充実しない人の悪習慣「リベンジ夜更かし」は自傷行為なのか。心を満たす時間の作り方

充実しない人の悪習慣「リベンジ夜更かし」

リベンジ夜更かしという言葉をご存じでしょうか。

リベンジ夜更かしとは、日中満足のいく過ごし方ができなかった人が、自己の欲求を満たすために夜更かしをしてしまう行為を指します。

多くの人々は日中、学業や仕事、人付き合い、家族の世話、家事などで忙殺され、気を張って生活しています。

自己の欲求が満たされないまま不本意な日中を過ごしてたまったストレスを、夜に「自分のために時間を使う」ことで晴らそうとするのです。

「リベンジ夜更かし」は自傷行為なのか

リベンジ夜更かしが日常化する方の中には「このまま今日を終わらせたくない」と不満や不安を覚えているケースが珍しくありません。

心の中に鎮座する満たされない思いが「何がしたいのかわからない」まま、ただ夜更かしを繰り返させることがあるのです。

生活に不安や不満がある

心を満たしたくて夜更かしをする

何をしていいかわからない

心が満たされないまま寝不足になる

睡眠不足で幸福感が薄れる
判断が鈍り失敗を引きおこす

不安や不満が高まり、リベンジ夜更かしに依存する

心身に影響を及ぼす、悪循環を生みます。

そのためリベンジ夜更かしは一種の自傷行為であると言われています。

リベンジ夜更かし例

「リベンジ夜更かしをしたことがある」という方は多いのではないでしょうか。

リベンジ夜更かし例-家族の影響

私のリベンジ夜更かしは10代から20代後半に結婚するまで続いていました。

生家が落ち着いた環境ではありませんでしたので、静まる深夜から朝方の時間が、唯一精神的に落ち着ける時間でした。

関連記事

毒親にはいろいろなタイプがあり、軽いものから犯罪に当たるものまで様々です。親と子の相性の違いも関係してくるでしょう。これは私が体験した話しです。☆ 毒親に悩んだら読む本・8選毒親家族私はごく普通の一般[…]

ボーっとしたり、時にノンフィクションの虐待本などを読んで、連日夜更かしをしていました。

眠ることは好きでした。
しかし中々眠りにつこうと思えませんでした。

夜更かしをしたあとは、生まれ変わるつもりで眠りました。
一度眠ると起きたくありませんでした。

義務を果たさなければ居られない家庭でしたので、時間通りに起きて過ごし、遅刻することはありませんでした。

しかしいつもどこかボーっとして日中を過ごしました。

休みの日は食事をせずに一日中ボーっとしたり寝ていても、苦ではありませんでした。

そしてその晩やはり夜更かしをするのが常でした。

関連記事

突然ですが、私は小学生のころからチック症を発症しています。おぼろげですが、小学校低学年頃にはあったように記憶しています。そんな私は普通に成長し、友達を作り、恋をしてお付き合いをして、結婚して子どもがいます。性別は女性です[…]

関連記事

育った家庭にストレスが多かったことから、長く精神不安を抱えていた経験があります。早くから実家を出て親と距離をとっていたにも関わらず、社会人になってからも振り回される事案がありました。そこに仕事の多忙と、長く付き合った婚約者との別れが[…]

関連記事

アルコールの摂取量や接種時間をコントロールできない場合は、アルコール依存症である可能性が高いと言われています。私はかつてアルコールを毎日飲み、摂取量を自分でコントロールすることができませんでした。周囲にはアル中だと言われていましたし[…]

