オレ様男の心理と生態、没落の実例・不器用な男の見本帳

人生において、一人か二人は「俺様なオトコ」に出会う機会があるでしょう。

漫画やドラマでは俺様オトコが可愛く描かれていますが、実際の俺様オトコは可愛くありません。
非常に手がかかる生物です。

それが職場となると、先輩後輩や上司と部下といった立場の違いが影響してさらに面倒なことになりかねません。

ここでは私が出会った俺様オトコの生態と没落。俺様オトコが行きついた孤独についてお知らせします。

オレ様男とは

オレ様男とは、上から目線、或いは自分中心で生活を送っている男性のことを言います。

自信があるように見えますが、その実弱い部分を持っていて、悟られないよう、強がっている人が多いように感じられます。

私が出会ったオレ様男は職場の先輩でした。
当時私は、男性ばかり数十人がいる営業内で、ただ一人の女性でした。

女だから使いにくいと言われたくなくて、男性ぽく振る舞っていました。

男性たちに交じって昼夜問わず仕事をしていくうちに、男性達に一人混じって飲みに行くことに抵抗がなくなりました。
上司や先輩や後輩男性と二人で飲みに行くことも珍しくありませんでした。
私が酒好きなことは知られていましたし、女性としてカウントされていなかったので、「麒麟となら男女二人でも問題ない」と思われていたと思います。
そのうち一回り近く上の年齢の先輩と仲良くなりました。
それがオレ様男のT氏です。

オレ様男の実態

T氏は容姿に自信を持っており、ジムで鍛えるなどしていました。
実際スタイルが良く、ハンサムだと思います。
T氏と同年代の先輩から聞く話では、20代からモテていたのは確かなようでした。
私が出会った時、T氏は30代中盤でしたが未婚で、彼女もいませんでした。
目当ての女性はいるようで、アプローチしていましたが、どう聞いても都合よく使われているだけに見えました。
また、彼女はT氏がアプローチしていることにも気づいていないのでは? と思うほど、ソフトな押し具合でした。

オレ様男にアドバイス

私は会社では「無神経キャラ」を作っていました。
それくらい鈍感にならないと、男性の中で昼夜を問わず仕事をすることができませんでした。

T氏には「女性への押しが足りない」とアドバイスをしました。

T氏は怒りましたが、その割に私をよく飲みに誘い、話しをしてきました。

分裂の原因は妬みとプライド

T氏は、同じ年の同僚、M氏とI氏の3人で20代のころによく遊んだのだと話しました。
仕事終わりに3人で渋谷に行き、ナンパをしていたのだそうです。

T氏が「あの娘に声かけて来い」と指令を出し、M氏とI氏が声をかけに行きました。大抵が失敗に終わったと笑いながら話をしました。

3人が一緒にいる姿を見たことがありませんでした。
私が入社した時には、3人がほぼ分裂状態だったからです。

オレ様男とM氏が仲違いした理由

T氏はM氏を嫌い、無視を続けていました。

私はM氏の部下でした。M氏は器用な人ではありませんでしたが、能力があり、驕りもなく尊敬できる人でした。
どうして無視するのかとT氏に聞くと、「あいつが社長の犬だから」と言います。
T氏がM氏を嫌ったのは、M氏が役職に就いたことがきっかけでした。

社長はかつて好景気に乗って仕事を取り、実績を作りました。しかし人望がありませんでした。
社長とM氏は親戚です。

アウトロー感を売りにしていたT氏は、M氏が役職に就いたのは社長のコネがあるからだと非難しました。
T氏より上の年代の先輩たちの中に、社長に反感を持っているアウトロー一派がありました。一派はM氏や社長の陰口を酒の肴にしていました。

私はアウトロー一派に気に入られ、よく飲みに行きました。そこでM氏や社長の陰口をよく聞きました。
社長は確かに人を尊敬する姿勢が欠けていたので、非難される理由がわかりましたが、M氏への陰口は妬みなのだと感じました。

私はM氏の部下でしたので、一緒に打ち合わせに出たり、泊りがけの現場に入ることがありました。
また、二人で飲みに行くこともありました。そこで度々、T氏との話を聞きました。

M氏はT氏が陰口を言っていることをよく知っていました。
「昔は仲が良かったのにな。なんでこうなっちゃったんだろうな」と寂しそうに言いました。

「俺は社長のコネがあるのは本当だ。社長にも、俺の力で役職に就かせたんだから俺に尽くせと言われてる。親戚の付き合いがあるから、下手に反抗できない。俺の生活もあるし、突っぱねたら仕事を失うかもしれない……」

