知的障がい者から性被害を受けた私が親になって思うこと

私が知的障がいを持つ男性から痴漢を受けた時から親になった今までのことを記しています。

オブラートに包むと書く意味がないので、敢えて当時の感情のままに記します。
不快になられる方もいると思います。ご了承ください。

知的障がい者から痴漢をされる

私が大学生のころ、深夜のビジネスホテルのフロントバイトをしていました。

関連記事

地方都市のビジネスホテルで4年間、深夜のフロントアルバイトをしていました。観光地という立地でしたが、夜は暴力団関係者などの危ない人たちが動く、危険な街でした。働いていたのは15年ほど前になります。ホテルはその後別事業のコスト返済が回らな[…]

朝8時ころに家の最寄駅に帰り、ロータリーに停まっている出発待ちのバスに乗り込みます。

バスは無人でエンジンも止められています。
出発待ちの客のためにロータリーにバスを停め、後方の乗り込むドアを解放し、降り口である前方のドアを閉めて運転手は出発直前まで待機所で待っています。

出発まで10分弱の間、車内で待つのが恒例でした。
大抵は私一人が乗っていて、出発直前でバスルートの途中にある障がい者就労支援施設に行く人たちが4、5人と、サラリーマンが数人乗り込み出発します。

その日もいつものように眠い目を擦りながらバスに乗り込み、乗り込み口に近い車内後方にある二人掛けの席に座って出発を待っていました。

すると一人の男性が乗ってきました。
こんな早い時間に珍しいなと思っていたら、私の座る椅子に向かって体を密着させるように立ちました。

男性が障がい者就労施設の人であることはすぐにわかりました。
以前にも何度も見たことがありましたし、障がいのある方独特の身なりに構わない服装をしていました。

男性が何歳なのか正確には知りませんが、30歳くらいに見えました。
体が大きく、太っていました。

その男性が逃げ場を塞ぐように立ちはだかり、私を向いてズボンと下着を下ろし、私を凝視しながら自慰行為を始めました。

心臓がバクバクと音を立て、吐き気と恐怖心で一杯になりました。
顔を背けてどうするべきかグルグルと思考を巡らせました。

この痴漢行為に逢ってから18年近く経ちますが、今書いていても吐き気がしますし、手が震えます。それほど嫌な記憶です。

触れては来ませんが、限りなく体を寄せてくることから、私を対象にしていることは明らかでした。
男性は私が逃げないように乗り込み口を背にし、私の座る椅子の入り口を塞いでいるのだとわかりました。
運転手が来ないことも、他に乗り込む人がいないことも分かっていて行動しているのです。


気持ちが悪い気持ちが悪い。
怖い怖い怖い!

抵抗したら、逃げようとしたら何をされるだろう。もっと酷いことをされる?
首を絞められたりする?

怖い!

男性の息遣いが荒くなり、汚されるのではないかと吐き気がしました。
意を決して立ち上がると、ボタボタと精液を垂らすのが視界に入りました。
私が立ち上がったことでたじろぎ、一歩下がった男性の横をすり抜け、車内前方に走りました。

本当はバスから降りたかったのですが、そのためには男性の身体に触れなければいけませんでした。

怖くて後ろを振り返ることができません。

今男性はどうしているのか? また私の横に来られたらどうしたらいいのか?
警察に電話をすることは考えられませんでした。逆上されたらどうしようという恐怖心が勝ちました。

シンと静まり返った車内に、障がい者就労施設の女性達が乗り込んできました。
女性達も障がい者でしたが、同じ女性が乗ってきてくれたことにホッとしました。

それでも後ろを振り返れません。
もし私を凝視していたらどうしようと考えると、身動きが取れなくなっていました。

運転手と一般客も乗り込み、バスが出発しました。
運転手のすぐ後ろの一人席に座り、身を縮めていました。

障がい者就労施設に着きましたが、降りていく中に男性の姿がありません。

え。まさか私の跡をつけたりしないよね??

怖くなり、家の最寄ではないバス停で下車し、周囲を警戒しながら帰りました。
男性の姿はありませんでした。

知的障がい者への正直な気持ち

消えてほしい。
自制が効かないなら、一人で行動させないでほしいと思いました。

脳に障がいがあっても動物としての本能が最後まで残ってしまう。それでもし本当に子どもができてしまったら、遺伝的に障がいが継がれてしまい、人間は理性を失ってしまうのでは? と考えました。

私が将来子どもを身ごもり、お腹の子に障がいがあるとわかり、男の子だったら絶対に産めないと思いました。
私のような被害者を出してはいけない。責任が取れないと考えました。

(この時の正直な気持ちです。今の私には先天的な難病を抱えた子どもがいますし、親になって考え方は変わっています。)

性犯罪を警察に通報するか、周囲に相談

一人暮らしをしている部屋に帰り、泣きました。

怖い。気持ちが悪い。もうあのバスには乗れない。

それから一度もそのバスに乗りませんでした。

どうすればよかったのだろう。
警察? 相手が障がい者だと罪に問われないと聞いたことがありました。
それでは野放しじゃないか! おかしい!
次の被害者が出ることを社会が容認しているようなものです。
何でそんなに守られてるの? やられるがまま耐えなければならないの?

