シタ夫に不倫を繰り返させない方法・地獄と飴

夫に不倫を繰り返させないため、「妻は笑顔で出迎え、夫が居心地のいい家庭を作りましょう」と指南する本やサイトがあります。

私はこの方法に反対です。

「妻は不倫を簡単に許してくれた。きっと次も許してくれる」
「不倫をしたら家庭の居心地がよくなってラッキー」

と思い込ませてしまい、不倫を助長します。

家庭崩壊の地獄を味わせて不倫の快楽とその後の地獄を天秤にかけ、「もう地獄を見たくない」と思わせることこそが、不倫を繰り返させない最善の方法です。

ただ、実行するには妻の「離婚の覚悟」が必要です。

見せかけの離婚の覚悟は簡単に見破られて足元を見られますので、ご注意ください。

妻の傷ついた心を理解できないシタ夫

夫の不倫は大抵の場合、疑似恋愛のわくわく感を味わったり、その先にある性的欲求を満たすために始まります。

関連記事

友人夫婦の夫の不倫が発覚し、9か月が経ちました。妻は依然苦しみながらも平静を装うようになり、夫は意気消沈しながらも夫婦を続けていく努力をしています。発覚からしばらく、私は夫、妻の双方から話を聞いていました。夫の話しを[…]

シタ夫は「妻に知られたら面倒なことになる」とわかっていても、「バレなきゃ大丈夫」「浮気なんてみんなやってる。大したことではない」と軽く考えていることが珍しくありません。

男性は共感能力や先を予想する能力が女性より低い傾向があるため、妻がどれだけ傷つくかといった想像が足りないことが少なくないのです。

まして、目先には快楽が待っています。

仮に若干の罪悪感があったとしても、理由をつけて不倫に走るケースがあります。

「男は浮気するもの」
「家庭はあって当然。不倫相手と楽しむ時間を持つのも男の特権」

こうして不倫をした夫は自身を正当化しているため、不倫が発覚して怒り狂う妻を理解できません。

「大げさ」
「男の不倫を許さないほうがおかしい」
「妻は異常」

こんな事を言うようになります。

そもそも不倫を「大したことではない」と思っている夫に、妻の悲しみや怒りを理解させるのは非常に難しいのです。

そんな夫に「妻は笑顔で出迎え、夫が居心地のいい家庭を作りましょう」を実行した日には、夫の行動を肯定化して「どうぞ不倫してください」というメッセージにしか受け取られません。

傷つけられてグチャグチャになった心と裏腹に、夫に媚びるような態度をとらなければならないこの方法は、サレ妻自身の自己肯定感を砕き続けるような屈辱でしかありません。

上っ面と心の摩擦は体の健康を奪い、危険です。

上辺を取り繕っても夫への憎しみが消えることはありませんし、夫は妻を軽んじて不倫を繰り返す、最悪のシナリオを生みます。

「妻は笑顔で出迎え、夫が居心地のいい家庭を作りましょう」は、「夫に見切りをつけて、ATMと化した場合のみ有効」と考えてください。

機械化された見せかけの家族ではなく、血の通った家族になりたいのであれば、お勧めできません。

夫を伴侶と思うならこそ、家族を裏切った夫に居心地のいい居場所など作ってはいけないのです。

不倫と離婚

自分のしでかしたことがどれだけ妻と子どもを傷つけたのかを知らせ、それによって自分の立場がどうなるのかを身をもってわからせる必要があります。

妻や子どもは「俺がいないと生きていけないはずだ」と高をくくり、まさか家庭を失うとは思っていない夫が一番恐れるのが「離婚」です。

しかし妻が離婚を申し出ると、「離婚なんてできないだろう」「こっちから離婚してやるよ」と強気に出る夫がいます。

妻が言う「離婚する」は脅しで、実際はできるわけがないと思い込んでいるのです。

妻の意思が強いとわかると、「慰謝料や養育費は払わない。どうやって生活するんだ」と脅したり、「親権は渡さない。子どもから父親を奪うのか」と子どもを理由に引き留めにかかります。