リベンジ夜更かし例-未成年が負う家族の重圧

高校生ながら、実の父親に金をせびられていた友人がいます。

不倫をして借金を作った父親は、母親と離婚しました。

母親に反省したように見せかけて家に出入りしていた父親は、母親に隠れて長女である友人に金をせびりました。

彼女が断ると父親は「実の父を殺すのか」と脅しました。

母親を悲しませたくなくて、父親から金をせびられて渡していることを打ち明けられませんでした。

彼女は暫く金を渡し続けましたが、際限がない要望に嫌気がさし、父親とのつながりを断ち切ろうとしました。
すると父親の矛先は弟や妹に向かいました。

父親に金をせびられた妹たちは傷つき、母親ではなく姉である彼女に相談をしました。

彼女は妹たちの心を守るため、またも自分が犠牲になる道を選びました。
妹には嘘をつき、父親像を守りました。

そんな彼女は昼間は学校とアルバイト、父親の対応、兄弟に食事を作るなどの家事で忙殺されました。

夜は特に何かをしているわけではないのだけど、眠れない、眠るのがもったいないと言います。

そのうち眠りたいと思っても眠れなくなり、朝方にやっと眠りにつくことを繰り返しました。

学校に登校する時間に起きられず、単位を落とす寸前まで行きました。
彼女から事情を聞いていた私が毎日電話をかけて起こし、卒業まで漕ぎつけました。

メンタルクリニックにかかると病名がつきましたが、睡眠薬を処方されるだけで大きな効果は得られませんでした。

経済的事情で進学できなかった彼女は、早朝からではなく遅い時間に始まり深夜に及ぶ仕事を選びました。

性依存やアルコール中毒などを発症しました。

精神的な葛藤は大きく、4年後も相変わらず夜更かしをする生活となっていました。
私と同居していた時期は一旦おさまったものの、同居解消をきっかけに再発して自害未遂を起こしています。

海外を点々と渡って暮らすなどして、長い時間不安定な時間を過ごしました。

現在は経済的にも精神的にも落ち着ける人と結婚し、心身ともに以前より落ち着いた生活を送っています。

リベンジ夜更かし例-仕事と家庭

私の父親の例です。

父は癇癪が酷く、潔癖で、家が盗聴をされていると妄想する人でした。
あると思い込んでいる盗聴器に「おい、聞いているんだろう。いつかぶっ〇してやるからな」と呼びかける人でした。

そんな父は、私が物心ついたときから夜更かしをしていました。

都内に勤めに出ていた父は、片道二時間かけて通っていました。
朝7時に家を出て、帰宅は日付を超えることが珍しくありません。

友人は居らず、少人数の会社でも特別仲が良い人はいなかったようです。

家では妻(私の母)と常に喧嘩をしていました。

父もまた、自分の欲求が満たされる時間がありませんでした。

深夜はずっとテレビを見ていました。
パソコンを購入してからは、深夜3時頃までパソコンを見ていました。

眠る時間は3時間あるかどうかです。

休日の昼間は私と同様に、延々と眠っていました。
そして深夜、やはり眠らない生活をしていました。

母は眠ってばかりの父に怒りを募らせ、喧嘩になることが多くありました。

自傷行為に見えない自傷行為例

リベンジ夜更かしは、幅広い年齢で見られます。

決して珍しいことではありません。

だからといって「大したことない」苦しみではありません。
生綿で鼻と口を塞がれるような、じわじわと苦しくなる感覚があります。

リベンジ夜更かしを自傷行為とみなすのなら、例えばアルコール依存症や女性の性依存、全身のタトゥーや多穴ピアス、度重なる整形手術も自傷行為に近いと感じています。

(※異論がある方もいらっしゃると思います。私の知っている例では、どの方も育った環境が不安定な方が多く、長く、場合によっては現在も精神不安を抱えている例があります。それを元に感じたことです。自傷行為であるケースもある、と思っていただければと思います)

「体に悪い」と知っていても、やり続けたくなることがあります。

当人が自己表現の一つとして捉えていても、実は満たされない欲求を晴らすための行為である場合が、あるのではないでしょうか。

リベンジ夜更かしの解消法

リベンジの解消法として以下の方法が指南されています。

自己を律して規則正しい生活をする
時間は有限であると意識する

ん?
こんなんできるならやってるわー!!

と思ったのは私だけでしょうか。

言っていることはわかります。

睡眠不足だと思考が整理できず、イライラが募りやすくなります。
規則正しい生活をして、ストレス発散になるうえ体に適度な疲労と血流を促す運動をして心を正し、睡眠を確保することが理想です。

それができないからリベンジ不眠症になっているのでしょう? と思うわけです。

リベンジ不眠症に陥っている方でも、「良いこと(楽しいこと)があった日はすぐに眠れる」という方が少なくありません。
私もその経験者です。

結果的に心を満たすしか、根本的な解消法はないように思います。

心を満たす時間の大切さ

リベンジ夜更かしは悪いことなのでしょうか。

そもそもは心のバランスをとろうとする、身体の自然な反応です。

それを真っ向から否定していいものなのでしょうか。

夜更かしは悪いことなのか?