思考がグチャグチャになりました。

親に相談すると、母は、

へー。それは嫌だねえ。

と珍しく理解を示してくれました。父は笑いました。

それは麒麟が悪いよ。そういうことしちゃダメよ!って怒らなきゃダメなんだよ。
警察に言っても、そうですかー。で終わりだよ。無駄無駄。

と言われ愕然としました。

私がいけなかったの? 何で?

私も両親が共感に薄い人だとわかっているのだから聞かなきゃいいのに、不思議なことにいつも期待して、ついつい頼ろうとして勝手に裏切られた気持ちになってしまうんですよね。おかしな話です。

知的障がい者ボランティア経験者の話し

父の言葉にショックを受け、高校の先輩の話しを思い出しました。

男性の先輩二人は、障がい者が暮らす施設にボランティアとして参加した経験がありました。(※施設入居者と就労支援に通う方たちでは状況が違いますが、連想して思い出したということです。)

一人は継続して通っていました。先輩たちは、

正直人間だと思えない。というのが正直な感想なんだよね。

と言いました。私は障がい者施設に行ったことがありませんでした。

そんなこと言うなんて酷い。なんでボランティアに行っているんですか?

と聞きました。

社会に必要だと思うから行くんだよね。初めて行ったときはショックだった。俺も麒麟みたいに、「こうであってほしい。」という理想が強かった。でも全く違った。施設で働く人も、入居者を大人として扱わないと言ってるよ。赤ちゃん扱いというか。そう思わなきゃ神経がもたない。でも入居者の家族にとって必要な場所なんだよ。家族や社会を助けるためにボランティアに行くんだ。将来障がいを持つ人のために働きたいと思っていたけど、正直なところ覚悟が揺らいでるんだよね。テレビなどのメディアは綺麗ごとばかり取り上げるから知られないけど、実情はこうなんだと思う。

先輩たちの話しを聞いて、「そういう世界があるのか。」と思いました。
私は現場を見たことがなかったし、先輩の話しを聞いて、行くのが怖いとも思いました。私には覚悟がありませんでした。

誤解がないように記しますが、先輩たちは津久井やまゆり園で事件(相模原障害者施設殺傷事件)を起こした植松聖のような思考ではありません。現実を受け止め、施設の必要性を訴えていました。

障がい者から逃げたい

一口に障がい者と言っても、障がいの内容や重さは様々です。施設で暮らす方たちと、就労支援施設に自分で通うことができる方たちとでは違います。また、自分で学校に通い学習ができる発達障がい児とも違います。

就労支援施設に通うことができる人でも、本能の制御が難しく痴漢をします。状況の判断もできてしまいます。

一般と言われる人の中にも自制が効かず性犯罪を犯す人はいますので、個人の問題なのでしょうか。しかし知的障がい者の性処理が問題となっていますので、傾向は強いと想像します。


色々な思考が回りましたが、痴漢に遭った時の私は「障がい者と関わりたくない」という思いが強く残りました。

知的障がい者を否定した私が親になる

結婚後、程なくして妊娠しました。

障がいの検査は受けませんでした。
お腹にできたとわかった時点で愛おしく、守るべき存在となりました。
羊水の検査には流産のリスクが伴います。もし障がいがわかった場合に堕胎する覚悟を持つこともできませんでした。

無事に子どもが生まれ、初めて抱いた感情は「こんなに可愛い生物がいるのか」でした。

第一子である長女は手がかかりました。

発達障がいを何度も疑いました。

私の友人が子どもを産み、発達障がいがわかり、よくよく調べると友人も発達障がいだったということが数件ありました。自閉症やADHDなど診断結果は様々でした。
個性豊かで面白い友人達です。魅力的な絵や考え方がとても好きでした。

定型に嵌めたがる日本で暮らすのは息苦しいかも知れません。親は大変だと思います。でも唯一無二の個性を羨ましいと感じていたので、決して悪いことばかりではないと思いました。

私が友人たちと同じ立場になる可能性は十分にありました。友人たちが悩み受け入れる姿を見て応援したいと思いました。そして重い障がいを持つ子の親の気持ちを考えるようになりました。

長女は手がかかりましたが、どこまで行っても可愛いのです。障がいがあったとしても切り捨てられるものではありません。責任もあります。
すべてをひっくるめて背負おうとするのが親なのだと思いました。

障がいを免罪符にしてはならない

どんな障害であれ、人を傷つけ、性を侵害することを許してはいけません
それを許せば、必ず軋轢が生まれ、かつての私のように障がい者を否定することに繋がりかねません。

被害を抑えるために、当人や親たちだけの努力ではどうにもならないことを、社会が支える必要があると考えます。それは罪を「許されて当たり前」のことにするのではなく、「罪は罪として認める」ことから始まります。
残念ながら、あまりに性への執着が強い場合は一人で行動させてはいけないし、そうでない場合にも周囲への理解を求める必要があると考えます。

障がいを持つ人が痴漢をしそうになった時、「ダメだよ!」と言って本当に効果があるのでしょうか? 私は男性に障がいがあることはわかりましたが、どういう人なのか全くわからず、それが恐怖の源でした。

例えば「私は耳が聴こえません。」と表示するバッジがあるように、「いけないことをしたらダメだと言ってください。」とバッジを下げてくれれば、できることはあるように思います。

叱り方に工夫が必要だったり、個人差や人権の問題から難しいでしょうか。


私にできることは何ですか。

難しい。

最新情報をチェックしよう!