究極のラーメン鉢・お祝いにも自分使いにもおすすめの品

私が結婚のお祝いにもらって一番嬉しかったのが、今回紹介する「究極のラーメン鉢」です。

結婚のお祝いを贈る側にも、贈られる側にもなったことがあります。
もらうものとして多いのが、グラス、ビアグラス、ワイングラス、湯沸かしポット、写真立てでした。
今は炊飯土鍋なども人気ですね。

もちろん何をいただいても嬉しかったのですが、贈られたものが重複してしまい、使わないまましまわれることがしばしばありました。

しかし、究極のラーメン鉢が被ることは滅多にありません。
被らず喜ばれるお勧めの品として、「究極のラーメン鉢」をご紹介します。

究極のラーメン鉢とは

究極のラーメン鉢とは、有田焼で有名な佐賀県の13の窯元が生産しているラーメン鉢の商品名です。

究極のラーメン鉢の誕生

究極のラーメン鉢は2004年3月にNHKで放映された「おーいニッポン・私の好きな佐賀県」の「とことんプロジェクト」企画で生まれました。

舞台は2003年、NHKが有田商工会議所に企画を持ち掛けたことから始まります。「有田ならではのプロジェクトを立ち上げ、その過程を放映したい」というものでした。
NHKとの打ち合わせを進め、有田の窯元二世が集まる陶交会が挑戦することが決まりました。

それまで市場にはラーメン鉢というものはなく、どんぶり鉢で代用されていました。
「有田ならではのラーメン鉢のニュースタンダードを作る」をテーマに、数ヶ月をかけ14名の男たちの手によって研究が進められました。

作り手に「有田焼はこうあるべき」という先入観があったことに気づき、払拭します。主婦や子どもたちプロまでが使いやすい鉢を目指し、試行錯誤が続けられました。日清食品や横浜ラーメン博物館の協力の元、使い手の便利に拘って誕生したのが「究極のラーメン鉢」です。

フォルムや大きさは全て統一の上、13の窯元でそれぞれが得意とする釉薬や絵付の技法が施され、販売されています。

究極のラーメン鉢の構造

究極のラーメン鉢はその名の通り「究極」に研究されています。

① 全高80mm片手で持ちやすい。
② 高台高(器の土台の高さ)13mm。手に持った時に熱くない。高台内に窪みがあり洗いやすい。
③ 高台径(器の土台の広さ)85mm。安定感がある。
④ 口径180mm底内径110mm。麺の収まりがよく冷めにくい。皿を重ねやすい。
⑤ 重量450g~500g従来品より1割の軽量化。
⑥ 渕が薄く、口当たりがよい。

おすすめポイント・渕の薄さ

我が家の「究極のラーメン鉢」です。
何の変哲もないように見えるかもしれません。

しかし手に取るとわかります。
フォルムが本当に綺麗です。そして……。

この渕の薄さがまたいいのです!!
私が「究極のラーメン鉢」で最も気に入っているのがこの渕の薄さです。

レンゲを使わずに口に当てる時に、とても「気持ちがいい」のです。

渕の薄さは1~2mm程度といったところでしょうか。

おすすめポイント・重さ

450g~500g程度で重くありません。

日常的に家族の料理をされる方にはわかっていただけると思いますが、汁物を入れるとただでさえ重いのに、どんぶりも重いと食卓まで運ぶのが大変です。危なくて子どもに手伝いを頼むこともできません。

かつてはどんぶりを使っていたのですが、「究極のラーメン鉢」をもらってからは、ラーメンもうどんも浸け蕎麦もこの鉢を使うようになりました。

おすすめポイント・熱伝導と丈夫さ

薄いと欠けやすいのでは?
器が熱くて持ちにくくなるのでは?

と思われると思います。

もう10年以上使用していますが、他のどんぶりなどと同じように扱っていても欠けなどは見られません。
また、ほんのりとした熱さは伝わりますが、熱くて持てないという経験はありません。

それは有田焼の特性にありました。後述します。

究極のラーメン鉢レンゲの構造

究極のラーメン鉢にはセットで開発されたレンゲがあります。

① 緩やかなカーブで手に馴染む。
② 究極のラーメン鉢の底にフィットするカーブ。
③ 全長150mm~160mm持ちやすいサイズ。
④ 究極のラーメン鉢の渕に掛けられ、鉢底に沈まない構造。
⑤ 渕が薄く、口当たりがよい。
ラーメン鉢と同様に、薄い口当たりが心地いい品です。
スルっとスープが口に吸いこまれるのがいいんです。
ワイングラスなどでも実感しますが、渕の薄さは食器の品を演出します。

