セックスレスの原因とセックスレス危機の乗り越え方

家に性を持ち込まないでほしい。
家族に性欲は持てない。
やりたいなら外でやってくればいい。
家で子どもたちのパパをやってくれればそれでいい。

これはある女性の発言です。
女性が拒否し、何年も全く性生活がないのだとか。

海外に比べ、突出してセックスレスの割合が高い日本。

しかし拒否されて傷ついた話を聞くことも少なくありません。
意欲はあるのにコミュニケーションがうまくとれない?

なぜそうなるのかを、ママ友の例や私の体験を元に検証してみました。

セックスレスの割合51.9%


2020年2月、ジェクス株式会社の依頼を受け、一般社団法人日本家族計画協会家族計画研究センターがセックスレスについて調査しました。

日本全国の20歳から69歳の男女5000人の回答を元に調査結果を公表しています。

http://www.jfpa.or.jp/sexsurvey2020/index.html


婚姻関係にあるセックスレスが過去最高の51.9%となりました。

2005年のDurexex社の調査によれば、世界41か国を対象にしたセックスレス調査で日本は最下位の41位。年間45回の頻度で、40位のシンガポールは73回ですから、大きく差がある最下位となっています。

そのころの国内のセックスレス調査では34%でしたので、今は比べる対象にならないほど、ぶっちぎりの最下位となる可能性があります。



周囲の女性たちの話しを聞いていても、性生活の少なさを感じます。
性生活は必ずなければならないものではありませんが、大事なコミュニケーションの一つと捉える人も少なくありません。

アンケートでは「愛情を表現するため」に行為をすると5割を超える男女が答えています。

それではなぜ突出して頻度が低いのでしょうか。

セックス拒否の実例

ママ友間でセックスレスで悩む話を度々聞くんだけど、会社でセックスレスの人っている?

ほとんどセックスレスみたいだよ。

え、ほとんど!?

うちみたいに頻繁にある方が珍しいみたいだよ。お前のところは仲いいなーって言われる。

な、なんでそんなセックスレス家庭ばかりなの?

知らないけど、みんな奥さんに拒否されるって言ってた。

旦那さんが拒否する場合もあるみたいだよ。女として見られないとか。どうしてだと思う?

旦那側が断るって話は、男同士の話しでは聞かないな。どうしてかはわからない。俺、違うし。

そうかぁ。


ママ友間の話しでは妻が夫の誘いを断るケースが多いのですが、個別に話しを聞くと、夫が妻を断るケースもあります。


あるケースでは、付き合っているときはあった性生活が結婚を機に減り、じきになくなったと言います。
妻は性生活を持とうと夫を誘いますが、断るのが面倒になった夫が、「そんなにしたいのかよ。」と言って妻を傷つけてしまいます。
妻は実家に帰ってしまいました。

夫は妻と結婚生活を続けたいと思っていました。

子どもはいずれ欲しいもののまだ先でいいと思い、それまで性生活を持つ必要はないと考えていました。

しかし妻は女性として見られなくなった寂しさから、夫と生涯を共にできないとまで思うようになり、亀裂は決定的となりました。



別のケースでは、結婚歴が長い妻を家族のように感じて性の対象として見られず、しかし性欲はあるために不倫相手を求めました。
しかし妻を失いたくはありません。

妻は家族として必要で、彼女を妻にすればまた性の相手を別に求めることになるため、離婚や再婚はしないと決めて家ではいいパパをしている人がいます。

夫婦ともに別に性の相手を作り、子どもを中心とした安定した家庭を築いているケースもありました。

女性が拒否する場合のセックスレス

映画でもAVでも現実でも、痛い行為が多く存在します。


男性はAV以外に性行為を学ぶ機会がほぼなく、それが正しいと思い込みます。
AVは男性の性欲を満たすよう作られていますので、女性の快楽を無視した演出がされています。


日本では女性に恥じらいを求めるため、女性は性的な発言をしずらい環境にあります。

結果、男性はAVを体現し、女性は痛みを感じながらも言えず演技をして、その場をやり過ごすことが多いのです。


男性がリードするもの、女性は可愛らしい子が好き、俺はモテる、と思っている人に顕著です。


ラブホテル代の支払いを拒む女性が多いのは、“男性の性欲に付き合っている”という意識があるからです。
「お前もいい思いしたんだから少し出して。」と言って彼女が怒ったら、独りよがりな行為の証拠かもしれません。



