだな。愛する夫の不倫は、妻に全治3年~5年の瀕死の怪我を負わせるものだと思ってほしい。

治療薬は夫の努力か離婚して離れる以外ない。逆ギレする程度の覚悟なら、再構築を望むべきではない。何年も愛情を行動で示し続けて、一生続けるつもりでいること。
数年経って妻が夫の愛情を信じ始めたら、妻が少しずつ夫を助けるようになるだろう。そうなれば負担が減って来るから、辛抱すること。

妻は夫が信用するに値するか、試しているのだ。
そのテストに合格するには、勉強し努力し続けるほかない。

特に妻がフラッシュバックして暴れる時に決して背を向けず、正面から受け止めてほしい。これが一番大事。

不倫した理由

不倫する男の言い分を聞くと、このような理由を聞くことがある。

☆ 妻に不満があった。不倫相手は俺を褒めて支えてくれた。
☆ 理想の夫でいなければ、理想の父でいなければと思い込み、疲れた。癒しを求めて不倫した。
☆ 恋するわくわく感が楽しかった。
☆ セックスがしたかった

離婚して不倫相手と一緒になれば、不倫で感じていた恋や愛は幻想だとわかるだろう。
他人だから耳障りのいいことをいくらでも言えるのだ。

夫の本当の姿を知っていて、それでもそばにいるのは誰なのかよく考えて欲しい。

本当に妻への不満から不倫に走る場合もあるが、仕事や人間関係の不満を妻のせいにしている場合もある。
妻の存在に甘えて、スケープゴートにしているケースだ。

私の夫はこのケースに当てはまる。夫は「麒麟には何の不満もなかったのに、麒麟のせいにしていた」と言った。
不倫にしてもパチンコ中毒にしても、やらかしている本人が罪悪感を持っていることがある。心地悪い罪悪感を取り除くために、妻を原因にこじつけるのだ。「なんで麒麟のせいだと思い込んでいたのかわからない」と夫は言った。

しかし実際は全く不満がない夫婦はいないと思うので、私への不満もじっくり聞き出した。それが今のラブラブに繋がっている。後述する。

自分はなぜ不倫をしたのか、よく考えてほしい。
本人も分からないままだと、今後も繰り返しかねない。繰り返すくらいなら、さっさと離婚してあげて欲しい。

不倫相手と妻の間に立った時の対処法

どこかのアホな役者が公然と不倫相手をかばい、妻に縋っても手おくれで離婚されたのは記憶に新しい。

妻が不倫相手の家庭に不倫を知らせる、慰謝料を請求すると言い出した時、「そこまでしなくても。相手の家族に悪い」などと止めてはならない。これは地雷である。

妻は夫の反応を観察している。夫が反対すれば「女にいい恰好したいのか。女をかばっている。私より女が大事なんだ」と受け止め、さらなる傷になる。

謙遜や男尊女卑の文化から、妻に我慢を強いて自分が我慢した気になる男性が少なくない。今やそんな戯言は通じない。
妻が大事で一緒にいたいなら、妻の気が済むようにさせるべきである。

不倫相手が不幸になったなら、それも夫のせいである。
全てに耐えることが夫の贖罪。しっかり耐えろ。

情けない姿を女に見せたくないと言うなら、なおさら“見せかけの付き合い”だった証拠だな。

身体より精神的なつながりが辛い

妻が不倫の何に一番傷ついているかわかるだろうか。

不貞は確かにショックだ。しかし一番辛いのは、不倫相手とのラブラブな様子を知ったことが一番辛い。
そして不倫相手と会うために嘘をつき、自分を騙していたのだと知る方が辛いのだ。

身体の繋がりは物理的で、離れれば終わりだ。しかし心の繋がりは離れていても繋がっているように感じてしまう。

セックスのために恋をする男(そうでない男もいるけれど)と違い、女は恋や愛の先にセックスがあり、命をかけた出産がある。
身体が目当ての不倫で、女をその気にさせるためだけだったとしても「会いたい、好き、一緒になろう」というやり取りを見てしまうと、自分の存在やひいては命を軽んじられたように感じるのだ。生物として最大に弱る妊娠や出産時、自分の命より大切な子育ての期間に守ってくれる男であるかどうかや、愛しているかを基準に夫を選んでいたからだ。

