【痴漢盗撮性被害】女子高生のスカートの短さと、ビーチバレーユニフォーム議論

痴漢盗撮性被害と被害女性の服装の関係

女性がどんな格好をしていても、痴漢や盗撮、性被害を容認する理由にはならない。

これが前提です。

しかしアーティスティックスイミング(旧シンクロナイズドスイミング)や新体操、ビーチバレーユニフォームの露出度の高さが男性ファンを呼ぶことを目的に、各競技の協会が定めていると噂されています。

実際に性的目的を感じさせる体位の競技中の写真が出回るケースが後を絶たず、選手から露出度に対する改善を求める声が上がることがあります。

これは事実として「女性の服装が性的欲求を誘発することがある」ことを示しています。

女性にとって不本意であったとしても、起こり得てしまうのです。

では男性の性的欲求を誘発しないために、女性は服装の自由を奪われなければならないのかと聞かれると、女性の私は納得が行きません。

それでも、ある程度、女性が自覚を持つことが必要だと感じています。

例えば

「見せ下着」と言ってブラジャーやショーツを服から覗かせて見せるファッション。
下乳や尻のふくらみを露出するファッション。
女子高生の、下着ギリギリまでたくし上げたスカート

です。

女子高生のスカートの短さと痴漢

私が高校生だった時は、短いスカートが性的欲求を誘発するなど全く想像できていませんでした。

満員電車に乗って通学していましたので、何度も痴漢に遭いました。その日は一日吐き気を感じるほどの最悪な気分になりました。まるで自分が汚された気持ちになるのです。

クラスメイトの中には、下着の中に手を入れられたり精液をかけられるなど、かなり酷い被害に遭う子もいました。
痴漢は大抵捕まらず、逃げてしまいます。

教室で痴漢被害を話して、愚痴を言い合いました。
中にはショックで誰にも被害を言えずに塞ぎ込む子もいます。

高校を卒業して大学に入ると、女子高生を見る機会がめっきり減りました。
そして社会人になって久しぶりに女子高生の短いスカート姿を見た時、衝撃を受けました。

「エロい」と感じたのです。
こんなに刺激的な格好だったのかと驚きました。

制服の形状にもよるのですが、スカートは大抵風が吹くと簡単にめくりあがります。
そんなものをわざわざ下着近くまでたくし上げて履く危うさを感じました。

短いスカートが可愛い。
ファッションは自己表現だ。
これを性的と捉える方がおかしい。

言いたいことはわかります。
私自身、そう思っていたからです。

しかし、「下着が見えるかもしれないギリギリを楽しむファッション」と見てしまう人がいる事実も忘れてはいけないのではないでしょうか。

服装に配慮することと、痴漢の理由を露出と結論付けることは違う

痴漢や盗撮の被害者に「そんな恰好をしているからだ」と非難する声があると聞きます。
女性がどんな格好をしていても、痴漢や盗撮、性被害を許していい訳がありません。

それでも、一部性的自制が効かない人間がいるのが事実なのです。

露出で性欲が刺激される人がいることを忘れないで。

当記事は結局、「痴漢に遭いたくなかったら自衛しろ。痴漢被害者のスカートが短かったら、被害者が誘発したと言うんだろう」と怒られてしまいそうです。

繰り返しますが、被害者を責める気はありません。

誘発したくてしているわけではないでしょう。
同意なく女性の身体を触ったり、撮影したりしてよいわけがありません。

それでも、「女性の服装で男性の性的欲求を高めてしまうことがある」事実に蓋をしてはいけないと思うのです。
男性の自制心に全てを委ねてしまうのは、危険ではないのでしょうか。

男女の感覚の違い

今は公に言えない風潮が高まっていますが、以下のような男性の声があることを事実として受け止める必要があると考えます。

(出典:Yahoo!知恵袋

質問

女子中学生の質問

痴漢にあうあわないって、スカートの長さで変わるものだと思いますか?
また、短いスカート丈ってどれくらいだと思いますか?

ベストアンサー

男性の答え

(出典:OKWAVE

質問

男性の質問

そんなに街にも出ないし車通勤の私は、たまに間近にスカートの短い高校生にあうと内心少々驚きます。 私は、誘惑に負けて痴漢行為(階段・エスカレーターで後ろから覗くとか)をしてしまった男に正直少々哀れさも感じます。
痴漢行為に対して女子高校生のスカートの短さは罪にはならないでしょうか?