確かに睡眠を十分とらずに体を不健康にしている点では、いいこととは言えません。

心の病気の治療には、まず早寝早起きをして太陽の光を浴び、身体を動かして生活リズムを整えることから始まることからも見られるように、正しい生活習慣に戻すことが大切です。

しかし生活習慣を整えるだけで心が片付くのかといえば、私の経験から言うと「NO.」なのです。

心が欲している「自分の時間」を、身体のために無くしてしまうのではなく、やはりどこかで作らなければならないと思います。
日中作ることができないのなら、休日や夜にやはり必要なのです。

病は気からといわれるように、心が痛んでしまっては遅かれ早かれ身体も傷んでしまいます。

身体の習慣を作ることも、心を満たす時間を作ることも、バランスをとることが大切だと考えます。

リベンジ夜更かしで不安が解消されることがある

再度、私の例に戻ります。

結婚後、精神的に落ち着いてからは、夜しっかり眠るようになりました。
夫が規則正しく眠る人であったことも影響しています。

眠る時には部屋の電気を消し、朝日と共に起きる生活で生活が整いました。

しかし長女を産み自分の時間が無くなった時に、リベンジ不眠症になったことがありました。

夜泣きが激しい子でしたので、まとまって眠る時間がありませんでした。

友人に会うことはできず、家から出ることも難しくなりました。
家事育児に追われ孤独感が高まっていました。

深夜長女が眠る一時だけが、私の時間でした。
スマートフォンで特に目的なくネットニュースを見たり、育児の掲示板を見ていました。

眠たくて仕方ないのに、この時間を逃したら自分の時間がない! と焦りのようなものを感じていました。

半年から一年後、気を遣わずに付き合えるママ友達ができたり、ご近所の年配の奥さんに子育ての愚痴を聞いてもらう機会が増えて行くと、夜眠れるようになりました。

次に眠れなくなったのは夫と離婚危機があった時と、三女が先天性の難病の宣告を受けた時です。

離婚危機の際は悲しみや怒りが収まらず眠れませんでした。
リベンジ夜更かしとは状況が異なりますので割愛します。

関連記事

既婚の主婦です。12年弱の結婚生活の中で一度だけ離婚届を取りに行ったことがあります。その時の話しです。夫の裏切りと離婚ワンオペ育児と夫婦のすれ違い結婚して5年ほど経った時のことです。二人目の子どもが産まれ、癇癪の[…]

三女の難病は平均寿命が30歳と言われ、国によっては安楽死の対象とされているものでした。

あまりに恐ろしく、不安でいっぱいになりました。(三女は体の一部欠損と変形が免れないものの、感染症に気を付ければ生涯を全うできる軽度と言われています)

昼間は三姉妹の世話と家事に追われました。

三女の身体のケアで、気が休まりませんでした。

稀少難病で専門の医師は日本に数人しかおらず、患者自体が少ないために情報があまりありませんでした。
私が落ち着いて情報を整理できる時間は、深夜の三女の授乳の間しかありませんでした。

毎晩検索に取りつかれました。

英文が読めないのに病気の研究論文を手探りで探し、研究している大学や医師を探し、医師の講演会情報を探し、そこに参加した学生のブログを探して講演会の情報を知るなどしました。

