お宅の防犯カメラデータ、見せてくださいと警察に言われてテンション爆上がりした話

防犯カメラを設置している方。

いつか警察が自宅を訪れ、「防犯カメラのデータを見せてください」と言ってくるかもと、妄想されませんか?

私はかなり妄想していました。
そして、ある日突然、実現しました。

テンションが爆上がりしたエピソードを、お伝えします。

インターフォン越しに見る警察手帳

夫が出勤し、子どもたちを学校と幼稚園に送り出して一息ついた、午前10時ころ。

インターフォンが鳴りました。

「誰だ。セールスか? 居留守しようかな」

そう思いながらインターフォンのモニターを見ると、黒いジャンパーを着た恰幅の良さそうな男性が2人、映っていました。

外壁塗装のセールスだろうか。
真っ黒なジャンパーのセールスは見たことがないな。

通話ボタンを押して「はい」と言うと、男性がカメラに向けて警察手帳を出しました。

、これはかの有名な警察手帳!!
警察が来た! 生の警察手帳!!(わくわく)

警察の方はインターフォン越しに自己紹介をしたように思いますが、私の心の中は「警察来たー!!♡」で埋め尽くされていて覚えていません。

「お待ちください」

平静を装って、マスクをして玄関を開けました。

私は新しい経験をするとき、いつも細かく観察をします。
出産で大量出血をしたり、異常な血圧上昇で人造人間のように管に繋がれまくった時も、覚えておきたいと観察をして頭に記録をしていました。

そんな私ですが、警察手帳を見た時は舞い上がってしまい、断片的にしか覚えていない!!

なぜなら、私はめちゃくちゃ「警察24時」が好きなのです!!

各局の警察24時を総なめして観ています。
好きすぎて、記事に書いたほど。

関連記事

私は警察24時が大好きです。警察24時は日テレ、テレ朝、フジ、テレ東など主要各局が特別番組として放映しています。番組名は「列島警察捜査網」「全国警察犯罪捜査網」「激録警察密着24時」「逮捕の瞬間!警察24時」など違いますが総[…]

お宅の防犯カメラデータ、見せてくださいと警察に言われてテンション爆上がりした話

平静を装いながら、「どうしたんですか」と声をかけました。

警察の方が警察手帳を見せながら、声をひそめて言いました。

「大きな声では言えないのですが、はす向かいのお宅に空き巣が入りました」

「え! いつですか」

人は身に覚えがないと、“いつ”起こった事件なのかを知りたがると言いますが、私もまさにそうでした。

「昨日です。不在の間に窓ガラスを割って入られていました。家主が不在の時間が長く、何時の犯行なのかがわかりません」

はす向かいのお宅はご両親が亡くなったり施設に入るなどして、息子さんが一人で住んでいます。平日の大半の時間を不在にしているので、いつ入られたかわからないという状況が理解できました。

空き巣が入る時間は、灯りが点き始める夕方が多いのだそうです。
灯りが点かないことで不在かどうかを判断して、侵入するのだとか。

警察の方は「夕方の犯行が濃厚と見つつ、断定ができない」と話しました。

家主が鉢合わせしなくてよかったと、ホッとしました。

……という事は、さてはわが家の防犯カメラが役立つときでは?

「お宅に防犯カメラがついているのを見て、来ました。データを見せていただけないでしょうか」

来たーーーーー!!!

警察の方は、空き巣被害が近所で噂にならないよう配慮をして、少し小声で話されました。
そんな配慮に反し、私はテンション爆上がり中。

「カメラ! データですね! 見ますか! あ、うち入ってください!! どうぞどうぞ!! どうぞどうぞどうぞ!!」(あくまでひそひそ声ですが、テンションの高さはごまかせません)

警察来たーーーー!

