戦争を子どもたちにどう伝えるか

小学生のころ、母から第二次世界大戦について知るべきだと言われました。

その後しばらくトラウマとなり、大人になるまで戦争の話し、番組、イベント全てを拒絶していました。

結婚し子どもを産み、子どもたちに戦争をどう伝えるべきか考えるようになりました。

トラウマを抱えた原因と、母が伝えたかったこと、伝え方について考察します。

戦争を知るとは


私が小学校5年生になるタイミングで、転校をしました。

初日の登校は母が付き添っており、体育館で行われた始業式に立ち合っていました。
始業式では、知らない歌が歌われていました。

君が代でした。

そのころは君が代斉唱が法制化されておらず、それまで通っていた小学校では先生たちの意向で君が代が歌われていませんでした。

母は私の横で君が代を聞きながら「この学校は君が代を歌う学校なのか。」と呟きました。
「君が代を当たり前に歌う前に、戦争を知るべきだ。」と言いました。

当時10歳の私は、何が何だかわかりませんでした。

戦争体験を聞く行事


10歳以前もその後も何度か戦争体験を聞く機会がありました。

学校の行事の一つに、「戦争体験を聞く」というイベントがあり、体育館に集められ、壇上に上がった戦争体験者から国内で空襲に遭った経験を聞きました。

今思えばとても貴重な機会だったのに、具体的なエピソードは記憶に残っておらず、ただ「大変だな。怖そうだな。」という感想しかありませんでした。

今のように空調が整っていませんでしたので、暑い体育館で全校生徒が床に座り、「いつ話が終わるんだろう」と痛くなった尻を浮かしながら話を聞く子が多くいました。

しかし行事後に書かされる感想文には、「戦争はいけないこと。二度としてはいけないと思いました。」と皆が揃って書くのでした。皆それが正解だとわかっていました。

戦争の学び方


小学5年生の夏休みの自由研究として、戦争を学ぶよう母に言われました。

母方の祖父母から戦争の体験を聞くように言われます。

祖父が東京大空襲、祖母が長崎の原爆の被爆者です。

母方の祖父母と接する機会が多かったので、都合がよかったのです。
しかし祖父母から直接教えてもらうことができず、後日手紙にて体験を伝えられました。


↓祖父母の戦争経験


祖父母からの手紙を待つ間、母が県立の中央図書館から大きく分厚い資料を4、5冊借りてきました。

本の題名は覚えていないのですが、亡くなった方の遺体や戦場の写真が集められた資料と、爆弾や飛行機の殺傷能力がまとめられた資料でした。

あまりに恐ろしく、怖くて「見たくない」と言いました。

拒否する私に苛ついた母は、「戦争とはこういうものだ。全てに目を通すまで部屋を出てはいけない。」と、自分の部屋から出ないよう言いつけました。


あまりに怖く、何時間も泣きました。
分厚い資料を少し開いては閉じを繰り返し、気持ちが悪くなり、そのうち日が暮れて部屋が暗くなりました。

電気を点ける気にならず、薄暗い中資料をめくりました。

暗くてよく見えなくなり、見えないまま全てのページをめくり終えると部屋を出て、「全部見た。」と母に伝えました。

君が代


「戦争中、天皇は神だと言われてた。君が代は天皇を讃える歌として歌われ、神を守るために命を惜しまず戦えと言われた。戦争でたくさんの人たちが悲惨な死を遂げた。
戦争が終わっても、心の傷を抱えている人たちがたくさんいる。
君が代を聞くことで、それが蘇ってしまう人たちがたくさんいる。
だから君が代の斉唱に反対する人たちが少なくない。
日本の教育は戦争を教えない。子どもたちが日本を非難することを恐れているから。
君が代を歌うか拒否するかは自分で決めなさい。」

母はそう言いました。

祖父母が君が代をどう思っていたかは知りませんが、母が君が代に反対していることは知っていました。

暫くの間、寝る前に資料で見た遺体が瞼の裏に浮かび、怖くて堪らなくなりました。

「君が代を歌わない」と母に言いました。
母は満足していました。




私はその後中学、高校、大学卒業まで君が代を歌うことはありませんでした。


そのころ君が代反対派を「愛国心がない」と決めつける世論が増え、反対派を「左翼」と呼び、あっという間に法制化されて斉唱に反対する教師が罰せられるようになりました。

私は君が代を歌っていなかったけど、日本を非難するとすれば「戦争を教えない姿勢」に対してであって、日本が好きだし、君が代が戦時中にそんな扱いされていなければ国歌を歌いたいと思っていました。

天皇制反対でもありません。
昭和天皇は一部暴走した軍部に利用されたのであって、一種被害者であったと思っています。
戦争を悔やみ、慰霊の活動に励んだ平成天皇の姿勢からも認識は明らかと受け取っています。


