テストの点がとても悪い!小学生の対策

テストの点数が取れない小学生

それは長女が小学校二年生のころの話です。

しぶしぶ見せられた国語のテストが50点でした。
100点満点のテストです。

一年生の終わりに受けた全国学力学習状況調査では、算数のテストが0点。
もちろん理解度0%という結果でした。

放置できる状態ではなかったため家で教えると、理解するようになりました。

一年生の時は担任の先生が非常に厳しく、娘は好かれていなかったこともあり委縮、混乱していましたので、そのせいかと見守っていました。

そして国語は算数より点数が取れていましたので、放置していました。

お受験をして入るような私立の学校ではなく、ごく普通の公立小学校です。

得意不得意はあるし、運動神経がいいし、まだ低学年ということもあり長い目で見ようと考えていたのですが、何がそんなに難しいのか知りたくなりました。

点数が取れない理由

「間違えたところは、なんで間違えたかわかった?」と聞くと、「わかったよ」と即答されました。

「先生がテストに丸つけたあとみんなに戻して、正しい答えを教えてくれたから」と言います。

それにしてもなぜ間違えたかが疑問だなあと思った私は、以下のように聞きました。

私:「3の問いが無回答だったのはどうして?」
長女:「意味が分からなかった」

私:「問題文には①ではどのように書いていますかって書かれてるけど、①がどこかわかる?」
長女:「……わからない」

私:「6は全部間違えてるけど、どこの文に書いてあるかわかった?」
長女:「わからない」

なるほど。
もしやおぬし。文章を読んでないな?

点数が取れない原因・文章を読んでいない

ここで発覚しました。

我が娘は問題文のみを読み、表題となっている文章を殆ど読んでいなかったのです。

なんとなく目線を動かし、たまたま目についた箇所を書き込んでいました。
目につかなかった場合は、適当に書くか、無記入としていました。

大学受験では、問題文から読むのも戦略の一つかもしれません。

しかし小学校低学年には、オーソドックスなやり方を学んでいただきたい!

問題文を読むことから始める

私:「いいですか!?まず、ここに、『読んでこたえましょう』と書いてあります。まず、これを読みましょう!!」
長女:「えへへ」

私:「するとどうですか。読もうとすると、すぐにあなたの見つけられなかった①が書いてあるね」

長女:「本当だー」

でしょう!?

しかしこの後もいくらかマシになったものの、文章を読まずに的外れな答えを書くことがありました。

算数も問題文をろくに読まず、思い込んで計算していることが多々ありました。

それでも徐々に読むようになり、点数が上がっているのでよしとし、褒める作戦を続けていました。

担任の先生の見解

二者面談がありました。

二年生の担任の先生は適度に適当で、愛があり、長女はのびのびと生活をしていました。

リーダーシップがあり、周囲に気を配れて活発で明るくて、とお褒めの言葉に続き、作文が苦手という話しがありました。

長女は学校から自発的によく本を借りてきているものの、あっという間に読み終わっていました。
実は文章の上を目が滑っているだけで、内容が入っていないのではないかと感じていたのです。

テストも同じように「読んだ気になっている」のではないかと心配でした。

私:「テストの点数が良くなくて、子どもに確認していたら、文章を読まずに答えを書いていたことがわかりました。それがわかってからは話をして、少しずつ読むようになっているようなのですが、気が散漫で非常に不注意です。大丈夫なんでしょうか」

担任:「大丈夫ですよ。二年生まではそういう子がいるんです。
三年生からできることできない子の差が出てきますから、今は心配せずに見守っていてください」

私:「そうなんですね!ゆっくり見守ります。ありがとうございました」

とホッとしたのも束の間、帰宅して思ったことは、「来年できるようになるとは限らないよね?」という事でした。

私が心配する横で、夫がこう言いました。

夫:「俺もいつもテストの点数悪かったよ。(ニヤリ)」

血!?

因みに下記画像は、答え合わせの時間に長女が自分で書いてきた落書きです。
性格が出ています。

テスト対策の結果

国語は文章を読むようになり、点数が取れるようになりました。

算数は文章問題が増え、同じような問いが続いたのちに違う問い方の問題があると、必ず間違えています。

しかし粗方できていますし、親が特別頭がいいわけではありませんので気長に見守ろうと思っています。

小学生低学年で、子どものテストの点が悪いけど大丈夫!? と心配されている方の参考になれば幸いです。

最新情報をチェックしよう!