警察24時では、早朝にインターフォンが鳴ったら礼状を見せられて、逮捕やガサ入れ開始です。
しかし私は(それほど)悪いことをせずに生きてきた一般人。警察が来ても何も怖くありません。

お宅の防犯カメラデータ見せてください”聞きたかった!! それが聞けた! と近年まれに見るテンション爆上がり。

事件など起こらなければ防犯カメラは不要ですから、「聞きたかった」は不謹慎ですが、私の住む地区では空き巣が多発していましたので「いつか役立つときが来る」と思っていました。

私がどうぞどうぞと招くので、警察の方も話が早いと言わんばかりに「あ、いいですか?」と言って自宅に入りました。

防犯カメラを取り付けた理由は、空き巣対策

わが家は家の周囲を見渡せるよう、防犯カメラを取り付けています。

関連記事

家の新築に合わせて防犯カメラを設置しました。防犯カメラの設置は新築時が都合よく、お勧めです。防犯カメラを設置した理由と、使用した機器、設置方法、コストについてお知らせします。防犯カメラを設置した理由私は独身時代に空き[…]

防犯カメラは設置するのにコストがかかります。

カメラの性能や台数、記録容量にもよりますが、わが家の場合は20万円ほどかかりました。
保守をセキュリティ会社に任せる場合はその倍以上のコストがかかります。

コストをかけてまでカメラを取り付けたのは、私が一人暮らしをしていた時に空き巣に入られた経験があるからです。

どこの誰だかわからない人が、知らないうちに家に侵入し、物色するのは「恐怖」です。またいつ入って来るかと怖くてたまりませんでした。

安らげるはずのわが家で休めないのは、相当なストレスです。

私が知る限り、空き巣犯は捕まっていません。
防犯カメラなどの証拠がないと、しつこく捜査をしてもらうのは難しいようです。

関連記事

10年以上前の話しです。当時私は20代中盤で、東京23区内で一人暮らしをしていました。ごみごみとしていて死角が多く、車両が侵入できない道が少なくない街でした。そこで空き巣に入られます。空き巣に入られた時の様子、鑑識や警察の対応、盗まれたも[…]

防犯カメラ自体が空き巣犯のけん制になるように。
それでも泥棒に入られてしまった時には、捜査の助けになるようにと願って、防犯カメラを設置しました。

警察を自宅に招く

防犯カメラの画像が確認できる場所に、警察の方を案内しました。

モニターなどを急いでセットして、カメラのアングルを確認しました。

最近主流の防犯カメラは小型ですが性能が高く、広い範囲を映すことができます。

はす向かいの被害宅も、角度を調節すればわが家のカメラで撮影できます。
しかし当然ですが、プライバシーに配慮して道路までしか映らないようにしていました。

警察の方としては、被害宅まで映っているのが理想だったようです。

それでも被害宅前の道路の一部が映っているという事で、「データをもらえますか?」と要望されました。

防犯カメラの録画をダウンロード

防犯カメラを設置されている方は、どれくらいの頻度で録画を確認しているのでしょうか。

わが家は気になることがない限り、見ることはありません。
設置して3年が経ちますが、録画を見たのは2、3回程度でした。

録画した記録は数ヶ月保存され、一杯になると上書きされるように設定されています。

「データをもらえますか?」と警察の方に言われ、焦りました。データを移す機能があることはわかっていますが、やり方がわかりませんでした。

こんな日を待っていたのだから、データを移す方法を調べておくべきだった! と後悔しました。
やり方がわからず、右往左往する様子を警察の方に見られるのは気まずいです。

逡巡したあげく、防犯カメラの本体の説明書を手に持ち「これにやり方が書いてあります(苦笑い)」と警察の方に渡しました。

「拝見します」と言って説明書を開き、操作を始めた警察の方も、当然手探り。

気まずい空気が流れました。

空き巣事件数日前に怪しい車

警察の方が持参していたUSBを差し込み、ダウンロードを開始しました。

犯行時刻が不明なため必要な録画は長時間に及びました。
ダウンロード時間が2時間と表示されます。

警察の方は一旦引き上げて、後ほど回収に来ることになりました。

警察の方が去った後、私は職場にいる夫に連絡をしました。
仕事中の夫とLINEを交わすことはよくありますが、緊急時以外に電話をすることはありません。

そんな私が「電話をしてもいい?」とLINEを送ったものだから、何事かと夫が電話をかけてきました。

はす向かいのお宅に空き巣が入ったことや、防犯カメラの映像を見たいと警察が来たことを知らせました。
私はただ、この興奮を知らせたかっただけでした。

夫も「マジか!」と興奮気味に。
そして、「やっぱり怪しかったアイツが空き巣犯なんじゃないの?」と言い出しました。

私は夫が言いだすまですっかり忘れていましたが、ほんの数日前に見慣れない怪しい車が近所を何度も周回しており、夫は「あの車が怪しい。空き巣じゃないか」と言っていたのです。