恐ろしい情報が多い中、例えば治験がどこまで進んでいるかなど一つでも安心できる情報を見つけると、途端に眠たくなって就寝することを繰り返しました。

これは4~5か月程度続いたと思います。

病気が原因で進む体の変形に、役立つかもしれない資格を見つけました。

誰も試したことがない方法でしたが、資格を取って試してみることにしました。
三女のためにできることがあるとわかって以降、夜眠れるようになりました。

私にできることがあると知り、全くの無力ではなくなったと感じられたことが安心に繋がったのです。

リベンジ夜更かしとは少し違いますが、昼間の欲求を満たすために睡眠時間を削り、満たされると途端に眠れるようになるというサイクルを身をもって知りました。

心が満たされると自然と眠れる

心が満たされないまま無理やり眠ろうとしても、不眠がただ長く続いただけだったように思います。

とことん心が欲することを優先する時期があってもいいと思うのです。

ただ不安や不満の正体がわからないケースでは、満たされないまま一年、二年とリベンジ夜更かしが続くことがあります。

どこで終わりにするのか、終わりにできるのかが難しいところです。

それには自分を客観視する視点が必要です。

自分を客観視することで不満の原因を知る

自己分析をする

私に役立ったのは、心理学やノンフィクションなどの「他人が別の他人の心や思考を客観視した本」を読むことでした。

不安定な両親を理解したくて、また、親の狂気が子どもに向かう実例を知ることで自分を慰めようと、たまたま始めたことでした。

他人を分析した本は、自分を客観視する癖付けに役立ちました。

感情を書き出す

またこの記事のように、文字にして感情を書き出すことも、心の整理に役立ちました。

大きな不安に襲われて、気持ちを吐き出すためにTwitterやSNSを始められる方もいますね。
ガス抜きになり、ストレスの解消に繋がります。

スマホやテレビを控える

深夜に目的なくスマートフォンやテレビを見ると、時間がただ流れていくだけで心の整理にはならず、心身の悪循環を引き起こすことを経験しています。

また情報過多は興奮状態を引き起こすので、眠りにつきにくくなります。

ゲームであっても同じです。
単調な作業が続き、時間が流れていくだけです。

お勧めできません。

運動・発声

根治が見込めない難病を持ち、耐えて生きるしかなかった義母は、活字が嫌いです。

義母は「不安なんて考えても無駄よ。世の中の理不尽に答えなんてないのだから。とにかく体を動かして汗をかくしかないのよ。『まあいいか』と思えてスッキリするわよ」と話します。

歌が好きな友人は、ストレスが溜まるとカラオケに行って大声で熱唱すると言います。
歌って笑って騒ぐとスッキリするのだそうです。

私は運動の効果はある程度実感していますが、運動だけでは晴らせませんし、歌でも晴らせません。

人により最善の方法が違うのでしょう。
自分に合った方法を見つけなければなりません。

破裂音でストレス発散と自発的笑い

気休めとも言えますが、一時的な効果があったのが、「ぱぴぷぺぽ」などの破裂音を叫ぶことです。

破裂音を発声すると、ストレス解消になるという説があります。

眠れないときに破裂音を口に出したり心で叫ぶと、「一体私は何をやっているんだ」とおかしくなり、笑えます。

テレビを見ているときのような受動的な笑いではなく、自発的な笑いが起こるため、リラックスして眠れることがありました。

眠りたいのに眠れないときに、騙されたつもりで試してみてはいかがでしょうか。(効果がなかったらごめんなさい)

リベンジ夜更かしを拗らせない

ボーっとする時間が必要な人がいます。
ただただ、一人で考える時間が必要な人がいます。

そんな人が眠る時間を惜しんでリベンジ夜更かしをすることは、決して悪いことだとは思いません。

ただ半年一年と過ぎて完全に習慣化すると、気が付かないうちに心を病む場合があります。

そうならないよう、日ごろから自己を客観視する癖をつけることをお勧めします。

心は複雑ですが、素直でもあります。

自分を大切にしてください。

 

関連記事

知人が障害や持病のある赤ちゃんを出産したら、あなたはどう言葉をかけますか?鳳凰さんおめでとうと言っていいのかわからない龍さんおめでとうと言ったら、障害や病気を歓迎しているように思われないか、心[…]

関連記事

毎年夏に放送される日本テレビの24時間テレビについて、「偽善」という声が毎年上がります。“身体障碍者や難病患者を見世物に、涙を誘おうとしている。”“大金をかけて番組を作るならそのまま寄付をした方がいい。”中居正広さんがテレビ番組[…]

 

最新情報をチェックしよう!