究極のラーメン鉢とレンゲの組み合わせ

このフィット感が絶妙です。

フォルムも美しいです。
渕は白く透き通るように見えます。

有田焼とは

そもそも有田焼ってどんな焼き物だっけ? という方に有田焼について紹介します。

佐賀県の有田町とその周辺で焼かれている陶磁器を有田焼といいます。
日本国内で最初に作られた磁器として有名です。
皇室への献上品として用いられていた歴史があります。

有田焼の歴史

有田焼の始まりは江戸時代より前に遡ります。

全国統一を果たした豊臣秀吉が朝鮮出兵を命じた際、陶工の李参平(りさんぺい)を連れ帰りました。
李参平は佐賀県で磁器づくりを始めます。優れた白磁石という原料を探し求めた結果、有田町に行きつき、日本初の白磁を焼き上げました。
これが有田焼の起源と言われています。

有田焼と伊万里焼は同じもの

有田焼の名称は明治以降に広まりました。
それまでは伊万里焼と呼ばれていました。

有田焼も伊万里焼も佐賀県有田町で焼かれている同じ磁器を言います。当時肥前藩内であった現在の長崎県と佐賀県で焼かれた磁器は伊万里港から出荷されていたため、全て伊万里焼と呼ばれていました。鉄道による運搬が行われるようになると、伊万里港を経由しなくなったため有田焼と呼ばれるようになります。

有田焼の特徴

有田焼は薄くて軽い特徴があります。

そのため割れやすいのでは? と思われがちですが、実は耐久性に優れており、陶器よりも丈夫です。
また、なめらかな手触りが魅力です。

究極のラーメン鉢の渕が薄いのに欠けないのは、有田焼が丈夫だからなのですね。

究極のラーメン鉢をお祝い品にすすめる理由

冒頭でも書きましたが、私が結婚祝いにいただいた中で一番重宝しているのが、この「究極のラーメン鉢」です。

お祝い品として食器やグラスが贈られることがよくありますが、ラーメン鉢は定番から外れているため、他の人と重複することが少ないでしょう。

ラーメン鉢は使用頻度が少ないのでは? と思われる方がいるかもしれません。確かにナルト柄が入っているような鉢ですと使用が限られますが、この鉢は定番のラーメン鉢とは違うフォルムやデザインのため、ラーメンに限らずうどんや蕎麦、親子丼などでも使用することができます。

欠けにくく丈夫な有田焼なので、「割れる、欠ける」などとは縁のない縁起物とも言えます。

そして「究極のラーメン鉢」というネーミングにインパクトがあります。

「結婚の祝いに究極のラーメン鉢を贈ったから」と贈り主から聞いたとき、「究極!? なにそれ!?」と興味を引かれました。包みを開けると品のある美しいフォルム、その上使いやすかったため、「なにこれ凄くいい!」と感動したのです。

〇 お祝いお品として重複しにくい
〇 被ったとしても重ねやすい作りのため場所をとらない(私は究極のラーメン鉢なら被ってもいいから欲しい)
〇 丈夫で縁起がいい
〇 美しいフォルムで高機能
〇 ラーメンに限らず他の料理で使用できる
〇 インパクトのあるネーミングで印象に残りやすい

究極のラーメン鉢が購入できる店

楽天・Amazon

私が頂いたのはシンプルな無地の鉢でした。
しかしほのかに青く透き通り、非常に綺麗です。

他にも様々なデザインがあります。

☝これらはレンゲとセットのものと、そうでないものがありますのでご注意ください。

ふるさと納税対象商品

多数のふるさと納税対象商品があります。


AA10-156【ふるさと納税】究極のラーメン鉢 ルリ釉(レンゲ付) まるぶん


【ふるさと納税】MB20031R 有田焼 究極のラーメン鉢『日出国(ひいずるくに)』


【ふるさと納税】MB20035R 有田焼・人気!究極のラーメン鉢 金プラチナ巻(ペアレンゲ付)

有田焼まるぶんオンラインストア

こちらでも購入ができます☟

☆ まるぶんオンラインストア

贈り物にも自分使いにも

贈り物に最適です。

そして自分使いにもおすすめです。

一生モノのラーメン鉢はいかがでしょうか。

 

 

最新情報をチェックしよう!