M氏はT氏やアウトロー一派に目の敵にされていて、大きなストレスを抱えていました。

T氏の話しぶりを思い出しました。T氏がM氏を本当に嫌っているようには思えなかったのです。

オレ様男とI氏、後輩たちの関係

T氏とI氏は会話がありましたが、I氏はT氏を煙たがっていました。
あれをやれ、これをしろ、と指示をしたり、からかってくるのを面倒だと感じているようでした。

同じ年ですが入社が一年遅かったために、T氏はI氏のため口を許しませんでした。

T氏は自分が優位に立とうとする言い方をするため、煙たくなるのはよくわかりました。
後輩も、しつこく絡んでくるT氏を若干面倒臭そうにすることがありましたが、T氏が強引に従わせているようでした。

アウトロー一派に組み込まれる

盆や年末に、T氏とアウトロー一派が中心となり、スノーボードや避暑地のコテージに泊りがけのイベントを企画しました。
そこに私も組み込まれ、T氏を支柱に、私が宿などの手配をするようになっていました。

会社の忘年会の幹事もT氏と私がやっており、社内でイベントごとと言えば私とT氏の名が挙げられるようになっていました。

どんなに仲が良くなっても、M氏の陰口に賛同はできませんでした。
私が「言いすぎではないか。M氏はそんな人じゃない」とやんわりと伝えると、「お前はどっちの味方なんだ」とよく怒られました。
「どちらの敵でもない。双方の味方だ」と伝えました。

男性同士だとここで喧嘩になるのかもしれませんが、私が唯一の女性だったからか「こいつは放っておいても毒にはならない」といった感じでそれ以上責められることはありませんでした。
女性の得が、思わぬ場で現れました。

人間関係の変化

人望が厚かった会長が癌で急逝しました。

社長はアウトロー一派に益々圧力をかけました。
アウトロー一派は怒り、一人、また一人と退社していきました。

行き先は社長に反感を持っている関連会社や、独立した個人会社でした。

T氏の仲間が去っていき、益々私と飲む機会が増えました。

私は当時束縛の激しい彼氏がいましたが、アウトロー一派とのスノボや避暑地に一緒に参加していたため、T氏のことをよく知っていました。
T氏は大丈夫だと安心しているようで、一緒にいることを責められることはありませんでした。(泊りがけのイベントは別部署も参加しているため、女性が複数人います)

オレ様男の口説き方

T氏は目当てだった女性に脈がないと気づき、あるキャバ嬢をターゲットにするようになりました。
T氏は面食いでした。

「俺は貢ぐ男じゃないから、店にはほとんど行かない。個人的に会いたいという連絡を待っているんだ」とプライドが高い発言をしていました。
残念ながら、キャバ嬢からは店に来てという連絡以外、来ませんでした。

「金を落とさない男に、初めから外で会おうなんていうキャバ嬢いないと思いますよ。もっと通って、コミュニケーション取って魅力を知ってもらってからじゃないと、外で個人的に会おうなんて言わないでしょ」と言っても、「昔は美人のクラブのママや、キャバ嬢に言い寄られたことがあったんだ」と繰り返しました。

T氏は40代目前の年になっていました。

「40まで未婚だと、何か問題があるって思われるんだよな……」とよく愚痴を言っていました。

「そのやり方じゃ女は落ちない。上から言うんじゃなくて、正面から気持ちを伝えなきゃ」と言うと「俺は鹿児島の男なんだ。鹿児島では女は男に酒を出し続けるんだ。男はこういうものなの!」と主張しました。

結局プライドが邪魔をして傷つくことから逃げているようでした。

オレ様男と私

社内のイベントや休暇中のイベントの手配がほぼ全て私の仕事になっていました。

雪山を滑るより、家でダラダラしたりゆっくり飲んでいる方が楽しいと気づいた私は「休暇中のイベントに行かない」と言いましたが「お前は俺と居なきゃダメなの!」と却下されました。

休みの日や現場から直帰予定の日にも、約束をして二人で飲みに行くようになっていました。
T氏は私のカバンを持とうとしました。付き合ってもないのに先輩が後輩のカバンを持つなんて不自然です。断りましたが、「いいから」と持たれてしまいました。

「マズイ。長年彼女が居らず、社内でも孤立しかけているものだから、血迷い始めたのかもしれない」と焦りました。私はT氏の好みとはかけ離れています。

彼氏の話しを積極的にして、帰るころには普段のT氏に戻っていました。(もちろん飲みに行くときは割り勘です。M氏にだけは「上司の手当ては部下に奢るためのものだから」と割り勘を断られ、出してもらっていました)

他のアウトロー一派のように転職をしたくても、T氏のプライドの高さから関連会社に「オレをもらってくれ」とは言えないようでした。
T氏が社内で孤立しかけているのをどうにかできないものかと考えました。

M氏との関係の復活

M氏は周囲から尊敬されていましたが、反感を買っている一派もあったために、自分に自信が持てないようでした。

T氏とM氏の双方に少しずつ探るように話しをしていくと、双方とも「関係を修復したい」と言いました。
T氏とM氏の関係が社員に妙な気づかいをさせていたこともあり、これは修復のきっかけを作るしかない! と思いつきます。

