ぎっくり腰で救急搬送、入院の実例と、ぎっくり腰で家庭内事情がバレてしまった不幸な話

突如起こるぎっくり腰。

痛い。動けない。なにこれ、どうしたらいいの? と戸惑います。

 

〇 病院に行った方がいいの?
〇 救急車は呼んでいいの? ダメなの?
〇 これだけ痛いと家に帰っても何もできないし入院したいんだけど、できるの?
〇 そもそもどうしてぎっくり腰になるの?
〇 対処法はあるの?

 

酷いぎっくり腰を起こして大騒動になったうえ、家庭内事情まで広まってしまったある男性の例を元に、これらの疑問の答えをお知らせします。

ある男性の悲劇

ある会社の男子更衣室で事件は起きました。

40代男性が床に落ちた靴下を取ろうと手を伸ばした途端、グキッ!! と激痛が走り、そのまま体を動かせなくなりました。

その直後に続々と同僚達が入って来ました。

妙な体勢のまま固まっている男性を見た同僚たちは、「もしかしてぎっくり腰やっちゃった!?」とからかいだします。

痛いー。」とか細い声を出し、一向に動かない男性。見かねた同僚がベンチに寝かせようと手を貸しますが、「痛い痛い痛い!!」と叫ぶばかりで動きません。

事態の深刻さを実感した同僚たちが4、5人がかりでベンチに横たわらせました。

仕事前でしたが、当然仕事をできる状態ではありません。しかし帰宅することもできません。

「奥さんに迎えに来てもらえば?」と聞かれると、「妻には頼めない。」と言います。歩くこともできないので、一人でタクシーで帰宅することもできません。
そのまま安静にしていれば多少動くことができるかもと考え、同僚に鎮痛剤のロキソニンをもらって服用し、数時間ベンチに横たわっていました。ぎっくり腰経験者の同僚が「痛みは炎症によるものだから冷やすといい」と言い、あて布をして腰を冷やしました。

しかし一向に痛みが治まりません。

お昼休みになりました。
同僚が社内で昼食を摂る中、彼は更衣室のベンチで横になり続けていました。

同僚たちは「日当たりの悪い更衣室で寝続けるのは寂しいだろう。」とベンチごと持ち上げ、男性をオフィス内に運びました。

「痛い! 動かすな!」と絶叫する男性の声が響きますが、同僚たちに助けてもらいながら昼食を何とか食べることができました。

「このまま寝ていてもどうにもならないから、奥さんに迎えに来てもらえるよう電話しようか?」と上司が持ち掛けると、「電話はしないで!」と頑なに拒否します。

彼は結婚して2年ほどで、子どもがいない家庭でした。

「なんでこんな拒否するんだ?」と上司と同僚たちは疑問に思いますが、男性の必死さに、誰も突っ込んで聞くことはしませんでした。

あまりの痛がり方に、「別の病気があるかもしれない。どちらにしろこのままにしておくわけにいかない」と、上司が仕事を抜け出して病院に連れて行くことにしました。

しかし同僚たちが手伝っても、歩くことはおろか立つことも身を起こすこともできず、ベンチに寝かせたままではエレベーターに乗れず、社屋を出ることもできませんでした。仕方なく、「救急車を呼ぼう」と上司の判断で救急要請をすることになりました。

救急車が到着し、搬送されて行きました。

搬送先は総合病院でした。
何とかレントゲンなどの検査を終えました。診断はやはりぎっくり腰で、炎症が治まり徐々に回復していくのを待つしかないので、帰宅するように言われました。

しかし依然として歩けませんでした。
非常に痛がり、診察室を出てすぐのベンチに横たわり続けました。

手洗いに行きたくなっても我慢をしました。

搬送後どうなったかを心配した上司が電話をすると、男性はまだ病院のベンチに横たわっているといいます。診察を終えてから4時間以上そこに寝続けていました。

「奥さんを呼んで助けてもらえよ」と言っても、「それは無理」と言います。「なんで。仕事か?」と聞いても、「違う。仕事ではない。でも家には連絡しないでくれ。」を繰り返しました。

