毒親育ちが思う、負の感情は自分を貶めるという真実。人を疑う前に自分を疑えと思った話

浮気をしている男性は、彼女の浮気を疑うと言います。

彼氏が突然、彼女のスマホを見せろと言ってきた。
彼女に身に覚えがないのに、突然「浮気しているだろう」と言ってきた。

この場合、8割から9割方、彼氏が浮気をしているというのです。(参考:探偵ブログ)

自分が不義理をしていると、相手もしているのではないかと疑います。自分が隠し事をしているので、他人も隠し事をしていてもおかしくないと思うわけです。

疑われた彼女は意味が分からず困惑し、彼との付き合いに疑問を感じるようになります。
負の行為が負の感情を生む例です。

負の感情は自分を負に貶める

この記事を書こうと思ったのは、以下の記事がきっかけです。
この記事は、ある男性の独白が特集されています。
体の衰えを感じ、生命の終わりを想像した男性が、子どもを持つことを目的に結婚をします。
「いい母親になれる」と言う女性を妻に迎え、子どもがいる未来に夢を膨らませましたが、妊娠には至りませんでした。
子どもを持つ夢を成しえなかった男性は、離れて行く妻を抱きしめたいとも、突き放したいとも思う感情に揺り動かされます。

自分の経験や感情の記憶が、未来の自分に当てはまることはよくあります。
特に負の感情は、ストレスホルモンと脳の関連から記憶に残りやすいのです。

負の感情で批判する背景には、人の尊厳を奪い自尊心を保つ目的があります。例えそれを口に出さなくても、負の感情に含まれた蔑みや憐みが記憶に残ります。

かつては高みの見物だった自分が、いざその立場になると、過去の自分が抱いた憐みの感情に苦しめられることになります。

「あのとき僕は『子供がいない人生も、子供がいる人生と同じように、別の幸せがある』と咲に言いましたけど、多分、言った僕自身が、心からそれを信じていなかったんだと思います」

過去の思考が未来の自分を苦しめる

自己を他者に当てはめた負の感情は、浮気に限らず生活の多くの場で顔を出します。

私は夫の風俗通いが発覚して離婚を求めたことがありました。
風俗だけでも許せなかったけど、パチンコ中毒や金の使い込みや、家族を蔑ろにしていた時期でしたので我慢の限界だったんです。

夫が慌てふためいて態度を改め、驚くほどの変貌を遂げて家族や私に愛情を示してくれるようになりました。つまり夫婦再構築に入ったのですね。

しかし再構築中、外出先で家族連れや仲の良さそうな夫婦を見ては、惨めな気持ちになりました。
「夫は私を蔑ろにし、裏切った」この事実が重い負の感情を生み、振り払えませんでした。

こんな惨めな気持ちになるなら離婚した方がマシだと思いました。夫の必死さを見て、「夫が努力している間は家族を続けてみるか」と思う反面、夫に期待する自分が、自身の価値を下げているようで惨めでした。

浮気されたことを知った人は、私を「可哀想な女」「浮気される女」と思うだろうと想像しました。

「惨めな女」と見られるのが嫌で、外に出たくなくなりました。

人を疑う前に自分を疑え

何でこんなことを思うんだろうと考えました。
すべては私の想像でしかないことをわかっていました。
これまで同じ目に遭ってきた人を「惨めな人」と思ってたんじゃないの? だから自分にもそう思うんじゃないの? と自分に問いかけます。
ネットで浮気された芸能人のニュースが流れれば、コメント欄には「相手の女の方が好きだったんだろう」「妻として何か足りなかったんだろう」「浮気された奥さん、かわいそう」という書き込みが目に入ります。
「みな勝手なことを言っているな。勝手に憐れまれるのは、どれだけ辛いだろう。そんな世間の目こそが彼女を傷つけるんじゃないか」と思っていました。私が夫に裏切られた時にじわじわと、しかし確実にストレスになったのは、世間の目でした。そこには憐れまれたくないという保身がありました。
なぜネットの書き込みを“すべて”と受け止めてしまうのか。
口に出さないだけで、本当は私も同じように思っていたのではないかと考えました。
私にそういう思考が全くないのであれば、被害妄想を自分で否定できたでしょう。ネットの書き込みが全てではないと信じられたはずです。否定できなかったのは、私自身に同様の要素を持っているからだと思いました。
自分を苦しめるのは、自分の負の感情なのだと思い至りました。

思考は矛盾する

その後暫くして友人の夫の不倫が発覚し、相談を受けました。

彼女の苦しい心の声を聞きました。

感情が渦まき苦しむ彼女に「惨めな気持ちになるかもしれない。周囲と自分を比べ、人の目が気になるかもしれない。でもその惨めさは幻想だ」と伝えました。人の目を気にして苦しんでほしくないと思い伝えました。

その時すでに彼女は自身が惨めだと話していました。
他人事だった不倫が自分に降りかかり、「なぜ私がこんな思いをしなければならないのか」と苦しんでいました。彼女もまた、当事者になるまでどこか高みの見物のような感覚があったのかもしれません。

その時私は、彼女を「不倫されたかわいそうな妻」とも「浮気される女」とも思わず、「惨めな人」だとも思いませんでした。
ただただ、バカな夫を持ってしまった不幸がそこにあるだけでした。

