庭付きの家を買う前に注意するべきこと・防草シートザバーンの効果

我が家は築40年を超える古家つきの家を購入し、数年住んでから建替えています。

古家には広い庭がありました。

しかし数年殆ど手入れをされておらず、広い庭は虫の温床となり、日差しの妨げにもなっていて洗濯物を干すことも躊躇う状態でした。

中古住宅の購入を考えている方に向け、庭付きの家を購入する際の注意点をお知らせします。

庭付きの古家を買う


我が家は草木に興味がありません。

日照や風通しが妨げられない土地を探した結果、庭が広い家を買うに至りました。


我が家が土地を購入した際、庭は原生林のように荒れ放題でした。

庭は30坪ほどあり、家と道路の境にも草木が生え、合計40坪ほどの土地に草や木が生い茂っていました。


家の購入に当たりアドバイスをくれていた義両親は草木が趣味のため、新たに実のなる木を植えたらいいと勧めました。

しかし既に木々が生い茂っている庭に新たに植えたら足の踏み場がなくなるし、日照を妨げかねない状態でした。


庭の手入れが不安でしたが、義両親に土地の候補を却下され続けていましたので、とにかく決めてしまいたいと購入に踏み切りました。


庭の手入れ


庭の木や草が生い茂ることで通風が妨げられ、虫の住処となっていました。


虫を食べにくる鳥の声が素敵でした。
余程餌が豊富なのか、朝は何羽もの鳥の声で目が覚めました。


鳥の声で目が覚めることしか良い点がなかったと言えます。



虫が怖くて庭に出られず、せっかく広い庭があっても使うことがありませんでした。
爬虫類から昆虫まで見たことがない生物とよく出会い、恐怖でした。

庭に用があるときは意を決して挑まなければなりません。


蜘蛛が大量におり、大きいと手足を入れて30cm近くあるものが巣を張っていました。
蚊や蜂も多く、脅威でしかありません。

ムカデ、ゲジゲジ、ヤモリ、ダンゴ虫、蜘蛛、蟻、蛾、羽蟻、ゴキブリが庭から家に頻繁に侵入しました。


何のための庭なのか、ストレスの元になっていました。



私が産後間もなかったことや、素人が雑草を抜くレベルの話ではなかったため、シルバー人材センターにお願いし、草刈りをお願いしました。

シルバーセンターから派遣されてきた高齢の男性は、自営で造園業を営んでいるプロでした。初回は5万円ほどでしたでしょうか。

中々やりがいのある物量だね、とバリバリと手入れをしてくれました。


足元はスッキリしましたが、根が残っていますので、数週間でまた伸びてしまいました。
また、木が生い茂っているため風の通りが悪く、蚊などの虫が多いのは変わりませんでした。


何度かシルバー人材センターにお願いしてこのような状態になりました☟
(庭に出るのが嫌だったので窓越しに撮った写真です。)


☟こちらは網戸越しです。

この状態でも蚊や蠅、蜘蛛がたくさんいました。

木々が多く、庭が広く感じませんでした。

庭の木を切る


子どもに被害が及ぶことを心配し、庭の木を切ることにしました。


庭の木は4mを超える裏家との垣根が21本、3mを超える道路との垣根が15本、それ以外に太い木が4本植えられ、駐車スペースと庭との境に30本程度の笹が生えていました。