不倫相手と精神的繋がりを感じさせるやり取りの破壊力は素晴らしく、妻の自尊心や自信をズタズタに切り裂く。
何回行為に及んだか、避妊したかどうかより(それも辛いのだが)、夫が他の女性に恋をして浮かれていたことが辛いのだ。
その恋が幻想で、あっという間に消え去ったとしてもだ。
妻と結婚生活を続けるには、精神的フォローを重点に、愛情を伝え続けるほかない。「どの口が言う」と誰しもが突っ込むだろうが、それ以外にできることはない。

サレ妻の取り扱い方法

不倫が発覚すると、あの日あの時は会っていたのか、と妻の脳内で情報の整理が始まる。

カレンダーや夫とのLINEの履歴やSNSを遡り、情報を合致させていく。
ものすごいエネルギーを使うが、ショックから食欲を失っているのでみるみる痩せていく。妻の変貌ぶりに驚くだろうが、全て夫のせいである。

妻はなぜ不倫をしたのか聞くだろう。
その時何と答える?

スマホを見たことを責めてはならない

LINEでラブラブなやり取りをしていたのを妻に見られていた場合にはどう答える?

間違っても自分が言い逃れするために、「スマホを勝手に見るなんて」と妻を責めてはならない。
実際、不倫の証拠を掴むために見ることは法律上罪に問われない。そこを責めた時点で、「こいつとは話にならない。私を騙し、黙らせることしか頭にない。そんな奴といたら人生無駄になる」と離婚を踏み切るきっかけとなってしまう。

本当に恋をしていた(と錯覚していた)場合、バカな男は「彼女が好きだった」と素直に言ってしまう。
まあ、それでもいい。「口先だけだった」と言っても、LINEでラブラブなやり取りをしているじゃないかと責められるのは見えている。
自分を騙して不倫をしていた夫の言葉より、文字となって目に入り、脳裏に残るやり取りの方が真実に見えるのだ。

サレ妻の脳内・具体例

具体的な例をあげよう。

不倫前の夫なら喜んだはずのサプライズを妻が実行した。しかし実はその日彼女と約束していた夫は、一瞬迷惑そうな表情をする。
あれ? と妻の心に引っかかる。理由をつけて出かけて行った夫を妻は快く見送る。
後に、夫の向かった先が彼女のところだと知った絶望感を、想像できるだろうか。
夫の遺伝子を継いだ子どもを命がけで産み、産後の身体は回復していない。辛いけど夫も仕事を頑張ってくれていると耐えていた時、夫は彼女と楽しい時間を過ごしていたと知った時の絶望感。
彼女と関係を持った後の下着を洗っていたと知った時の絶望感。
彼女とのおそろいのアクセサリーと知らず、「似合ってる」と褒めていたことを思い出した時の絶望感。

「過ぎたこと」と勝手に片づけないでほしい。
殺人的な恐怖と嫌悪感と悲しみであることをわかってほしい。

これまであった楽しかった思い出が、全てうそに感じてしまう。
結婚したことも全て間違いだったと、妻は自分さえ信じられなくなる。

発覚から数ヶ月はこういった思考が巡り続けることになる。
だから何度も何度も夫にぶつけることになる。

妻が自分で整理をつけることはできない。
夫が妻の脳内を整理しなければならない。

脳内を整理する

不倫の詳細は聞きたくない。という女性がいるが、本当だろうか。

私は疑問に思ったことは全て聞くべきだと思っている。
聞けば聞くほど傷つくが、「この時はどうだったのだろう」と一つでも疑問が残っていると、しこりになる。
疑念が膨らんでますます夫を信用できなくなる。

女は話しをして発散する生き物だ。
妻が聞いたことは全て答えてほしい。本当のことを言ったら、妻が傷つくことも聞かれるだろう。
嘘はバレるから、真実を言うしかない。

馬鹿正直に答えるなんてバカか!? と罵倒されても、嘘は勧められない。どこかで綻びが出た時に、正直に答えたことさえも疑われかねないからだ。

妻に沸き上がった疑問や感情を全て受け止めていくと、取っ散らかった感情の整理がついてくる。
何日、何週間と続くと嫌気が差して来るだろうが、ここで向き合えるかどうかが今後に大きく影響する。