臭いものには蓋という精神と、戦争で傷を負った人たちを軽視している姿勢と、「愛国心がない」と非難する世論が戦時前を想像させ怖いと感じましたし、「愛国心がない」と声高に言う人ほど、戦争を知らないのだと思いました。

その後君が代の議論が持ち上がりかけると「法制化されているんだから」と一蹴し、強制してしまう姿勢にも恐ろしさを感じました。



社会人になり、「君が代を歌いなさい」と強制される場に立つことがなくなりました。


サッカーワールドカップなどで君が代が歌われる場面をよく見るようになりました。
仲間と観戦すると、皆が君が代を歌って盛り上がっていました。

「一緒にスポーツを戦う」という一体感と精神を共有するのに、君が代は大きな役割を持っていました。

殆どの仲間は戦争を知りませんし、君が代の問題を知りませんでした。

私は相変わらず君が代を歌っていませんでしたが、「国歌」を歌う人を非難する気は終始ありませんでした。
一体感を感じられる「国歌」はとてもいいものだと思いました。


相変わらず戦争の番組やイベントを避けており、20代後半に子どもを産むまで続きました。
完全にトラウマになっていました。

子どもにどう戦争を伝えるか


結婚し、子どもを産みました。

殆どの親は子どもの未来を案じるものだと思います。

子どもが戦争に行き死ぬことを求められたり、国内にいたとしても飛行機から標的にされ撃たれて死ぬなんて、絶対にあってはならないと考える親が大多数でしょう。

恥ずかしいことですが、親になり、守りたいものができて初めて、戦争の恐ろしさと愚かさを自分の身に置き換えて感じるようになりました。


戦争をしないためには一人一人が意識を持つことが重要だと考えました。

子どもには祖父母の戦争体験を知ってもらいたいと思い、改めて私も知るべきだと考え、ずっと拒否していた戦争をテーマにした番組を観るようになりました。



NHKのクローズアップ現代で、戦争体験を語り継ぐ人が減り、利用者も減り、施設の閉館が相次いでいると伝えていました。

それを見ている中、亡くなった方の映像が流れました。
偶然小学生の子どもが通りかかり、「怖い!」と言って目を覆いました。

「あれは何?」遺体から蒸気が出ているのを指し聞いてきました。

番組内で詳しい説明はなかったものの、恐らく腹部に銃撃、或いは砲弾を受け、吹き飛ばされ亡くなった場面で、その痕だろうと話しました。

「怖い。見たくない。」

そう言う子どもに、10歳の自分の姿が重なりました。
無理に見せるものではないと思いました。


戦争について改めて話をするつもりでしたが、具体的な被害を見て知るには早いと感じました。


「無理に見なくていい。戦争はとても恐ろしいものだから、それは忘れないで。
例えばパパが戦争に行かされて死んだり、空から雨のように爆弾が降ってきてママが死んで、家を失った子どもがたくさんいる。
子どももたくさん亡くなったし、食べるものもなくて餓死した人たちもいた。
戦争をやっていいことなんてない。それだけは覚えておいてほしい。」

と言いました。

まだ子供たちは小学校中学年と低学年です。

戦争の悲惨さを知らせるには、遺体を見せたり映像を見せるのが、悪い言い方ですが「手っ取り早い」のです。

私の母は変わっていく日本に焦りがあったのだと思います。
強硬なやり方で学ばせようとしました。

しかし私は、戦争について考えることから逃げたくなるほどのトラウマを与えることが、いいとは思えませんでした。


たくさんの亡くなった方たちの亡骸が戦争の結果なのは確かでしょう。
しかし結果を知るだけで終わらせないために、戦争の知り方はとても大事だと考えます。

学校が戦争教育をしないのであれば、家庭で教えるしかありません。

小学校高学年頃に、祖父母の手紙を読んでもらい、写真や映像で知るのは、本人の意思に沿い、少しずつゆっくりでいいと思っています。


戦争は怖いもの、悲しいものであると知ったあとは、どうして戦争をしたのか、どうしたら戦争をせずにいられるのか、考え、知ってほしいと願います。

大事なのは子どもに考えさせることだと思い至りました。




君が代については、「戦争を思い出して歌えない人がいるんだよ。」と話しました。

そういう人たちがいることを知ってほしかったからです。
歌えない人達を「愛国心を持たないのは罪」と決めつけず、認める世の中になるよう願っています。


「過去日本が犯した過ちがあり、たくさんの人が亡くなったという悲惨な事実がある。
過去を反省して平和に暮らしていくために、日本のいいところもダメなところも知って、好きになってほしい。」

それだけ言うに留めました。


子どもたちは私が君が代を歌ったことがないと知りませんし、言うつもりもありません。
親が言うと、幼い子どもには影響が大きすぎますから、もし伝えるとしたら成人してからでしょうか。



子どもたちは小学校で教えられるがまま君が代を歌っています。

過去の事実は知るべきですが、知ったうえでこれからの日本に期待と意識を持って、堂々と歌ってほしいと思います。





最新情報をチェックしよう!