裏家との垣根を2mの高さまで切り、その他の木や笹は根元から切ってもらうことにしました。



造園業者数社に見積もりを取ったところ、40万~50万の見積もりが出されました。


家を購入したばかりで金銭的余裕がなく、それでなくても古家の手入れに出費が重なっていましたので、望みを託してシルバー人材センターに見積もりを依頼しました。


前回と同じ方を指名して来てもらい、相談しました。

シルバー人材センターでは安全面への配慮から、4mを超える木などの手入れをすることはできません。

高所は造園業者として請け負ってもらい、シルバー人材センターとして請け負えるところはその金額で作業してもらえることになりました。


合計10万円を切る破格でした。

あー、こんな立派な木を切るのは心が痛むなぁ。


とおじさんは言いながら作業していました。

造園業やる人間はね、木が好きなんだよね。
だからどうしても心が痛んじゃう。

なんか、スミマセン。

仕事だからやるんだけどね。
仕方がないと思うし。でもやっぱりもったいないよね。


私は木に思入れを持ったことはありません。
実家に木はなかったし、植物を育てたり飾ったりする習慣もありませんでした。

しかし悲しげなおじさんを見ていると心が痛みました。

昔読んだ漫画を思い出しました。「木を切ると木の精霊や八百万の神が怒る」と言うものでした。

……見逃してください。


2tトラック2台分の廃棄が出て、家のゴミ出しで出せる分は自分で捨てました。

産廃量が予想より多かったようで、人件費もかかったため、「赤字だ。」とおじさんは笑いました。

立派な紫陽花の株は残しておいたよ。


紫陽花は生命力が強く、あっという間に大きくなる上に切るのが大変です。

紫陽花も切ってもらいたいんだけどな。


心で思いましたが、安価で親切に請け負ってくれたおじさんの好意を受け取ることにしました。

笹はまた伸びてくるよ。根っこを取るのは掘り返さなければならなくて、重機が必要な大工事になる。安価で済ませるなら、逐一切るしかないね。

根元で切った木は、たまに伸びてくる芽を切れば大丈夫だから。

ありがとうございました。


飾り岩


木を切ってもらうと、風通しがよくなり、蚊が減りました。


視界が開けたことで新たな障害物を発見します。

飾り用の直径40~60cmほどの岩が大量にあるのです。


何だこれは、めちゃくちゃ邪魔じゃないか!!


大きい岩が二個あるのは知っていました。

家の売主が、岩一個が60万したのだと自慢気に話をしていたからです。

昔は高額で取引されていた飾り岩なため、資産になると思われている方が特に高齢者に多くいますが、今は需要がなく、買い取ってくれるどころか、引き取ってくれる業者もありません。


シルバー人材センターのおじさんに聞くと、廃棄には数十万の費用がかかると言われました。

その他業者に問い合わせても同様の返答でした。

余計な物を庭にばら撒きやがってー!!


廃棄にはユニック車を入れ、専用の産廃処理が必要になるのだとか。

将来建替えなりリフォームをするときに処理をする方がコストを抑えられると考え、諦める他ありませんでした。

庭の手入れ方法


落ち葉が少なくなったので、外掃除の回数が減りました。



雑草だらけの芝の手入れを手作業でするのは難しく、機械を使って処理をしました。
しかし岩が多く置かれていたため、非常に手間取りました。


当初はこういった小型の芝刈り機を購入しました☟

リョービ 芝生バリカン AB-1620 電動芝刈り機【在庫有り】【あす楽】

しかし岩が多くありましたので、岩のそばに生えている草を刈ろうとすると刃が欠けました。
地面に這って動かなければならないので、腰が痛くなったうえに、すぐに壊れました。

小型に頼るには、庭が広すぎました。


次にこちらを購入しました。

後追いをする小さな子どもがいると使用できないため、私は子どもと家に残り、夫が刈ってくれました。

全身に草がつくので、ゴーグルをして目を保護し、窓を閉めて飛び石対策をし、全身汚れてもいい服と手袋で完全防備して臨みます。
機械の使用が終わると、夫と私で刈った草の袋詰めをします。


毎回45ℓ袋が5~8袋と小枝の束を全身汗だくでまとめました。



草木の手入れは年に4回ほど大々的に手入れをする程度でしたが、春から一斉に芽吹き伸びる草木を憎く感じるようになります。

家を建て替えたら、手間のかからない庭にしよう!

夫と私の強い希望でした。

家を建て替える


建て替えが決まり、家の解体と共に庭の岩を撤去してもらうよう、解体屋にお願いしました。

岩だけで数十万追加費用がかかりました。20万程度だったでしょうか、見積もりはグロス記載で口頭で聞いたため詳しく覚えていません。


岩には苦い思い出しかありませんでしたので、見積もり額に腹立たしさしかありませんでした。

岩めー!!