妻にはこれを言え

肝心なのは、妻が別格に好きだと言い続けることだ。
妻の存在に甘えていた、女は簡単に切れるが、妻とは別れたくないと言い続けなければならない。

妻に鼻で笑われても、黙れと言われても、不倫と矛盾すると言われても続けなければならない。

そんなこと言ってもダメな時はダメだが、有責者の夫ができるのはこれくらいしかない。
誰よりも妻だけは失いたくないと言い続けろ。

再構築で以前よりラブラブになる方法

不倫が発覚し、離婚を求める妻の心にあった、「??4%」について説明しよう。

信じていた夫に裏切られ、何をどう信じていいかわからない妻は、根底にある気持ちを言葉にできなくなる。
それがこの「??」の4%に含まれている。

☆ 夫が好き
☆ 夫が必要
☆ 夫と一緒にいたい
ついでに言うと、離婚しないけど夫を拒絶する妻の心の「愛情1%」もこれが当てはまる。
この感情があったから、夫の不倫に傷つき、暴れたわけだ。
「消えろ35%」「死ね10%」もこの感情の裏返しと言える。
あまりのショックと混乱で、夫が憎くて仕方なくなる。
好きだと認めたくなくなるのだ。自分がさらに傷つくから。
「私は夫が好きなんだ」と素直に認められるようになるには、夫が妻へ愛情を伝え続けるしかない。
「愛しているならなぜ裏切ったんだ」と言われても、「俺がバカだった。何も考えていなかっただけ。妻を失いたくない」と繰り返し伝えるしかない。
何か月、何年と言い続け、態度でも示し続ければ、妻の態度は軟化してくるだろう。
妻への不満があったのなら、「〇〇されたのが寂しく感じたんだ」などソフトな言い方で伝えていくとよい。
私が夫に離婚を突きつけ、双方の親や友人たちに知らせて大騒動を起こしながらも、その後愛情が深まり自他共に認めるラブラブな域に達した理由はここにある。
〇 夫が私の爆発を受け止め続けたこと。
〇 激しい怒りと悲しみのジェットコースターの中で、冷静になった時にお互いを大切に思っていたことを伝え合えたこと。
〇 湧き上がる数々の疑問に、夫が逃げずに応え続けたこと。
〇 膨大な時間をかけ、話し合うことができたこと。
〇 夫を思ってしていたことが夫には伝わっていなかったり、誤解を解消することができたこと。
〇 愛情を確かめ合うことができたこと。
いい妻になろうとかいい夫になろうといった見栄を取り払い、弱い心をさらけ出して話し合った。
夫婦共にボロボロに傷ついたけど、これがなかったら仮面夫婦になっているか、離婚していただろう。
不倫の場合は妻の自尊心が深く傷ついているので、より修復は難しいだろう。
それでも夫の努力次第で妻の笑顔が戻る可能性は「ある」から頑張れ。それしか言えない。

愛情は伝わらなければ意味がない

夫が不倫をし、妻が離婚を強行したケースがある。

夫があまりに離婚に応じないので、調停を申し立てたのだ。
妻は子どもを連れて出て行った。

離婚したくない夫は調停を拒み続けた。

それでも妻は離婚一択だった。
そして夫は自殺した。

これは実話だ。

この話を聞いて私が思ったのは、不倫するだけあって自分勝手な男だなということだけだった。
無責任な奴ではないと思っていたので意外だったが、それ以上の感情は出てこなかった。

全ては自業自得だ。

 

不倫でも浮気でも、一度の過ちで本当に後悔していて、妻を絶対に手放したくないと思うなら、頑張って。
死にたいと思うなら死ぬ気で頑張れ。

どうしてもだめだったら、別れて養育費やらをちゃんと払って、改めてきちんとした姿を元妻に見せて見直してもらえ。

関連記事

夫を嫌う妻。妻の不満を言い、家に帰りたがらない夫。そんな妻や夫の愚痴を聞くことがあります。互いを非難するその気持ちは、どこまで本心なのでしょうか。いえ、口にしているときは本心なのかもしれません。しかし本当に妻[…]

夫の不倫がわかって大荒れしている友人が、離婚一択のようなことを言いながら、実は夫と別れたくないと思っていることを私は感じている。
夫がいかに自分を愛しているかを知るために、大暴れしていることを知っている。

あっさり不倫相手を切って、妻と別れたくないと言うなら、何が何でも努力し続けてほしい。

妻の傷ついた心は、傷つけた夫にしか癒せない。

頑張ってくれよ、本当に!!

 

 

最新情報をチェックしよう!