離婚したくないからです。
離婚したくないのは自分なのに、プライドを守るために縋れないので、妻の罪悪感や弱い部分を責めてきます。

シタ夫がサレ妻を脅して、力でねじ伏せようとしている状態です。

サレ妻の離婚意思に迷いがあると、そこを突いてシタ夫が強気に出てきます。

自分の家庭内での立場を守ろうと、わざと妻を虐げる素振りを見せるのです。

非常に傲慢で暴力的な行為です。
そんな人とこの先やっていけるのか? と甚だ疑問ですが、ここで屈してしまうサレ妻が多いのです。

離婚には周囲の目や、何より子どもの養育費などお金の問題が絡みますから、サレ妻の気持ちだけで決めてしまっていいのかと悩んでしまうのですよね。

そして夫婦の溝が深いまま、夫は傲慢な態度をとったまま、形だけの家族が継続することになります。

 

夫が散々脅しても妻の離婚意思が変わらない場合、妻が心底夫に失望したあとにやっと夫は事態を把握し、「ヤバい」と気がつきます。

夫は損得を天秤にかけて「離婚されるよりは自分が頭を下げた方が良い」と考えを改め、「俺が悪かった」と謝罪し出します。

ここまで引っ張った夫の場合は、この謝罪を受け入れて以前の生活に戻してしまうと、「この程度の謝罪で離婚されずに済んでよかった」と安心して繰り返すことが非常に多いです。

「俺は妻の気持ちを一旦静めるために謝っただけ。謝ったら許されるんだ」と楽観視するので懲りません。

不倫の代償は地獄

つまり不倫が発覚直後にすぐに誠心誠意謝罪をしてこない夫は、地獄を見ない限り繰り返します。

妻の身に立って考えられない夫は、残念ながら“妻のために”不倫をやめることができません。

不倫の快楽とその代償を天秤にかけ、「不倫は割に合わない」と感じない限り繰り返します。

不倫で得られる快感とその後の地獄を天秤にかけて、どちらが得かを考えさせ、自ら選択させる。
もうあの地獄を味わいたくない、と心の底から思わせることで、繰り返す不倫を止められる可能性があります。

シタ夫を快楽と恐怖の天秤にのせる

私は夫の不貞やらの裏切りが一気に発覚した時、怒り狂いました。

縮こまる夫を前に

「こいつは不要」

と心の底から思いました。

自分でも驚くほどに即座に割り切り、その場で私が双方の両親に電話をかけ、離婚を報告しました。
続けてその場で、引っ越し屋の見積もりサイトにも登録をしました。

夫は青ざめて震えて泣いていましたが、どうでもよかったです。

直後からかかってくる引っ越しのセールスの電話に、「お前が電話に対応しろ。私は子どもたちを連れて家を出るから見積もる」と夫に言いました。夫は電話に出たものの何も話せず、「役立たずだな」と言って代わりました。

養育費についてもその場で調べ、算定表から導き出した額を提示し、公正証書を作る約束も有無を言わせず頷かせました。

有責側に拒否権はないと言い切り、冷静に物事を進める私に、夫は恐れおののきました。
泣く夫を見て嫌悪感しかなく、「何をいまさら」と言って私は嘲笑いました。

それまで夫に尽くしていましたので、夫は安心しきっていたようです。
安心というよりはナメていたという方が正しいでしょう。

私の変貌と本心からの「離婚宣言」は夫に大きなショックを与えました。

夫はその後しばらくしても、「あの晩を思い出すだけで眠れなくなる」と言い、改めて青ざめるほどでした。

私はフラッシュバックが一年半ほど続きました。
その度に夫がケアをするようになりました。

発覚して3年や5年経っても、シタ側を毎日のように責めるようでは問題がありますが、発覚して数か月しか経っていないのに「責めるな」は無理があります。

この恐怖と苦痛を地獄だと思うなら、それが代償です。

地獄は夫を変えました。

離婚したくなければ不貞を犯してはならないと、後悔と共に学んだようでした。

夫の不倫が繰り返された例

ある知人夫婦の話です。

夫の不倫に感づいた妻が、証拠を掴もうと探偵に依頼したことがありました。

探偵は「離婚の意思がないのなら、調査をおすすめしない」と言い、彼女は悩んだ末に調査を断念しました。

その不倫はじきに終わったようですが、女性問題が次々と起こりました。

状況から疑惑が確信に変わり、何度も夫を責め立てました。

夫は認めず、「お前はヒステリーだ。頭がおかしい」といって妻を責めました。

妻はその度に傷つきましたが、離婚はしたくありませんでした。
子どもを一人で育てる自信がなく、実家に頼ることも気が引けたからです。

夫は妻が離婚を望んでいないことをよくわかっていました。

夫は相手女性へのLINEを、何度も妻に誤送信しました。

妻はついに「離婚する」と言いましたが、夫は「俺は離婚してもしなくてもいいけど、金は払わない。生活をやっていけるのか」と妻を脅しました。妻を黙らせるための脅しでした。