それは私が惨めさを体感したからなのか、それとも元から不倫はシタ側の問題であって、サレた側の責任ではないと思っていたのか、自分でもよくわかりません。

情動感染

人に負の感情を持ちやすい人ほど、自身にコンプレックスを抱えていることが珍しくありません。
人を貶めて自分の価値が高まったように錯覚することで、安心しているのです。

負の感情は伝染します。
心理学用語では情動感染と言います。

家庭で主導権を握りがちな母親が暗い顔をしていると、家族の心理状態も暗くなると言われるのも、情動感染の一つです。

情動感染をしないようにするには、影響を受けていることを自覚することが重要です。
人の脳は周囲の言動を見て、真似や共感をすることで処世術を学ぶ仕組みになっているからです。

人の悪口ばかり言っている人の周囲から人が離れていくのは、「つられたくない」と思うからなんですね。

それでも人の悪口がやめられない人は、人を貶めて自分が優位に立ったように錯覚しアイデンティティを保っているからなのですが、負の感情を持った過去の記憶が後に自分に返って来ると、自分の優位性が脅かされます。するとさらに過激な発言をして他者を批判し、自分の優位性を確認しようとします。

全ては自作自演で実体のない物なのですが、虚構のアイデンティティを守るために何度も繰り返すことになります。

そういった「ちょっと困った性質の人」は意外と近くにいるもので、特に目立つのが子どもの保護者です。
子どもを持つ親という以外は何の共通点もない人間の集まりがママ友と呼ばれる社会です。

バックボーンがわからない分、真意を計りかねて会話は上辺を滑り、核心に触れないことが多くあります。
人より優位に立ちたいと思うタイプは、自分のすばらしさを主張し続けたり、逆に人を貶める発言を重ねることがあります。

しかしママ友は大人の集まりですから、情動感染により仲間になる人がいるものの、大抵は「問題のあるママ」と認識して距離をとります。

当人は周囲に人がいなくなると焦り、仲間を作ろうと特定の人物に執着するようになります。その人にも距離を置かれると「いじめられた」と勘違いするケースもあるようです。自分の何が悪いのか理解できず、指摘すると攻撃されたと捉えて攻撃性が増すので、誰も本当のことを言わなくなります。

負の感情はまわりまわって自分を傷つけるのです。

毒親育ちが毒親にならないために

負の感情をコントロールするには、自分の感情と向き合うことが大切です。

自分の感情を認め、どうしてそういう思考になったかを考えます。
自分で自分の思考回路を知るのです。

学んだことを行動の選択に生かします。

その積み重ねが負の思考サイクルから自身を救い、他者を認めることにも繋がっていきます。

ということで、私は悪口を言いたくありません。心で思うことがあっても、なぜ自分がそう思うのかを考えるようにしています。勢いだけで完結しないこと。必ず省みることを心がけています。

意見は言いますし、人と対立することはあります。しかし悪口は言いません。それが未来の私を救うから。結局は自分のためですが、周囲を負の世界の道連れにしない唯一の方法でもあるからです。

私の母は負の感情しか言わない人です。そして人が離れていきました。
誰も母を救うことはできません。それは母が自ら選んだことだから。

私はそんな人間になりたくない。

関連記事

毒親にはいろいろなタイプがあり、軽いものから犯罪に当たるものまで様々です。親と子の相性の違いも関係してくるでしょう。これは私が体験した話しです。☆ 毒親に悩んだら読む本・8選毒親家族私はごく普通の一般[…]

負の感情を全て排除するのは無理ですが、自分の負の感情を分析し心の声を認めることで、自分で自分を救うことができます。

見る人によっては、私が母の悪口を言い続けているように思われるかもしれませんね。
貶めているわけではありませんよ。真実と単なる愚痴です。

負の感情を生まないための発散です。必要行為です。毒親育ちの方には是非とも吐き出しまくってほしいです。

呑まれずに、自分が自分でいるために、感情を分析して自分を省みて、関係のない誰かを貶めたり蔑んだりせずに生きていきましょう。

頑張ろう。

 

 

関連記事

昨晩の話です。いつもと変わらない夜だったのですが、とても温かい気持ちになりました。文字で書こうかとも思ったのですが、あまりに短い内容でしたので漫画にしました。絵は、描いていないと画力が落ちますね。←言い訳それを身に染[…]

関連記事

私は母が苦手です。これまでこのブログで私の生い立ちや母への疑問を吐き出してきました。結婚し、子どもが産まれて初めて、母を理解できた部分もあります。それでも母の言動を思い出すたびに、「なぜ?」と思わずにはいられないエピソー[…]

関連記事

不倫して妻バレし、それでも離婚したくない男に告ぐ。バカなことしたな。しくじったな。私は妻側の人間だ。不倫ではなかったが、夫が家族をないがしろにしていた時期があった。風俗やキャバクラに通って嬢と連絡を取り合っているのが[…]

関連記事

先日インターネット上にある男性が「イクメンなんていなくなればいい。イクメンなんているから、嫁が家事育児を俺に求めてくるようになる」と書き込みました。それを見て、私はドン引きしました。ああ、この人は面倒なことを妻にやらせ、自分[…]

 

 

最新情報をチェックしよう!