少し年季の入った、白い軽自動車でした。
30代か40代くらいの若めの男性が一人乗っており、周囲をきょろきょろと見まわしながら異様に遅い速度で周回していました。

アポなしで家を訪れるセールスかと思いましたが、車に会社のロゴは入っておらず、服装も普段着のようでした。

夫婦で怪しい車を見た数日後に、夫は似た車を見ていました。
その時も、住人しか入ってこない細い路地を入り、わが家の前を二周回っていました。

ナンバーを確認していないので全く同じ車かはわからないのですが、怪しい動きであることは確かでした。

そんなことがあったばかりでしたので、夫は「あいつが空き巣だったんだ」と語彙を強めました。

そんな話しをしながらモニターを見ると「ダウンロードエラー」が出ていました。

警察のUSB

エ、エラーが出とる。

ダウンロードが終わる前に止まったことはわかりますが、どこまでデータが移行できたのかわかりませんでした。

USBを自前のPCに差せばデータの移行具合を確認できますが、警察の方のUSBを勝手に見たらヤバいだろうとニヤケました。

もし他の事件の情報が入っていたら……と考えて、またテンションが上がります。
人に預けてその場を離れるくらいですから、USBには他のデータはなかったと思いますが、とにかく妄想が楽しい!!

警察の方の連絡先を聞いていなかったので、居住区の警察署に連絡をしようか迷いました。

しかし警察の方の手を、「ダウンロードエラーが出た」なんてどうでもいい内容で煩わせるのはいかがなものか。

わが家にあるUSBやSDカードを探しまくり、空き容量が多い物を見つけられたため、それに記録し直すことにしました。

防犯カメラ設置宅は、警察に協力的

ダウンロードは数分で終わりました。
(ダウンロード時間2時間と出た時点で、不具合が出ていたのだと思われます)

ついでに不審な車が映っている録画も追加して入れました。

不審な車を二度見ていますが、そのうちの一回は日時をはっきりと覚えていたので、すぐにピックアップすることができました。

夫は、わが家の超ご近所に住む職場の同僚に、空き巣の件を伝えました。
その同僚宅は、最近防犯カメラを取り付けたばかりでした。

わが家が警察に「録画データを見せていただけないでしょうか」と言われたことを聞き、同僚もテンションが上がったとのこと。

同僚も警察に協力をしたいと言っていると、夫からLINEで知らされました。

やはり防犯カメラを設置している家の人は、警察の協力要請にノリノリで応じるのだなと、ほくそ笑みました。

同僚のお宅は家の中から外を撮影しているため、カメラが露出していません。
設置していることが一見わからないようになっているので、私から警察に伝えることにしました。

不審者情報を文章にして書き出しているときに、警察から電話がかかってきました。

ダウンロードエラーが出たことや、わが家のSDカードにデータを落としたことなどを伝えたあと、データを取りに来ることになりました。

(警察の方のUSBは見てませんよなどと、余計な事をウキウキで喋りまくりました)

不審者情報が喜ばれる

警察の方は、刑事っぽいシルバーのセダンでやって来ました。

USBを返し、わが家のSDカードを警察に預けることになりました。

いつか返してもらえるようですが、いつかはわかりません。

警察の方が防犯カメラの設定時刻と実際の時報との差異を確認している横で、「実は数日前に二日ほど、不審者を見ました」という話しをしました。

・夫と二人でみたこと。
・後日、夫が一人で似たような不審者を見ていること。
・日時を覚えていた方の動画をピックアップして、SDカードにダウンロードしていること。

警察の方の顔つきが変わりました。

不審者ではない可能性もあると前置きして伝えましたが、「違ってもいいんです。そういう情報から犯人に繋がることがあるんですよ」と話していました。

警察の方と、その場で怪しい車の録画映像を見ました。

車の車種やナンバーも確認できたため、警察の方はメモをしました。「署で見るより、直接録画を見させてもらう方が鮮明に見られることが多いんです」と話しました。

わが家の録画が、半年前の物も残っていることがわかりました。
「別日の録画も、見せてほしいとお願いするかもしれません」

追加協力要請来たー!!