妻は夫が「離婚したくない」と言って生活を改めてくれるのを期待しただけで、本当は離婚したくありませんでした。
そのため夫の脅しに屈してしまいました。

怯んだ妻を見て、夫はますますつけあがりました。

妻は足元を見られる形になったのです。

この夫婦は、結婚15年以上経った今も変わらずに繰り返しています。

シタ夫が後悔した時

別の知人夫婦の話です。

夫が不倫していたことがわかり、妻は混乱と悲しみで精神的バランスを崩しました。

妻が夫に酷く当たり散らしている間、夫は保身から不倫を妻のせいにしたり、過去のことと片づけようとしたり、不安定な妻の対応を面倒と思っているような態度をとりました。

妻はますます傷つき、離婚を求めました。

夫は離婚はしないと言いましたが、双方ともに自分を守ろうという意識が強いせいで腹を割った話し合いができず、地獄のような時間が延々と続くことになりました。

話しが通じないことで双方が「離婚しかない」と思った頃、流れから私が、双方から話を聞くことになりました。

夫には以下の記事に書いたことなどを伝えるなどして、図らずも双方の気持ちの橋渡しのような役割を担うことになりました。

関連記事

不倫して妻バレし、それでも離婚したくない男に告ぐ。バカなことしたな。しくじったな。私は妻側の人間だ。不倫ではなかったが、夫が家族をないがしろにしていた時期があった。風俗やキャバクラに通って嬢と連絡を取り合っているのが[…]

妻は泣き続け、時に荒ぶり破滅的なことを言う生活の中で、何度も夫に強く離婚を迫りました。

双方の両親や兄弟、夫の会社までもが知る事態となり、夫の親が妻を訪ねてきて謝罪する場面もありました。

夫はバレなければいいと軽い気持ちで不倫をしていましたので、離婚になるなど全く思っておらず、何とか家庭を存続させたいと思っていました。

妻は本気で離婚を考えていましたが、心の一部で「夫が私の全てを理解して、心を入れ替えて尽くしてくれる」ことを願っていました。
気持ちはほぼ離婚で固められていましたので、夫が妻を食い止めるには、その一縷の望みをつなぐしかありませんでした。

妻はショックと悲しみが心の中で膨らみ続け、自身をコントロールできなくなって鬱状態に陥りました。

そしてある晩に生を断つことを考えます。
実行する直前に夫が発見して、止めました。

妻も夫も追い詰められていました。

妻は一時、ベッドから起き上がれず、手洗いにも行けない状態となります。

妻の不安定が暫く続いたとき、私はシタ夫と直接会って話す機会がありました。

「こんなことになるなんて思っていなかった。地獄だ。俺の人生で一番の後悔だ。何でこんなことしたんだろう。俺も〇にたい。時間を戻したい……」

そう言ってシタ夫は泣きました。

「次に同じことがあったら、妻は生きていけないよ」

と私が言うと、

「二度としない。死んでもしない。こんなこと、二度と味わいたくない」

こう言って泣きました。

夫の会社に不倫を知らせたのは、夫自身でした。
自分の不倫が妻にバレて、妻が不安定になり、支えるために会社を休ませてほしいと自ら申し出たのです。

夫の様子から、恐らくもう不倫をすることはないだろうと感じました。
多分ですけどね。

その後は妻の動向を見て態度を改めるようになったと聞いています。

超ド級の痛い目を見て、「不倫は割に合わない」と感じられたいい例でした。

妻のために不倫をやめられないシタ夫

“妻のために”不倫をやめることができない夫。

この事実を知ると、多くのサレ妻は「私は夫に愛されていなかった」と大いに悲しみます。

女性は共感能力が高く相手の身になって考えることが多いので、夫が妻の気持ちを考えなかったことに絶望を感じるのです。

しかしシタ夫が妻を愛していなかったかと言うと、そうとは限りません。

性差のために想像力が足りなかったり、親が「男の子だから仕方ない」と手厚く育てたことから「相手の心を想像する訓練」ができていなかったり、亭主関白の両親を見て育ち、妻を思いやる必要を知らずに育つことがあります。

