【車の運転】右左折時に膨らむ車が増えている!?危ない!!と憤った話

私は横浜在住です。日常的に車を運転しています。
横浜は幹線道路以外は狭い道が多く、二車線あっても車幅が狭い場合が少なくありません。

最近特に気になるのが右折、左折するときにやたらオーバーに膨らむ車の存在です。

危ないよ!! ていうか、ダメでしょそれ!? と思う事例が続きましたので憤慨ついでに吐き出します。

危険運転・膨らんで左折

度々遭うのがこちらの運転です。

危険度★★★☆☆

片側一車線の道路で水色の車が左折しようとしています。

グイっと大回りして対向車線に近づきます。

対向車線を走る車はビックリ。見ているこちらも冷や汗をかきました。

この時水色の車は、左側しか見ていないことが多く、対向車線の車に接近したことには気が付いていません。

危険運転・膨らんで右折

次によく見るのがこちらの運転です。

危険度★★★★★

左が歩道になっているT字路です。
水色の車が対向車線の車が去るのを待って、右折しようとしています。
右折ラインの左にはもう一車線あります。

対向車線が空いたのを見計らい、水色の車は大きく左へハンドルを切って膨らんだ後に、右に切りました。

車体が左車線に入っていますが、水色の車の運転手は右しか見ていないので気づいていません。

左車線を走っていた車はぶつかるのを避けるため、咄嗟に左にハンドルを切りました。

左には狭い歩道があり、人が歩いています。通行人は車が自分に急接近したため、驚いて固まりました。

歩道に突っ込みそうになった車は何とか持ち直し、去っていきました。

水色の車は危険な運転をしている自覚をすることなくいなくなりました。

大きな交差点ですので、10tトラックでもなければ膨らまずに十分曲がることができます。
直進方向の車幅が狭く、膨らんで曲がると容易に隣の車線にはみ出してしまうので、非常に危険なのです。

よくこの道を知っているバスやトラックは、右折車を警戒しながら進みます。
それほど無暗に膨らんで曲がる車が増殖しています。

なぜそうなった!?膨らみ過ぎて二車線通せんぼ

最も仰天したのがこちらの事例です。

正直、何考えてんの!? と呟くレベルです。

危険度★★★★★
意味不明度★★★★★

片側2車線道路です。
対向車線との間には植栽が植えられた中央分離帯があります。
中央分離帯の切れ目は優に6m近くあり、十分なスペースがあります。

信号のないこの場所を、水色の車が右折しようとしています。

交通量が少なくない道路です。

水色の車は右折に備えて大きく膨らみ、隣の車線にはみ出しました。

水色の車は隣の車線を塞ぎます。
隣の車線を走っていた車は、急ブレーキに近い形で停車しました。道が塞がれ、先に行くことができません。

自分がしでかしていることを自覚していない水色の車は、そのまま対向車線の車が途切れるのを待っています。

それを見ていた私は、急ブレーキを踏んだ車の運転手がよく怒らないなと感心しました。
事態が把握できず、戸惑っていたのかもしれませんが……。

二車線を独占した水色の車が右折していくと、周囲の車も走り去っていきました。

帰宅した私は、夫にこの話をしました。すると……。

えー、本当?
さすがにそんな運転する人いないでしょ
夫

その道路をよく知る夫は、十分な広さがあり膨らむ必要がない場所であることを知っています。

しかし後日、夫と私が車でそこを通りかかると……。
何と同じことをしている車を発見!!

麒麟
麒麟
ほら!!いた!!
しかもこの間とは違う車!
ほらほら!!

由々しき事態であるものの、実証できた喜びでテンションが上がりました。

ホントだ。
あり得ない運転だ……怖い
夫

君の車はそんなに大きくない。膨らまずにハンドルを切れ!

不思議なことに膨らむ運転をするのは軽自動車やコンパクトカー、セダンがたまにいるかな? という程度の、小型車が多いです。

ハンドルが軽いからでしょうか。

君の車、膨らむ必要ないから!
曲がれるから!!!!

と声を大にして言いたいです。

余程狭い道ならわかりますが、一般的な広さの道路で膨らむのは、トラックかハマー以上にしていただきたい。

因みに私の母親も、ハンドルを逆に切って膨らんで曲がる傾向があります。(セダン)
以前「そんなに膨らんで曲がる必要ないんじゃない?危ないよ」と言ったら「私は膨らんでない!」と言い張って話になりませんでした。

自覚がないのか。

めっちゃ反対にハンドルを切ってから曲がっているというのに……。

ぶつからないと気づかないのですかね。
そうなってからでは遅いのですが。

右左折時に膨らむ車は危険・撲滅せよ

ごちゃごちゃした道が多い、東京や神奈川に多い現象でしょうか?

とにかく日本全国に「膨らみ右左折注意報」を出していただきたい次第です。

皆さまもお気を付けください。

 

関連記事

家の庭で夏気分を味わうべく、日差し避けにタープを購入することにしました。急遽購入したのは近所のドン・キホーテで売られていたワンタッチタープです。一度の購入であっという間に壊してしまいました。製品の紹介と、顛末についてお知らせしま[…]

関連記事

10年以上前の話しです。当時私は20代中盤で、東京23区内で一人暮らしをしていました。ごみごみとしていて死角が多く、車両が侵入できない道が少なくない街でした。そこで空き巣に入られます。空き巣に入られた時の様子、鑑識や警察の対応、盗まれたも[…]

関連記事

珪藻土バスマットを使って一年強が経ちました。バスマットを洗う手間がなく、非常に便利で満足していました。しかしこの長引く梅雨で、というか子どもたちが遠慮なくビショビショのままバスマットに乗り、水たまりを作っていたからか、ついに珪藻土バスマッ[…]

最新情報をチェックしよう!