【不倫と風俗】男女の捉え方の決定的な違い・サレ妻が知るべき事実

友人夫婦の夫の不倫が発覚し、9か月が経ちました。

妻は依然苦しみながらも平静を装うようになり、夫は意気消沈しながらも夫婦を続けていく努力をしています。

発覚からしばらく、私は夫、妻の双方から話を聞いていました。

夫の話しを聞けば聞くほどひしひしと感じられたのが、「不倫も風俗も目的が変わらない」という事でした。

女性が思うほど、男性にとって風俗と不倫は変わらないようなのです。

以下に説明します。

不倫と風俗の違い-女の捉え方

妻の目線では、夫に風俗に行かれた辛さと、不倫された辛さには大きな違いがあります。

心の繋がりを重要視する女性にとって、身体の繋がりより心の繋がりの方が強固だと感じるからです。

体の繋がりと心の繋がりの捉え方

私は夫の風俗通いが発覚し、責め立てたことがありました。

本番があるソープだったこともあり、非常に傷つきました。

関連記事

サレ妻とは、夫に不倫された妻を指します。サレ妻の経験ブログやインスタは多くの読者を集めています。共感する方がいれば、興味本位である方もいるでしょう。中には「サレ妻のキレっぷりが怖い。その後の行動が性格悪い。だから不倫されるのだ」と見[…]

風俗による不貞、キャバ通い、パチンコ中毒、借金が一気に発覚し、その時期に私や子どもたちへぞんざいな扱いをしていたこともあり、私は酷く塞ぎ込みました。

最も心に引っかかり続けたのは不貞ではなく、通っていたキャバ嬢との楽しそうなLINEのやり取りを見たことでした。

共通の趣味(スポーツ)で盛り上がり、一緒に楽しむ約束を取り付けようとしていたのです。

心がキャバ嬢に向いている様に感じ、自尊心の回復を妨げました。

食欲を無くし、夜も眠れずに泣いて痩せていきました。
息の仕方も忘れるようでした。

こんな辛いことがあるだろうか。
メンタルクリニックにかかった方がいいのではないかと思った時期もありました。

夫と話し合いを重ねて理解し合い、長い年月をかけて再構築をしていきました。

不倫された苦しみはけた違い

5年後、冒頭に紹介した友人夫婦の夫の不倫が発覚しました。

妻が苦しむ様子を見て、「ああ、不倫と風俗の苦しみはけた違いだ」と感じました。

私は二度と味わいたくないほどの辛さを味わいましたが、不倫の苦しみは生命の危機を感じさせるほどの辛さでした。

発覚まで夫婦仲が良好だったケースでも、事実が「妻より相手女性を好きだったんだ」と物語っているように感じて、妻は絶望に陥るのです。

こちら☟の記事にも書きましたが、妻としては体だけの関係より、“体の関係は少ないけれども恋愛をされる方が辛い”と感じる方が多いのではないでしょうか。

関連記事

「不倫相手をぞんざいに扱う男は鬼畜」という意見を目にすることがあります。相手は物ではないので、不倫相手と言えど、気遣うべきだという意味です。不倫をしている時点で既に鬼畜なのに、不倫相手を大事にする必要があるのかと疑問です。[…]

不倫と風俗の違い-男の捉え方

友人夫婦の夫の話しを聞いていて、ひしひしと感じたことがありました。

不倫は、恋愛ごっこというスパイスが乗っている風俗

この程度の認識なのです。

なんて女性をバカにした言い方だろうと怒る方がいるかもしれませんが、実際不倫をこの程度に捉えている男性が一定数いるのです。
これは決して珍しいことではありません。

「女の恋愛は上書き保存、男の恋愛は別ファイル保存」と言われるのも納得です。

もちろん、男性にも本命とそうでない女性とのすみわけはあるようです。

風俗に行けば手っ取り早いが、金がかかるし味気ない。

その点不倫は、ドキドキ感が味わえて楽しい。
体の関係に行きつくまでの行程がゲーム感覚で楽しい。
上手く行けば風俗より安く性欲が処理できる。

友人夫婦の妻は「夫は不倫相手の女性の方が好きなのではないか」と疑い続けていました。

私は「夫にとって安い風俗が不倫だったんだ」と話しましたが、妻は夫と女性との仲睦まじい写真ややり取りを見ているので、「そんなわけがない」と言って信じられず、自ら想像を膨らませて苦しみ続けました。