「どうぞどうぞ! すぐそこの〇〇さん宅も、防犯カメラを設置しています。必要があれば協力すると話されていますので、よかったら……」

まるでセールスのように、防犯カメラ推しをする始末。

警察の名刺は自腹

「不審者を見たら、間違いでも構わないので110番してください。警察が見回っていることが抑止になりますので」

そう言いながら、名刺を差し出されました。

「おおー!! 警察の方の名刺、初めてもらいました」とにやけていたら、「警察は名刺が自腹なんですよ」と教えられました。

知らなかったー!!

てか、なぜに自腹?

「沢山のご協力、ありがとうございました」と頭を下げられました。

「いえ、私、警察24時大好きなんで! 犯人に繋がりますように!!」と警察の方を拝み、見送りました。

関連記事

生きていると、納得がいかないことがたくさんあります。世の中理不尽なことが多いのです。ここで挙げるのは、「ちょっと笑える!? 納得がいかないこと」です。私の人生で「何だか納得がいかなかったこと」をお知らせします。納[…]

警察以外に防犯カメラ映像を見せる危険

「別日の録画を見せてほしいとお願いするかもしれません」と言われた時、「どうぞどうぞ!」と答えた私ですが、ふと、「ヤバい。子どもにブチ切れで怒っている声も、入っているかも」と焦りました。

実際声に出してそういったので、警察の方は笑っていました。

よくよく考えてみると、自宅の防犯カメラ録画を見せるという事は、わが家の生活状況をさらすことになるのですよね。

警察には協力をしても、その他の企業や個人には画像を見せないという話しをよく聞きます。
自分の身になって考えると、理由がよくわかりました。

わが家も警察には録画を見せますが、それ以外の理由ではやむを得ない理由がない限り見せたくない、見せるべきではないと思いました。

警察を装った犯罪を警戒しろ

帰宅した夫に、警察とのやり取りを嬉々として伝えました。

すると夫は、「警察手帳を見せられて、どうぞどうぞと招き入れたの? ダメでしょ」と言いました。

え? と止まる私に、「警察を装った悪い奴だったらどうするんだ。襲われるぞ!」と怒りました。

確かに。

実際、そんな事件がありましたね。

いつもなら警戒心がある方だと思うのですが、警察24時好きが先行して、盲目的になっていました。

なにせ、凄く警察っぽい人たちだったから。

実際本物だったから良かったですが、偽者という事もあり得ます。

安易に招き入れる前に、警察手帳の情報を確認されるなどお勧めします。

防犯カメラ設置宅に勧める3箇条

警察の協力要請に応じる心構えがある方。

予め、下記の3項目を確認しておくことをお勧めします。

・防犯カメラ録画のダウンロード方法を確認しておく
・10GB程度のUSBを用意しておく(カメラ1~2台の一日分の記録を落とせて便利)
・管轄の警察署の電話番号を確認しておく(協力要請があった時に、本物の警察官か確認するため)

警察の協力要請がない事は、平和な証拠で喜ばしいのですが。

もし必要となった時のために用意しておくと、警察24時に参加している気分になれます。

お勧めです。

 

※因みにご近所に住む夫の同僚は、自ら警察署に電話をかけて防犯カメラの録画記録の協力をすると申し出ていました。
それくらい、防犯カメラ設置宅は警察に協力的なものなのかもしれません。

 

関連記事

宝くじに当たりたい!そう思う方は多いと思います。望みを託して購入するものの、落選ばかりの我が家の側で、5億円の当選者が出ました。羨ましい! と思ったものの、詳しく聞いてみるといいことばかりではないようです。その様子についてお知ら[…]

関連記事

“古い軽自動車は警察に怪しまれるらしい”出来事についてお知らせします。車を停められて職質を受ける職場から帰宅した夫はどこか元気がありませんでした。[word_balloon id="3" size="M" position=[…]

関連記事

都内公園の大縄跳び禁止を紹介したフジテレビの情報番組「とくダネ!」をめぐり、インタビューに答えた住民が、誘導尋問された発言を勝手に放送されたと申し立てていた問題で、放送倫理・番組向上機構(BPO)の放送人権委員会は14日、「人権侵害や放送[…]

 

最新情報をチェックしよう!