そんな付き合いを重ね結婚し子どもが産まれると、子育てや家事のほとんどが女性の肩にのしかかります。

家庭内で妻が働き続け、夫は仕事の他は若干の手伝いをするだけ。


夫へのイライラがマックスの時に夫に性生活を誘われても、

痛いだけの行為は嫌! 
どれだけ負担を強いるんだ! 

と怒りが湧き、断り続ける結果になります。


日本がセックスレス大国である大半の理由は、ここにあると言えるでしょう。

女性が拒否する場合のセックスレス解消法


セックスを受け入れてほしいのであれば、妻を大事に扱うことです。

家事や育児を女性の仕事と思わず、男性が自ら担います。

仕事などで物理的に難しい場合は、「いつもありがとう。」と言葉にするのも有効です。
また、妻の不満や不安に耳を傾け、否定したり、決めつけずに話しを聞くことが大切です。


この人は私をわかってくれている、大事にしてくれていると実感すれば、男性として意識しやすくなります。
夫婦の時間を作り、甘えたり甘えられる時間を作ると自然と性欲に結び付きやすいでしょう。

女性は心と体が繋がっています。
心を掴めば体は自然とついてくる可能性が高いでしょう。

男性が拒否する場合のセックスレス


手に入れたことに満足し、「飽き」から妻を女性と見られなくなったり、付き合っているときには可愛い部分しか見えなかった妻が、結婚後に意思を明確に示すようになったギャップを受け入れられず、性的対象でなくなることがあります。


子どもに一生懸命で自分を見てくれないという寂しさからコミュニケーションを諦めたり、他に目を向け、妻を女性だと思えなくなる場合。
或いは性行為を断られたことで、自分を否定された感覚に陥り、妻に不満を持って不仲になる場合もあります。


ある例では、産後夫から誘われてもその気になれず断り続けていたら、夫が諦めてしまい、女として見てくれなくなった。産後のホルモンが落ち着き性欲が戻ったが、夫がその気になってくれないという例がありました。



男性は精巣で作られた精子を出したいという欲求が性欲に繋がります。

放出される量で精子の作られるペースが決まるため、放出されなくなると作られる精子量が減り、性欲に繋がりにくいのだそうです。

一度衰えた性欲を戻すには、定期的な放出が必要となります。

男性が拒否する場合のセックスレス解消法


セックスレス解消には非日常を演出するといい、セクシーな下着で誘うといいなど言われていますが、努力した結果拒否され、非常に大きな傷となる場合があります。

あまり勧められませんが、別の男性に恋をするのも一つだと考えます。

不倫をしてはいけないですが、自分を磨き恋をするオーラや、放っておいたら飛んで行ってしまうかも、という危機感がスパイスになることがあります。

……本当に飛んでいく危険がありますので、非常に危険な手段です。

夫婦生活の亀裂


我が家はセックスレスとはなぜか無縁です。
麒麟のような夫婦の方が珍しいよと周囲に言われています。

それはなぜかを検証した方がいいのでは?
と言われましたので考えてみました。

私は両親が不仲の家庭で育ちましたので、夫婦仲を良好に保ちたいという思いを強く持っていました。


男性は性生活を断られると傷つくと聞き、産後一か月間の医者から止められる時期以外は断らないようにしてきました。

子どもが小さいうちは忙しく疲れていて、断りたいことが多々あったものの、応え続けました。

これまでおおむね性生活は順調でしたが、問題がなかったわけではありません。

夫が風俗を利用したのです。


私の夫が風俗利用をしていることが発覚し、離婚騒ぎを起こしたことがあります。

どうよ、これ。

当時は惨めな気持ちで一杯でした。
今は夫に愛されてる実感があるので言えますが、関係が修復されなかったら例えネットであっても言えなかっただろうくらい傷つきました。


我が家がセックスレスに無縁なのは、単純に夫の性欲が強い説アリです。


夫は当時仕事で大きなストレスを抱えていて、私は子どもの相手で余裕がなく、夫の話しを満足に聞けない時期が数年ありました。
発散場所を失った夫は、ストレスを発散するために楽な自慰行為である風俗に行ったと言います。