インターネット掲示板に寄せられた、不倫と風俗に関する男性の本音

yahoo!知恵袋にこんな質問が載っていました。(出典:yahoo!知恵袋

ID非公開さんの質問

既婚者で、風俗に通う男と、一般人と不倫する男と、どちらがマシでしょうか。

口説けない男が風俗を利用するのですか?
それとも、風俗なら、妻を裏切ってはいないという考えでしょうか。

妻に対し ての罪悪感は、どちらのほうがありますか?

男性の間では、不倫をしている男、風俗に通う男、それぞれに対してどのように見ていますか?

既婚男性の意見を伺いたいです。

これに対し、男性の飾らない回答がこちらです。

男性A
玄人は後腐れなし 素人は後腐れあり
玄人はお金だけの問題です。

男性B
一般人と不倫する男は、 女を口説く能力を持っている。
風俗に通う男は、 そのような力を必要としない。

罪悪感は、 どちらの男にも無い。

男性C
風俗はお金を払い時間を買い性交渉する。
風俗嬢も商売だから疑似恋愛を楽しませてくれます。

不倫は本気と遊びがありますね。罪悪感とか何も考えてないと思う。

簡単にお金で性交渉をするか、口説いてタダで性交渉をするかだろうね。
どちらにしても自分の欲求を満たす為に行動してます。

言い訳しやすいのは風俗です。自分に自信があれば不倫相手を見つけるだけだよ!目的はいい思いをして性交渉する事。

男性D
風俗通いに愛はありません。 未婚の男女関係において、双方が結婚を口にした瞬間からそれぞれが損得を考えます。しかし、不倫は損得を意識しない純粋な愛が存在します。

〈既婚者で、風俗に通う男と、一般人と不倫する男と、どちらがマシでしょうか〉
なにをもってマシかは分かりませんが、対女性自身を対象とすれば不倫する男の方がマシでしょう。

〈妻に対しての罪悪感は、どちらのほうがありますか?〉
風俗に通う男の方が罪悪感があります。 なぜなら、愛のある不倫においては妻のことは眼中にありませんから。

「ああ、やはり」と納得する答えが並んでいました。

友人夫婦の夫との話の中で感じた、“そのまま”がここに書かれていました。

不倫、風俗を軽く考える男性達のリアル

私は男性ばかりの業界で仕事をしていた時期があります。

大手企業は不倫を「誠実ではない。義務を果たせない」という理由で処罰しますが、私の勤めていた老舗中小企業では不倫が処罰されることはありませんでした。

取締役たちが不倫、風俗を「男なら仕方ない」と、非常に軽く捉えていたからです。

不倫相手の女性が会社にコンタクトをとってきて、社内で不倫が公になった男性社員がいましたが、「面倒なことになる前に片づけろよ」と注意されるに留まりました。

在籍中、風俗や浮気について男性社員たちが雑談するのを何度も聞いてきましたが、「不倫、浮気が悪いこと」という意識が非常に薄いことを感じていました。

もちろん個人によって感じ方は違うのですが、風俗については罪悪感がほぼありません。
不倫については、「妻(彼女)にバレたら怒られるからしない」「相手女性に悪いからしない(弄ぶことになるため)」という意見がチラホラある程度でした。

