自治会の高齢化問題・役員をして心身ともに若返った高齢男性の話

高齢化が進む地域に引っ越して二年目に、自治会役員当番が回ってきました。

私は手のかかる一歳の長女の相手をし、次女を妊娠していて悪阻中でした。
夫は会議に出席するために会社を休まねばならず、手当てが減り、査定にも響いて収入が減りました。

順番だということで仕方なく引き受けたのですが、意外と悪いことばかりではありませんでした。

そして高齢で役員を引き受けた方に、思わぬ光明がありました。自治会の思わぬ効果について記します。

高齢化地域の自治会存続と仕事量

我が家は高度成長期に一気に宅地化された地域にあります。
自治会もしっかりと作られました。

そして今。
地域の高齢化が進んだ影響で、役員の仕事を回避しようと自治会の退会者が続いています。

残された新参者の我が家のような若い世帯が、自治会役員を数年ごとに担わねばならなくなるかもという危機に直面しています。
夫婦ともに仕事をするのが普通になっていて、昔と違い子どもだけで習い事に行かせるのは危険なので送迎があるなど、自治会の出席が難しい状況にあります。

自治会は若い世帯に期待していますが、その前に仕事の簡素化が必要です。

我が家が担当した仕事内容を挙げると、以下のようになります。

〇町会の会議出席 月に1回の会議。総会、月に一度の清掃活動。
〇夏祭りの出店者担当 月に1回~会期が近くなると2回の会議。出店者説明会、夏祭り二日前から当日、翌々日の片づけまで出席。
〇交通安全担当 月に一回の会議の他、各イベントに月一回以上参加の役割分担あり。

夫には町会の会議の出席をお願いしました。
私は退職前の仕事に関連していたため、夏祭りの出店者担当と、交通安全担当(なぜか女性指定でした)をしました。

疑問だったのは交通安全担当でした。始まるまでは地域の小学生などの見守りをしたり、道路標識の設置検討などをするのかと思っていましたが、担当外だと言われました。
実際には警察署の交通安全イベントや総会に参加し、地域の高齢者サークルのイベントや総会の受付手伝い、ごみ処理施設の見学に駆り出されるのでした。

これは全てが必要な仕事なのか?

もやもやとしながらも、幼い長女を連れて夜に会議に出席しました。
地域の方と揉めたくなくて、「この仕事は不要では?」とは言えませんでした。

妊娠後期にキャンペーンの手伝いで雨の駅前で配布物を配ったことがあります。
長女が手を振り払って走り出しました。
車が近くを走っているため、妊娠中の大きなお腹を抱えて走って追いかけました。
雨で道路が濡れていたため滑って転び、股が濡れる感覚がありました。

やばい! 

と思いましたがすぐに長女を追いかけて捕まえました。
配布物を配り終え、先に帰らせてもらい病院にかかりました。

結果的に無事だったのですが、肝を冷やしました。
自治会の仕事って、どこまで責任感を持って挑むべきなのでしょうか。

役員男性の変化

祭り担当の中にある70代中盤の男性がいました。

男性は持病があるそうで、夏祭りが終わったら入院することが決まっていました。
祭りの担当は無理のない範囲で参加すると言っていて、当初は発言もなく、あまり積極的ではありませんでした。

そういう方がいるのは仕方のないことですし、無理をするのはよくありません。義務感で参加されているのだろうと思いました。

サポーターの方たちの力を借りて、会場の把握から地域の学校に備品を借りたり保健所に届け出をしたりと、順調に進んで行きました。
年度によっては担当者間で揉めるようですが、その年はコミュニケーションが円滑でした。

私は相変わらず悪阻が続いていて、会議を抜け出しトイレで嘔吐して戻るなどしましたが、楽しくて気分はノリノリです。

70代の男性は学校から借りる備品の管理を担当していました。
学校に連絡を取り、学校の先生と話し、備品を確認させてもらい、ボランティアを募って備品の拭き掃除をし、祭り会場に搬入し、掃除をして返却する仕事です。

男性は仕事を進めるうちにみるみる元気になっていきました。

まず目線が変わりました。下を見ていた視線が正面を見るようになりました。
弱弱しかった声に張りが出るようになりました。
引きずるように歩いていたのが、しっかりとした足取りになりました。

祭り当日は天気に恵まれ、盛況に終了しました。

翌々日、祭りで出たゴミを業者が回収しに来るので、立ち会う予定でした。
コンテナは上部が開いているので、鳥に荒らされないようカバーをしていたのですが、風で一部が剥がれたようです。
たまたま早朝に現場を通りかかった他の祭り担当から、荒らされていると連絡をもらいました。

現場に向かうと、例の70代中盤の男性と、以前長女の面倒を見てくれた70代女性がコンテナに上りカバーをかけ直してくれていました。

コンテナは2mほどの高さがあり、周辺のものに足をかけて上らなければなりません。
私は二人の姿を見て驚きました。

だ、大丈夫ですか!?
私がやりますから、下りてください! 

と叫びましたが、妊娠初期の私には任せられないから見ていてと言います。

仕事を終えてコンテナから無事に下りた二人は、こんな高いところによじ登ったのは久しぶりだとスッキリした笑顔で大笑いしていました。

もし怪我でもしたら大変だとハラハラしましたが、その笑顔を見てとても嬉しくなりました。

自治会祭りのあと

後日祭りの反省会がありました。
最後に一人ずつ挨拶をするなか、例の男性の番になりました。
男性は、

初めは役員の仕事が面倒臭いと感じていた。
たくさんの人と話すようになり、やりがいを感じるようになった。
気持ちが晴れやかになり、身体にもいい影響がでて、予定されていた入院の日数がかなり短縮されることになった。
夏祭りのお陰だと思う。ありがとう。

と発言されました。
男性の変化は皆が感じていました。

おお~! とどよめきが起こり、拍手が巻き起こりました。

感動しました。

負担ばかりと思われがちな役員の仕事に、こんな隠れ効能があるとは知りませんでした。

自治会役員仕事量削減への取り組み

自治会は町内の電灯や害虫、自治会館の管理をしたり、救護講習や災害対策、公園などの清掃活動など秩序を保つための大事な役割を担っています。

高齢化が進み、年齢や持病で役員を断るケースが増えています。断るのが申し訳ないと感じた世帯は退会していきます。
退会者がでると自治会費が減り、地域の管理に影響が出ます。
そして数の少ない若い世帯が役員を回すことになり、負担を懸念した若い世帯も退会する可能性があります。

我が家の地域では少しずつ仕事を減らそうという動きが出ています。

自治会の仕事は正直面倒だなと思っていましたが、上に挙げた男性のようにいい作用をもたらすことがあります。
そして引っ越し二年目に参加したことで知り合いが増え、地域のことをよく知ることができました。

簡素化は必要だけど、自治会も捨てたもんじゃありません。

以上、自治会役員が得られる意外な効果の実体験でした。

最新情報をチェックしよう!