ベストアンサー

男性の性欲が女性より強いのは周知の事実ですし、視覚的な情報によって性欲がかき立てられるという事からも、そのような格好が男性に何らかの影響があるのは当然でしょう。
その衝動を抑えるのが、理性であり、大抵の男性は抑えるわけですが、はたして、そのような衝動をかき立てた側に非がないか、と言われればそうではないと思います。ある意味で「迷惑行為」なのではないでしょうか。

理性がある男性なら、痴漢や性被害に繋がることはありません。

被害が起こる怒らないに限らず、女性の露出が男性の性欲を高めることがあるのは紛れもない事実です。

性差を理解する必要性

再三の繰り返しとなりますが、露出が多い格好だからといって「触られることを容認している」わけではありません。

「そんな恰好をしているのだから、触られても仕方ない」というのも間違っています。

性的接触には同意が必要です。
触る側の一方的な解釈は許されません。

それでも、ある程度の配慮はあっていいのではないかと思うのです。

「女性の夜道の一人歩きは気をつけろ」という注意喚起と、同等の感覚です。

私の考え方が古いのでしょうかね。

制服はジェンダーの象徴

因みに痴漢被害において、スカートの短さは関係がないという統計があります。

実際私は制服を着崩すことはなく、スカートも短くしていませんでしたが、痴漢被害に遭っていました。
友人達は露出が多い子も、少ない子も痴漢被害を受けていました。

痴漢は「反撃をしてこなそうな、大人しい子」を標的にする傾向があるといいます。
捕まりたくないからです。

関連記事

ある日知人の男性が暗い顔をして「電車で痴漢に遭った」と言いました。都内で電車通勤をしている女性の多くが、痴漢を経験しています。そして男性も少なからず被害に遭っているという事がわかりました。痴漢は非常に卑劣で卑怯な犯罪です。痴漢加[…]

しかし露出の多い恰好をする女性が、性的欲求を触発させている可能性は否めません。
実際に被害に遭う女性がそうでなくても、間接的にかかわっている可能性があるという事です。
2018年に関東近郊に住む15~49歳の男女1万2000人にハラスメント被害を調査した#WeToo Japanでは、女子高生の制服そのものが痴漢を誘発させているという結果が出ました。(参考:Business Insider Japan
女子高生への勝手な幻想が誘発材料になっているという事です。
それについて評論家の荻上チキさんは以下のように述べています。

「被害にあったときの服装を責めるような論調は根強いですが、調査で通勤時間や制服など、本人がコントロールできない環境要因によって被害にあっていることがわかりました。通勤通学時間を短くしたり制服をなくしたりして環境を改善するほか、社会のジェンダー差別をなくしていくことが対策として有効でしょう」

露出そのものが原因ではないにしろ、ジェンダーの差をなくすことと共に、服装に配慮が必要だと考えられていると受け取れます。

女性の自衛と諦め

同団体で活動している小島慶子さんはこのように述べられています。

「なぜ女性は男性よりも『露出が高いと痴漢にあっても仕方ない』と考えてしまうのか。きっといろんな理由があると思いますが、そこに至るまでに女性たちが何を経験し、どんな諦めがあったのかを想像して議論することが大切です」

……これは私も当てはまるという事でしょうか。

痴漢に遭っても仕方ないとは考えていませんが、事実として露出の高い服装が男性の性的本能を刺激するとは考えています。

私は痴漢被害に遭ってきましたが、その間に何かを諦めてしまったという事なのでしょうかね。

 

皆さんは、どう思われますか?

 

 

関連記事

三児の母でありモデルの牧野紗弥さんが、夫と離婚し、事実婚を選択することが報道されました。世間からは、「事実婚をして一人親の手当てをもらうためではないか」、「苗字を変えたら家庭内のモヤモヤが解消できる意味が分からない」、「子どもが可哀[…]

関連記事

フェミニズムとは、性差別のない平等な社会を求める女性解放思想を指します。しかし社会でフェミニストと表現される人物は、「女性に発言権を与える男性」を指す場合が多いように感じています。あくまで発言権はその男性にあり、他の男性の発言を[…]

最新情報をチェックしよう!