「バレなきゃいいでしょ」と軽く考えている人が少なくありませんでした。

風俗も不倫も、目的は性欲の発散です。
不倫の場合は、そこに至るまでのスリルと興奮があるだけの差でした。

中には本当に離婚して不倫相手と再婚するケースがありましたが、再婚まで至るのは少数派で、全体の1割程度だったように思います。

手っ取り早い風俗

私の夫の不貞が発覚した時、夫はあっさり「風俗に行った」と白状しました。

妻が嫌がることはわかっていたけど、それほど悪いことだとは思わなかったと言います。

私自身、前述した勤め先での経験から、大半の男性が風俗をレクリエーション程度にしか考えていないことを知っていました。

でも実際に妻の立場になると、許せませんでした。

関連記事

男性ばかりの職場に勤めていたころ、家庭ののろけを聞くことがよくありました。世の中の妻たちは、夫のそんな姿を知らないのだろうと、もったいなく感じます。しかし同時に、大抵の女性が嫌がる風俗の利用についてもよく聞くことになりました。昨[…]

不倫は「時間がかかって面倒だし、性行為に到れないかもしれない。バレた時に妻を傷つける上に、離婚にされるリスクが高いからやってはいけない」とわかっていたようです。

夫は風俗を「誰も傷つけないし、手っ取り早い」と思っていました。

しかし風俗がバレて私が悲しんでいるのを見て、「風俗も妻を傷つける」と知ったようでした。

男女の捉え方の決定的な違い

(不倫有責者をシタ、不倫された側をサレと呼びます)

シタ夫が相手の不倫女性を好きだったのではないか、と苦しんでいるサレ妻に知っていただきたいことがあります。

シタ夫と不倫相手との間に愛情を囁くようなやり取りが多分にあったとしても、夫が妻より不倫相手を好きだったとは限らない。

yahoo!知恵袋の男性Dが以下のように回答していました。

男性D
不倫は損得を意識しない純粋な愛が存在します。

対女性自身を対象とすれば不倫する男の方がマシでしょう。

風俗に通う男の方が罪悪感があります。なぜなら、愛のある不倫においては妻のことは眼中にありませんから。

「損得を意識しない純粋な愛」が指すのは、責任のない恋心でしょう。

つまり未来や責任を伴うと、簡単に壊れる程度の軽い気持ちともいえます。

「不倫する男の方がマシ」と言っているのは、風俗は女性の身体を性欲処理の道具として利用しているからでしょうか。

しかし不倫も妻を裏切って精神を殺し、不倫相手の時間も身体も搾取した上に誠実さもないのですから、どちらも大差ないのが現実です。

 

友人夫婦の夫は不倫相手に体目的で近づきました。

しかし妻にバレたあと、体目的だったと知られると人として非難されると思った夫は、保身のために不倫相手が好きだったと言い続けました。

関連記事

「不倫相手をぞんざいに扱う男は鬼畜」という意見を目にすることがあります。相手は物ではないので、不倫相手と言えど、気遣うべきだという意味です。不倫をしている時点で既に鬼畜なのに、不倫相手を大事にする必要があるのかと疑問です。[…]

妻は発覚まで夫を愛し信頼しきっていましたので、気が狂うほどの苦しみを味わいました。
夫の嘘は事態を悪くするばかりで、再構築を遠ざける結果になりました。

シタ夫が夫婦再構築を願うなら、この考えは間違いだと知っていただきたいです。

また、「不倫する男の方がマシ」は幻であり、まして愛のある不倫など存在しません。
不倫にあるのはシタ側の自己愛だけです。

サレ妻が知るべき事実

この記事が言いたいことは、「男性はこういう性質だから女性は認めるべき」という事ではありません。

夫の裏切りがわかり苦しみ、本音でぶつかって改めて分かり合い、再構築に挑んだ後。
長く続く苦しみが少しでも癒えるよう、私が知る、男性にありがちな性質について書きました。

 

一つの参考になりますように。

関連記事

不倫して妻バレし、それでも離婚したくない男に告ぐ。バカなことしたな。しくじったな。私は妻側の人間だ。不倫ではなかったが、夫が家族をないがしろにしていた時期があった。風俗やキャバクラに通って嬢と連絡を取り合っているのが[…]

関連記事

夫の風俗が発覚し、大揉めに揉めた経験があります。パチンコ中毒に陥ったのちに、風俗やキャバクラ通いに発展していました。中毒期間に家族を蔑ろにしていたことが悔しくて悲しくてたまりませんでした。その上、金の使い込みや風俗(ソー[…]

最新情報をチェックしよう!