双方に、休暇中のスノーボードを一緒に行かないかと持ち掛けると、あっさり実現することになりました。

退社したアウトロー一派には声をかけず、T氏とM氏を応援しているメンバーに声をかけて行きました。

T氏もM氏も緊張が見られましたが、数年ぶりに会話をして、昔話をして笑っていました。
それをきっかけに社内でも会話をするようになり、周囲の社員は驚きました。

アウトロー一派の関係とT氏の孤立

T氏は退社したアウトロー一派と酒を飲む席で、M氏を擁護するようになりました。
アウトロー一派と喧嘩になりましたが、関係が絶たれることはありませんでした。しかし会社が違うため、自然と会う機会が減って行きました。

社内でT氏が唯一仲よくしていた同僚W氏が、精神的病を発症しました。

会社に来ても椅子に座ったまま立ちあがることができなくなったり、出社することも難しくなっていきました。
一部不正が見つかったこともあり、W氏は退社し、療養することになりました。

その頃私は彼氏との結婚の話が持ち上がっていました。
婚約をして、会社の近くから横浜に引っ越しをして同棲を始めました。

その後婚約破棄をするのですが、それまでの10ヶ月あまりは通勤に時間がかかり、T氏と飲みに行かなくなりました。

オレ様男の精神的不調

久しぶりにT氏と飲みに行くと、T氏がメンタルクリニックにかかっていると話しました。気持ちが不安定になるのだと言います。

勤めていた業界はかなり忙しく、営業やデザイナーが精神を病むことは珍しくありませんでした。
幻覚や幻聴で退職し、入院することもあれば、服薬しながら仕事を続ける場合もありました。

T氏の場合は多忙よりも孤立感からくる不安があるように感じられました。

私も当時仕事の多忙と私生活が上手くいかなかったことで、精神的に安定しておらず、満足にT氏の話しを聞くことができませんでした。

私は婚約破棄をして家を出ました。直後に夫と知り合って数か月後にスピード結婚することになりました。

T氏がメンタルクリニックに通ったのは一時的だったようで、その頃はジム通いで体を鍛えてストレスを発散していました。
結婚の報告をすると、少し驚いていましたが祝福してくれました。

以前からの体調の不良が続き、私は退職しました。

手下の退職

退職後はT氏と飲むことがなくなりました。

社内の同僚から「麒麟がいなくなった後、T氏は酒を飲むたびに『麒麟が戻ってくるのを待ってる』と言っている」と聞きました。

「私が離婚して会社に復帰すると思っているのか。(子持ち既婚女性には厳しい仕事です)不吉なことを言うな!」と思う反面、T氏が未だに孤立気味なのではないかと心配になりました。

T氏は私のような手下がいないと、不安なようでした。

オレ様男が社内で孤立する理由

T氏は私が退社したあと、社内のイベントの主催を後輩に引き継ぎました。

T氏とM氏は会話をするようになっていましたが、昔のように遊びに行くほどの仲には戻れませんでした。
後輩や同僚には相変わらず上から目線のことばかり言うので、煙たがられていると聞きました。

仕事も新規を取れるほど好調ではありません。後輩が上司となり、上司はT氏の扱いに困りました。
至る所でT氏と後輩上司が衝突するようになり、T氏は孤立が目立つようになります。

結果的にT氏は一人でいることが増えました。

葬式で再開

アウトロー一派の一人が癌で亡くなりました。
退職してから5年後に通夜でT氏と再会しました。

その間にも私の同期の結婚や、仕事現場のイベントで度々会いましたが、じっくり話す機会がありませんでした。

通夜後に参列していた元先輩たちを含めて、T氏と飲みに行きました。
当時仲が良かったメンバーだったこともあり、嬉しそうでした。

以前と変わらず元気そうでしたが、社内の同僚からは、社内では大人しくなってきたと聞きました。

様子を窺うメールを送ったことがありましたが、ついつい言いすぎてしまい、怒らせてから返信がなくなりました。
T氏は今も会社に在籍していますが、寂しそうにしていると聞いています。

オレ様男の心理と没落

若いときはオレ様男が強く見えるのかもしれません。

女性にモテることもあれば、男性に憧れられることもあるでしょう。
しかし“オレ様”の心理は“自己防衛”や“虚勢”です。

素直な気持ちや弱音を言えず、「強く見せたい」と虚勢を張っていることに、周囲は気がつきます。
オレ様な態度はそのうち“子ども”だと捉えられ、相手にされなくなっていきます。

弱い自分を見せられる強さが、T氏には足りませんでした。
昔の武勇伝に縋ってしまったのです。
それはそれで彼らしいのですが、果たして彼はこんな未来を望んでいたのだろうかと疑問に思います。

不器用な男でした。

 

 

最新情報をチェックしよう!