こんな例でも、意識することである程度、妻を思いやることができるようになると私は思っています。

ただ「思いやって」と言葉で伝えるのではなく、危機感を持たせることが大切です。

妻の存在に安心して油断している状態のままでは、妻の気持ちを思いやることができません。

危機感は「妻はいつ離れるかわからない存在」と実感することで生まれます。

「ずっと側にいてほしいから、妻を気遣う。気遣わなければ妻は離れていく」と学ばせるのです。

常に「離婚してやる!」と言うのではなく、不倫でどれだけ傷ついたかを伝え、「次はない」こと、「一度裏切ったら、これまでと同じ生活はできない」こと、「あなたが私を気遣わなくなったら、夫婦は終わるのよ」と冷静に、確実に知らせることが大切です。

この伝え方が難しいんですけどね。

関連記事

話し合いができないことが原因で、婚約を破棄した経験があります。結婚後、話し合いができる人だったはずの夫と、話し合いにならない時期がありました。その後離婚の危機を迎えて互いに改め、今は良好な関係を築いています。周囲には「話[…]

関連記事

サレ妻とは、夫に不倫された妻を指します。サレ妻の経験ブログやインスタは多くの読者を集めています。共感する方がいれば、興味本位である方もいるでしょう。中には「サレ妻のキレっぷりが怖い。その後の行動が性格悪い。だから不倫されるのだ」と見[…]

夫に不倫を繰り返させない方法・地獄と飴

不倫をした代償がどれだけ重いかを身をもって知らせるには、妻の「離婚を辞さない覚悟」が必要です。

「妻は思いやれなければ離れていくもの」と危機感を持たせるには、妻の離婚宣言が一番効果があります。

しかし見せかけの離婚宣言は簡単に見破られて、事態を悪化させます。

本気で離婚を覚悟すると、夫がどういう人なのか、人生を共にするべきなのかそうでないのかを考えられるようになり、精神的に自立するため夫と精神的に対等になります。

夫婦再構築に挑む際にも、マイナスから関係を築く中でこの視点が役立ちます。

反面、離婚の覚悟が固まると、夫が心を改めて離婚を止めにかかっても離婚の意思を止められなくなる場合があります。

夫が精神誠意心を入れ替えたことが言動全てから感じられなければ、そのまま離婚となるでしょう。

一か八かの方法と言えるかもしれません。

そして夫婦再構築に挑むのであれば、地獄の先に「飴」が必要であることを忘れてはいけません。
延々と続く地獄には、サレ妻の幸せもありません。

飴は夫婦や家族としての愛情です。

夫が心を改めたなら、妻は年単位の時間をかけて、それが嘘でないかを肌で感じることになるでしょう。

愛情が確かだと感じられたら、飴が自然と生まれてきます。

その飴を夫婦で飴を舐められるのが理想ですね。

 

関連記事

夫の不倫が発覚し、苦しんでいる妻がいます。全てを知ってからでないと再構築に挑めないという妻に、夫は嘘をつき続けました。結果的に嘘の辻褄が合わなくなり、白状するに至ります。なぜ嘘を言い続けたのかの問いに、夫は「妻をこれ以上[…]

関連記事

夫の風俗が発覚し、大揉めに揉めた経験があります。パチンコ中毒に陥ったのちに、風俗やキャバクラ通いに発展していました。中毒期間に家族を蔑ろにしていたことが悔しくて悲しくてたまりませんでした。その上、金の使い込みや風俗(ソー[…]

関連記事

夫を嫌う妻。妻の不満を言い、家に帰りたがらない夫。そんな妻や夫の愚痴を聞くことがあります。互いを非難するその気持ちは、どこまで本心なのでしょうか。いえ、口にしているときは本心なのかもしれません。しかし本当に妻[…]

 

 

最新情報をチェックしよう!