家中を快適な温度にした高気密住宅の夏の電気代

  • 2020年9月12日
  • 2020年11月16日
  • 家・DIY

築2年弱、34坪の住宅全体を快適な温度に冷やした場合の8月のエアコン代についてお知らせします。

冷房の条件


冷房の条件は以下の通りです。

住宅の概要

築2年弱
34.6坪
木造
吹付断熱
外壁はレンガ積み(レンガ積みの家)


使用条件

大人2名子ども3名(幼稚園から小学生)の5人+猫1匹家族
トイレのドア以外は、住宅内のドアを基本解放(ドアが少ない家です)
玄関ホールがないため、玄関を開けると外気が入る
ガスコンロ
リビング階段
階段付近に小さな吹き抜け一か所


冷房機器

エアコン計3台

一階に18畳用1台(200v)
二階階段上に18畳用1台(200v)
二階主寝室に6畳用1台(100v)

24時間稼働
高齢の猫のため、外出時も全台稼働
数週間に一度フィルターの掃除をするときのみ停止し、一時間程度で稼働

設定温度は一階が26度~27.5度、二階は24度~26度


家のどこにいても快適でした。
強いて言えばトイレが若干暑く感じましたが、極僅かでした。

電気代


我が家はエネオス電気と契約しています。

エネオス電気契約容量

60A


2020年


2020年8月の電気代はこちらです。

対象年月が2020/09になっていますが、8月の電気使用料金の請求が9月になるという意味です。


使用量は693kwh で ¥18303 でした。



……高い。

家中快適でこの金額ならいいんじゃない!?


我が家はコロナの影響があったので、請求額にドキドキします。

2019年比較


2019年8月の電気使用量と請求金額はこちらです。

使用量681kwh  ¥18929 でした。


同じ家なのだから、電気代がほぼ同じなのは当然では? と思われるかもしれません。

実は2019年はエアコンが一台少なかったのです。

2019年冷房機器

エアコン計2台

一階エアコンなし
二階階段上に10畳用1台(100v)
二階主寝室に6畳用1台(100v)


我が家にはエアコンが2台しかありませんでした。


購入して3年の割と新しいエアコンが2台あったため、

勿体ない。家電購入費を節約したい。


こんな思いから旧宅から仮住まいに移った際にも使用したエアコンを新居でも使うことにしました。



しかしいくら高気密高断熱住宅だからといっても、10畳用エアコンに家中の空調を任せるのはあまりに無謀でした。

暑い。二階は涼しいが、一階は扇風機を回していてもじんわり暑い。


快適とは言い難い状態でした。


そして10畳用エアコンはフル回転をし続け、壊れました。


事の顛末はこちらに記載しています☟



一階にエアコンを買い足し、壊れた10畳用エアコンも買い換えました。


容量の小さいエアコン2台をフル回転させるより、大きめのエアコンを含めた3台を余力を持って動かす方が、電気代がほぼ変わらず、快適に過ごせることがわかります。

電気使用量が多いのに安い謎


因みに2019年は681kwh¥18929に対し、2020年が693kwhで¥18303と、使用量が増えているのに請求金額が安くなっています。


☟2020年8月分には再生可能エネルギー発電促進賦課金¥2065が加算されています。


2019年の再生可能エネルギー発電促進賦課金は¥2.95/kwhに対し、2020年5月からは¥2.98/kwhに値上がりしています。
それにも関わらず、金額が下がっているのは何故なのでしょう?

再生可能エネルギー発電促進賦課金とは

「再生可能エネルギーの固定価格買取制度」によって電力会社等が買取りに要した費用を、電気のご使用量に応じて、電気料金の一部として、電気をご使用になるお客さまにご負担いただくものです。
再生可能エネルギー発電促進賦課金単価は、毎年度、経済産業大臣によって定められ、毎年5月分から翌年の4月分の電気料金に適用させていただきます。

https://www.kepco.co.jp/energy_supply/energy/newenergy/about/learn/qa2.html


燃料費調整額


明細を比べてみました。


燃料費調整額で2019年に比べ倍以上の額が値引きされていたからでした。

燃料費調整額とは

燃料費は経済情勢(為替レートや原油価格等)の影響を大きく受けることから、電力会社の経営効率化の成果を明確にするため、燃料費の変動を迅速に電気料金に反映させる制度です。

https://kepco.jp/ryokin/seido/


今年はガソリンが安かったから、その影響もあるのかもしれない。


原油価格は、新型コロナの影響で落ち込んだ経済活動の再開に伴う原油需要の回復見通しを背景に、大きく値を戻してきました。OPECが公表した8月月報では、2020年の世界の石油需要見通しがやや引き下げられたものの、相場の反応は限定的でした。
今後は主要産油国の協調減産の動向に加えて、世界で歯止めがかからない新型コロナの感染拡大の動向や、原油価格が40米ドルを上回ってきたことで採算が改善するシェール企業を中心とした米国の原油生産の動向などが注目されます。


来年新型コロナの影響がおさまっていれば、為替や原油価格が変動し、電気代も上がるかもしれない。


昨年ベースの金額に合わせれば、今年は¥1200程度上がるかもしれなかったということです。

月に2万円の電気代は痛いな。


エネオス電気にねんとく²割


来年はエネオス電気にして3年目になります。

エネオス電気の「にねんとく²割」に入ると、1、2年目は

1~2年目:0.20円(税込)割引【1kWhあたり】
https://www.eneos.co.jp/denki/benefit/longuse.html

☝この割引があり、3年目以降は

3年目以降:0.30円(税込)割引【1kWhあたり】
https://www.eneos.co.jp/denki/benefit/longuse.html

ちょっとだけ割引率が上がります。

ちょっとだけど、ちょっとでもあるのは嬉しい。
割引率を数倍上回る再生可能エネルギー発電促進賦課金の値上がりがあるだろうけど。

家中を快適な温度にしているから、何を取るかじゃない?
節約するなら不便を感じるのは仕方がないし。
俺は快適な方がいい。

そうねぇ。生きるってお金かかるなぁ。


快適な暮らしを選んだのだから、電気代が高いのは仕方ない!!


という結論に至りました。


あとは、稼ぐしかないですね。

最新情報をチェックしよう!