電話のやり取りを聞いていた同僚達が皆一様に、「なぜそこまで連絡を拒むのか。これは何か裏があるな」と思います。

仕方なく上司が病院に行き、家に送ることを提案しました。上司が家に来ることさえ男性は拒んでいましたが、それどころじゃないだろうと言いかけたところで、病院のスタッフが男性に声をかけました。

「通常はぎっくり腰で入院することはありませんが、あまりに動けない状態なので特別に入院を許可します。明日退院してお帰りください。」

男性は非常に喜びました。痛み止めや尿管などの処置がされ、やっとベッドで横になることができました。

翌日、まだまともに動けないものの、タクシーを呼んで一人で帰宅しました。その後一週間ほど仕事を休みました。その間、奥さんが男性の面倒を見ていたのかは誰も知りません……。

 

結婚したばかりだよな? 不仲なのかな。

 
 

あいつ自分のこと話さないんだよな。でもあれだけ頑なに拒むっておかしくない?

 
 

実は結婚自体が嘘だったりして。

 
 

奥さん外国人だって言ってたよ。

 
 

店の子? 国に帰られちゃったか?

 
 

偽装結婚?

 

噂は膨らみますが、誰も真相を知りません。なぜなら、本人が頑なに口を閉ざしているからです。

 

「本人が言いたくないなら、これ以上追求するのはやめよう。」

 

と言いながらも、同僚たちはそれぞれに想像を膨らませました。

この一件で分かったことがあります。

分かったこと

〇 ぎっくり腰で救急車を呼ぶ場合がある
〇 一般的には対象外だが、入院が可能になることがある

〇 ぎっくり腰を起こした男性の夫婦関係には、何か問題がある

 

この男性の話しを聞いて、私は疑問に思いました。

 

ぎっくり腰で救急車って呼んでいいの?

 

 

ぎっくり腰で救急車を呼んでいいの?


私はかつて、「救急車を安易に呼んではいけない」と思うあまり、夫を危険な状態に陥いらせたことがあります。

 

救急要請を躊躇い、危険な状態に陥った時の記事

 

救急車を呼ぶ基準


結論として、救急車を呼ぶべきかそうでないかは「場合によります」

 

それじゃわからないよ!!

 


という方が殆どだと思います。

その場合は医療相談窓口に連絡するか、こちらを参考にしてください☟

 

東京版救急受診ガイド

 

こちらは東京版ですが、救急要請に適しているかどうかに、それほど地域差はないと思われます。

症状をタップして進んで行くと、救急要請が必要かそうでないかの目安が出てきます。

受診ガイド例


例に挙げた男性の場合を当てはめるとこのようになります☟(スマートフォン画面)

当てはまる項目をタップします。

当てはまる項目をタップします。

多数の選択肢の中から、症状に当てはまる項目をタップします。

当てはまる項目をタップしていきます。

救急要請お勧めの診断結果が出ました!!



こちらのガイドによると、男性は「救急要請対象者」であったことがわかります。

 

呼んでよかったんだ。

 


人の手を借りられる。痛みがあっても歩くことができる場合は、下記のような表示がされ、自力で受診するよう呼びかけられています。

 

ぎっくり腰で入院

 

 

椎間板ヘルニアなどの手術が必要になる腰痛で入院になることはあっても、ぎっくり腰で入院することなんてあるの?

 


男性は「通常はぎっくり腰で入院することはありませんが特別に」と前置きをされて入院することになりました。

こんなことは珍しいのでは? と調べてみると、その他の腰痛に比べると頻度が下がるものの、「ぎっくり腰による入院はある」ことがわかりました。

ぎっくり腰になると整形外科にかかりますが、入院設備がない個人病院が多く存在します。

物理的に入院ができない。
総合病院に転院してまで入院するほどの症状でないことが殆どのため、入院の件数が少なくなっているようです。


入院は1日から4日程度が一般的です。

ぎっくり腰の正体は


ぎっくり腰は通称であり、正式名称は「急性腰痛症」と言います。

痛みが現れるきっかけは様々あり、重いものを持った時、腰を捻った時などの印象が強い方が多いと思いますが、屈んだ時や、横になって寝ている時に起こることもあります。


なぜ突然痛みが走るのかについて、日本整形外科学会ではこのように説明されています☟

痛みの原因はさまざまで、腰の中の動く部分(関節)や軟骨(椎間板)に許容以上の力がかかってけがしたような状態(捻挫、椎間板損傷)、腰を支える筋肉やすじ(腱、靱帯)などの柔らかい組織(軟部組織)の損傷などが多いと考えられます。