裏家との垣根のみを残し、庭が更地になった時は解放感で一杯でした。



家の道路側は駐車スペースとするため、コンクリートを敷きました。



庭は防草シートを敷いた上で人工芝を敷きたかったのですが、土地のすぐ下が岩盤になっており、平たくするために非常に手間がかかることがわかります。

土地を均す工事と防草シートと人工芝、下地用の砂利の見積もりだけで200万を超えました。


予算的に厳しいため、DIYで庭に防草シートを敷こうと思い立ちました。
砂利や砂で平坦に均すには、材料が大量になりすぎるため、防草シートで被うのみを考えました。

そのうち人工芝を敷く予定です。(完成から一年半経つ今も、未だ敷いていませんが……。)



実は古家でもホームセンターで購入した防草シートを敷いたことがありました。
しかしドクダミなどの生命力が強い雑草が、シートを突き破り生えてきました。

草ー!!! 強すぎる!!(イライラ)


そんじゃそこらの防草シートでは草に負けることがわかり、調べました。


すると、多くの公共施設でザバーンという防草シートが使われていることがわかります。


ザバーンとは米国デュポン社が開発した、耐久性や浸水性に優れた防草シートで、プロが好んで使用する信頼のおける製品です。

これだ!


調べてみると、防草シートの中では高価ですが、十分手に入る金額でした。

1m幅や2m幅があり、色もグリーンやブラウンがあります。

厚みも350、240、125と三種類あります。(数字は1㎡あたりの繊維の重さです。単位はg)
数字が多いほど厚みがあり、防草効果が高いものになります。


我が家は240を選びました。


こういったピンを50cmから1m間隔で打ち込み、固定します。


テープは高かったので躊躇って買いませんでした。

ホームメーカーが、少額の手数料で防草シート(施主支給)を貼ってくれることになり、お願いしました。

急遽決まったため、テープを使用せず敷かれることになりました。



そして現在もこの状態です。



引っ越し当初はママ友やご近所から、

この緑のシートは何なの?

とよく聞かれたものですが、みんな慣れたのか、今や誰も聞いてこなくなりました。



ザバーンの効果は非常に大きいものでした。
生えてくるのは、ザバーンの隙間からだけです。

ピンを刺した隙間や、ザバーンの端から出てきます。


時たまそれを抜いたり、除草剤を撒いて処理します。


以前に比べたら非常に楽になりました。
ザバーンお勧めです!

庭の手入れのそれぞれ


義両親が度々新たな木を植えるよう勧めてきました。

手入れが大変なので今は考えられません。

と毎回答えていました。
その後ザバーンを全面に敷いたのを見て、今は何も言ってこなくなりました。お義母さん、スミマセン。



義両親宅では庭の手入れを専門の業者に頼んでいます。

木が大きくなって手に負えなくなると、抜いて新たな木を植えています。

そのたびに数十万円から100万単位のコストがかかります。
裕福な家庭はいいのでしょうが、我が家では考えられませんでした。



近所に注文住宅を建てた友人宅は、旦那さんの希望で庭に何本もの木を植えました。
初めの二年ほどは手入れをしていてよかったのですが、そのうち飽きて放置された木がぐんぐん伸び出し、「植えなきゃよかった。」と言っています。

若いうちはいいのですが、年を取った時に金銭的余裕がないと、或いは手入れが趣味でないと、維持が難しいでしょう。そのころには木が大きくなっているので、さらに処理が大変です。



また別のご近所さんは、「虫が多いので庭に出ていない。庭は広いけど子どもにプールもやらせてあげられない。今後どうしようか悩んでいる。」と言います。



我が家は夫婦ともに植物に興味がなく、さっぱりとした手入れが不要の庭を好みました。
そう言うと、「なんで庭のある家にしたの。」とよく聞かれます。

庭は欲しいけど手入れはしたくないなんて、贅沢だ。

分かってはいるけど、素直な希望でした。


“家を買う”ことは=“夢と現実、双方に襲われる”ことです。


夢を抱いているときは、「草木の手入れ苦手だけど、頑張るしかないよね。やっているうちに好きになるかも。ガーデニングを趣味にすればいいんだ。」と希望を抱きがちですが、そう簡単に趣向は変わりません。


家を買って暮らし始めれば、それまでとさして変わらない暮らしが続いて行きます。

夢のあとには現実が待っています。


夢と現実を見つめて、自分の性格を思い出し、庭の計画をすることをお勧めします。


木だけでなく、雑草の生命力は大変なものです。紫陽花も!!
雑草予防にはザバーンいいですよ。


しかし2019年の度重なる台風でザバーンが剥がれ、敷きなおしました。
人工芝を敷けば剥がれないのでしょうかね?
この点は要検討です。




よいマイホームライフを。

最新情報をチェックしよう!