セックスレスの調査結果で、男性のセックスの目的は「愛情を表現するため」が56.5%に対し、「性的な快楽のため」が69.8%という結果が出ています。

特に男性30代は「愛情を表現するため」が46.4%に対し、「性的な快楽のため」が70.6%、「ストレスを解消するため」が10.7%となっています。


ストレス解消を目的とする人は10%ですから多くはないのですが、夫はそこに入っていたということです。
これはストレスを抱えているときに答える項目ですから、時期が変われば該当者が増えることもあると想像します。



私が離婚すると騒ぎ、夫は真っ青になって泣いて謝りました。
そして性生活を誘ってこなくなりました。

そりゃそうですね。それで誘ってきたらどんな太い神経してるんだ、それだけの神経あるなら仕事のストレスなど抱えないだろうって話です。


その後夫は再構築に向けて努力を始めました。

夫の超献身的努力を見て、夫婦を続けてみようと考えました。
そのためには、セックスレスを解消した方がいいと、私から持ち掛けました。


私自身の不安もありましたので、かなりしおらしく、

私は夫が好きだから。
夫と触れ合いたいけど、比べられるようで怖い。

比べるなんてあるわけないよ!
風俗っていうのはね、生身の身体を使った楽な自慰行為ってだけで何も考えてないんだよ。

ぺらぺらと風俗について説明を始めました。

風俗ってどんなことするのか調べてみる。
私も夫を満足させたい。

そんなことしなくていいんだよ。
麒麟はそのままでいいんだから。


しかし私は調べました。
調べまくりました!


それまで男性の性感帯がどこにあるのかも知らなかったのです。

そんなところに!! と驚き、ママ友達に知ってた!? と聞いてみると、約半数が知っていて、半数は聞いたこともなかったと答えました。

妻に求めてないんだよ。
逆に妻がガンガン上手くなったら、引く夫もいるぞ。

と風俗好きの先輩と、昔女遊びをしまくっていた年配男性は言っていましたが、

麒麟が無理をしているんじゃないかって心配。

と言いながらも夫は喜んでいるようでした。

ローションを使うと気持ちがいいらしいと知り、初めて手にしました。

夫とドン・キホーテやネットで調べ、手にしやすいものを探し購入しました。

【ラブローション】ペペ スペシャル コラーゲン マッサージローション[602-1007] アダルト 潤滑ローション

価格:770円
(2020/7/7 13:37時点)



夫は根が優しいため、あまり独りよがりのセックスをすることはありません。
しかし産後性欲が完全に戻っていない頃などは濡れにくく、痛みを感じることがありました。

しかしこれを使えば痛くありません。
世の中にはこんなものがあるのか!! と新鮮でした。

子どもに見つからないように保管をしたり、布団で使用するときにはタオルを敷くなど気を付けるべきことがありますが、いい刺激となりました。


それから5年経ちますが、今も性生活は変わらずに持ち続けています。

夫が私を女性として見る背景には、

受け入れられている実感がある。

と言っています。

恐らくは私が夫を拒否しなかったこと、そして言葉でも、

夫が女性として見てくれなくなったら、離婚か不倫をしない限り私を女性として見てくれる人がいなくなる。私は夫の最後の女の人になりたいから、夫を断らない。

と言ったことがあったのが、夫に安心感を与えているようです。



しかし、ここ二年くらいは結構拒否してます。
というか、拒否しているらしいです。


寝ている私を起こそうとして、私がめちゃくちゃ怒りながら拒否するそうです。
記憶にないけど。
昔は起きれたけど、年を重ねたからか夜中に起きれなくなりました。

多少拗ねているときがあるけど、なんだかんだ性生活は持ち続けていますし、関係は良好です。




セックスレスでも問題ない! という夫婦もいれば、どちらか、または双方が不満を持ていることもあるでしょう。

改善の参考になれば幸いです。

最新情報をチェックしよう!