日本整形外科学会

 

〇 姿勢が悪い
〇 座りっぱなしの仕事をしている
〇 足を組む癖がある(腰骨の歪みがある)
〇 運動不足で体が硬くなっている


このような負担が、ある日突然「ぎっくり腰」になって現れます。

一口に腰痛と言っても、「ぎっくり腰」だと思っていたら、違う病気が隠れていることがあります。

下肢に痛みやしびれがあったり、力が入らないなどの症状があったりするときには椎間板ヘルニアや腰部脊柱管狭窄症などの病気(疾患)の可能性があります。
がんが転移して弱くなった背骨の骨折(病的骨折)や、ばい菌による背骨や軟骨(椎間板)の化膿など重大な原因が潜んでいることも時にあります。

通常ではない強い腰痛のときは整形外科を受診して正しい診断を受け、手遅れにならないように注意する必要があります。

日本整形外科学会

 

 

接骨院や整体にかかる前に、整形外科で診てもらうことをお勧めします。

 


整形外科でぎっくり腰と診断されたら、大抵の場合は湿布や痛み止めを出されて終了です。

ぎっくり腰の対処法


ぎっくり腰になってしまったら、どのような対処が有効なのでしょうか。

ぎっくり腰を起こしそうになったら

 

 

夫は姿勢が悪く、足を組む癖もあるため、度々ぎっくり腰を繰り返しています。

 


何だか腰の調子がおかしい、と思ったら、ぎっくり腰を起こす前にかかりつけの整体にかかって骨格のメンテナンスをしてもらっています。

 

大抵はそれで腰痛がなくなる。

 


整体師からは、このようにアドバイスを受けています。

 

歩くといいよ。腰痛やぎっくり腰予防には歩くのが一番。
ぎっくり腰で炎症を起こす前なら、運動で体を動かし、適度な筋肉をつけ、風呂で体を温めて柔らかくするといい。

 


実際、ウォーキングやランニングをしていた時は腰痛が減っていました。

しかし寒くなってくると面倒になりやめてしまいます。その上忙しくて整体に行けない期間が長くなると、ぎっくり腰を起こしてしまいました。

自宅の対処法


痛みが強いうちは炎症が強いため、炎症を広げないために患部を冷やします。
氷嚢か、ない場合には保冷剤や袋に詰めた氷を使います。

 

凍傷にならないよう、ティッシュを二枚重ねるか、薄いガーゼ生地を一枚挟んで患部に当てるのがお勧め

 

と整体師にアドバイスをもらい、実行しています。

※痛みが酷いうちは、お風呂に浸かって温めることはしないでください。

安静にし過ぎるのは逆効果


かつては痛みが治まりきるまで安静にしておくように言われていましたが、現在は動くことが推奨されています。

安静にしていることで腰痛と関係が深い「背筋」が衰えてしまい回復に時間がかかることがわかってきたためです。



NHKの健康CHではこのように勧めています。

健康CHぎっくり腰

発症から2~3日後に痛みがやわらいだころから、多少の痛みを我慢して、動かせる部位は積極的に動かすようにしましょう。

https://www.nhk.or.jp/kenko/atc_558.html

 

 

 

痛いのに動くのは辛いね。

 
 

一度ぎっくり腰を起こすと、脳が痛みを覚えているから怖くなって、動きたくなくなるんだよね。でも動かないと回復が遅くなるのは実感してる。

 

 

まとめ

 

〇 強い痛みで動けない場合は救急要請してもよい。
〇 整形外科にかかりその他の病気が隠れていないか調べる。
〇 炎症が強いうちは患部を冷やし、その後は痛みを多少我慢しながら動くとよい。

 

 

動くといいのは驚きだったわ。

 
 

ぎっくり腰は繰り返すから厄介なんだよね。

 



例に挙げた男性は一週間で職場復帰し、様子を見ながら二週間後には元の業務に戻ることができました。
彼の奥さんの正体は、未だに不明です。





 

 

最新情報をチェックしよう!